2009年10月24日

なぜ雨乞いは 100% 成功するのか

 雨乞いなんて、非科学的なものの代表です。こんなものを信じてはいけません。
 しかし、科学的な知識が普及していない諸民族では、雨乞いの儀式がけっこう行われているようです。なぜそんなものが行われるかといえば、それは、雨乞いの儀式をすれば 100% 成功する(本当に雨が降る)からなのです。
 なぜ雨乞いは 100% 成功するか?
 それは、雨が降るまでずっと儀式を続けるからです。
 雨乞いをしても雨が降ってこない場合は、それはその場にいた人たちの(神様への?)祈りが弱いからなのであって、もっと真剣に心を込めて何日も儀式を続けなければならないのです。まじめに祈りを続ければ、ちゃんと雨が降るのです。これは数千年(数万年?)に渡って人々が繰り返し経験してきた厳然たる事実なのです。雨乞いをすれば必ず雨が降ります。この法則を覆すことは非常に難しいと思います。
 ものごとを科学的にとらえることの重要性を痛感します。
ラベル:雨乞い
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする