2010年05月02日

陳麻家 神田神保町店

 オーツがお昼を食べに行った店です。
http://www.chin-ma-ya.net/
 神田神保町店に行きました。
http://www.chin-ma-ya.net/6000/6020/6020_10/6020_10_01/post_76.html
 ここの名物は、陳麻飯と担々麺です。オーツは陳麻飯 580 円を頼みました。それと、陳麻餃子 280 円(6個入り)も合わせて注文しました。
 陳麻飯というのは、お皿に麻婆豆腐とご飯が入っているものでした。何と昨日と同じものをまた食べることになってしまいました。
 陳麻飯のお皿には「旨辛至福研究飯店」と書いてあります。これは、確かに辛かったです。その辛さは、山椒の実の味でした。オーツが中国の某レストランで食べたときの味を思い出しました。
 山椒の実の味は、オーツはあまり好みではありません。これなら、前日に食べた「鐘楼」のマーボードーフのほうがおいしかったと思います。
 テーブルの上には氷水とコップが置いてあり、セルフサービスで飲むことができます。ところが、陳麻飯を食べた後は、山椒の味が口の中に残り、水を飲んでもその味が舌で感じられるのです。まいりました。コップ2杯の水でもその味は消えませんでした。
 陳麻餃子は、普通の餃子でした。
posted by オーツ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする