2010年03月08日

外壁の塗装工事と窓などの養生

 オーツの自宅は築後11年です。
 このたび、外壁の塗装工事をすることになりました。コンクリート造りなので、躯体そのものはまだまだ持ちそうにも思いますが、塗装は日光に当たったりして傷むので、一般的に10年程度で塗装工事をするものなのだそうです。
 で、まずは自宅の回りに足場を組み、その外側をカバーですっぽり覆いました。いろいろな飛沫が近所に飛び散らないようにとのことです。
 さらに、養生(ようじょう)といってフィルムを窓などに貼ってしまい、その外側に塗料を塗るという工事になるわけです。
 つまり、塗装工事の期間中、約2週間の予定ですが、窓やベランダへの出入り口など、すべてが開かなくなりました。これによって、日常生活にちょっと影響が出ました。
 まず、風呂場の窓が開けられません。いつも風呂を使ったあとは両側の窓を開けて換気をしていたのですが、それができないわけです。浴室暖房機
2007.12.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/71005639.html
の乾燥機能を使うしかありません。
 そして、もう一つ。北側のベランダに段ボール箱よりも大きいサイズのプラスチックの箱を置いておいて、その中に米をしまっておいたのです。そこから数キロずつ米を取り出して、小型容器に入れて台所にしまっていました。ところが、気がつくと、台所の容器の中に米があまり残っていませんでした。ベランダに出られないということで、米の補充ができません。やむなく、米を買うことになりました。ちょっと失敗でした。米があるのに米を買うなんて、ばかげた話です。
 養生がこんなにもかっちりと行われるとは思ってもみなかったのでした。
ラベル:外壁 塗装 養生
posted by オーツ at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする