2010年05月04日

容器を保存しておく人って

 オーツと妻とで考え方が違う点がいくつかあります。
 オーツは、容器を捨てる主義ですが、妻は保存しておく主義です。
 たとえば、先日、気がついたところでは、日本酒の4合瓶を入れる木箱があります。プレゼント用などに使われます。まあ、一般に高級酒が入っています。
 こういうものは、中身を飲んでしまえばそれまでですので、オーツは捨てます。
 ところが、捨てたはずの木箱が、我が家に何個も保存してあることに気がついたのでした。保存したのは妻以外には考えられません。妻が買ったもの(あるいはもらったもの)の容器を取っておくというのはわからなくもありませんが、オーツが買ったりもらったりしたものは、オーツが処分する権利があるはずです。したがって、断固捨てます。
 しかし、妻の言い分は、「あなたが捨てたモノだから、捨てた段階で所有権はなくなるので、それを私が拾っても文句はないでしょ」というものです。
 まあ、それはそうなのですが、狭い家の中がそういう拾いモノでいよいよ狭くなってしまうのです。
 こういうのが再利用できるなら、取っておいてもいいですが、再利用ができません。一般に木箱の表には、酒の名前などが印刷されています。こんなものに入れるべきものは4合瓶以外考えられません。箱に書いてあるものと違うものを入れたら、それこそ誤解のもとです。こういうのは捨てるしかありません。

 買い物をしたときの取っ手付きの紙袋なども捨てるべきものの一つですが、あるとき、自宅の物入れを開けたら、そういう紙袋が数百枚(?)も出てきたことがありました。厚みでいうと数十センチ以上でしょうか。1メートルくらいありましたかね。乱雑に積み重なっていました。10枚か20枚くらいは、再利用もあるかもしれないから、取っておいてもいいですが、それ以上はゴミでしかありません。定期的に捨てていかないと、いつの間にかゴミの山になってしまいます。
posted by オーツ at 06:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする