2009年09月01日

交差点の正しい渡り方

 今、下の図のような道路があったとしましょう。クルマの通る広い道路で両側には歩道が付いています。A と B には、それぞれ信号があります。「=」あるいは「‖」は横断歩道です。
 出発地を出て、歩道を歩いて目的地までいくとします。どこかでこの広い道を渡らなければなりません。
 このとき、A を渡るべきでしょうか、B を渡るべきでしょうか。

出発地             │   │
→──────────────┘==└──
   ‖A ‖         ‖  B  ‖
───────────────┐==┌──
                 │   │目的地

 正解は B です。
 ずっと前に、K さんと W さんとオーツの3人で話をしながら歩道を歩いていたときがありました。そのとき、A の歩行者用信号がちょうど「青」になったことがありました。K さんは、「ラッキー!」と言って、A を渡ろうとしました。W さんとオーツは、(B の交差点で渡るべきだと思っていましたから)当然 K さんに注意して、今渡らないほうがいいと言いました。K さんは理解できないようすでした。K さんは、非常に知的水準の高い方ですが、その K さんが交差点の正しい渡り方を心得ていないことに驚きました。
 B の交差点は両方向ともに信号が付いています。したがって、A を渡っても、B(の左下の位置)で待たされる可能性があります。B の左上の位置に来れば、右方向か下方向に行けます。待つことがありません。
 途中で横断歩道(交差点)がいくつあっても同じです。正しい交差点の渡り方は、「目的地の直近の交差点で反対側に渡る」です。B の交差点の渡り方には2通りがありますが、それはそのときの信号の色によって決めればいいことです。
 ちょっと考えれば、わかるようなことですが、意外とそういうことを考えない人がいるものだと思います。
 オーツがこんなブログで説いていても、なかなか知識は普及しないでしょうが。
ラベル:交差点 渡り方
posted by オーツ at 04:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする