2010年05月27日

危なくない遊具はおもしろくない:回旋塔

 ある人のブログ記事
http://blog.goo.ne.jp/hkaiho/e/b0f4dfd5d819a15a8f91b516f8377dda
で読みました。
 「危なくない遊具はおもしろくない」
 そうなんですよね。
 オーツは小学生のころの遊具を思い出しました。
 今回、ネットで検索してわかったのですが、「回旋塔」というらしいです。ネット内に写真がありました。
http://www.watacchi.com/etc/ogushi_ioukouzan/image/oguchi_071028_25L.jpg
http://www.city-takaoka.jp/bakurou/20/photo/20081113.jpg
 全体は、長さ3メートルくらいの1本の鉄柱を中心にして、その頂点から何本もの鎖が伸びて、その先に直径3メートルくらいの円形の輪がぶら下がるようになっていて、その輪が自由に回転できるようになっています。ちょうど雨傘を大きくしたような形です。
 この回旋塔、今は各地で禁止されているようですが、オーツが子供だったころは、小学校に設置されていました。上の写真でわかるように、数人で輪をつかんで走って回転しながら、一人が体重をかけて輪を下に引っ張るのです。すると、反対側の輪が上がります。全員でタイミングを合わせると、単純なブランコのような動きではなく、うねりにも似た動きが楽しめます。そして、数メートルの高さまで体が浮き上がるのです。このとき、輪から手を離すと地面にたたきつけられてケガをします。
 たぶん、こんなことでケガをする子供たちが続出して、回旋塔は使用中止になったのでしょう。
 なぜ、手を離してしまうかというと、この遊びをはじめると、途中で抜けることがむずかしくなるからです。何回も何回もスリルを味わっているうちに、メンバーから抜けるタイミングを逃してしまいます。そのうち、手が疲れてきます。汗などで手が滑りやすくなることもあります。
 オーツが小学校の5年生か6年生のころ、ずいぶんこれで遊びました。
ラベル:回旋塔
posted by オーツ at 04:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする