2010年06月04日

新しい革靴にまとわりつくネコ

 オーツが新しい革靴を履いて出かけて、帰宅したときのことです。
 玄関で靴を脱いで、郵便物の整理などをしていたところ、ネコがやってきて、オーツが脱いだ靴の匂いをかいでいました。そのうち、ネコはもだえるようにして靴にまとわりつき、あれこれ触りはじめました。
 オーツは、靴をなめたりされたら大変だと思い、靴を下駄箱の中に片付けましたが、あのネコの行動は何だったのでしょうか。マタタビのような匂いでもしたのでしょうか。新しい靴にはいい匂いを出す「何か」がついているのでしょうか。クルマの場合でも、新車は新車特有のいい香りがします。靴にもそういう匂い(人間が気がつかないようなレベルの?)が付いているのかもしれません。
 息子に聞いてみると、「新しい靴だったので、自分の匂いを付けていただけじゃないの」と言われてしまいました。なるほど、ネコはこの靴が自分のテリトリーのものなんだと確認しているわけですね。
ラベル:ネコ 革靴
posted by オーツ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする