2009年07月16日

ホワイトボードに油性ペンで書いてしまう

 オーツの自宅ではちょっとしたメモを書いておくのにホワイトボードを使っています。
 書いてもすぐ消せるので、便利です。30年も使っていて、未だに現役です。まあ、マーカーだけ交換していれば半永久的に使えそうです。
 先日、妻が油性ペン(ゼブラ ハイマッキー)
http://www.zebra.co.jp/pro/mackee/index.html
をホワイトボードの下の方のマーカー置き場に置いたのでした。(何とバカなことを!)それに気がつかず、オーツはそれでホワイトボードに書いてしまったのです。
 イレイザーで消せないので、困りました。
 しかし、何かと試してみれば消えるだろうと思いました。
 まず、「油性ペン」というのだから、食用油で試してみました。ティッシュに垂らして、それでこすってみました。書いたものは少し薄くなりますが、がっちり書いたところは消えません。
 次に、「三杯酢」で試してみました。酢の他に醤油や砂糖が混じっています。すると、これが大正解! 消えました。ただし、三杯酢の匂いがホワイトボードについてしまうので、後で、水拭きして、さらに乾いたティッシュで拭き取って完成です。
 その後、ネットで探すと、油性ペンで書いた上からホワイトボードマーカーで適当に塗って、それを消すという手があることが書いてありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ホワイトボード
http://www.pentel.co.jp/pentelcity/library/2004_12/index.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324798878
http://www.lifehacker.jp/2008/08/post_82.html
http://w-board.com/faq/
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa637975.html
http://okwave.jp/qa4655239.html
これは知りませんでした。
 今や、困ったときはネットで情報を探すほうがいいのかもしれませんね。
posted by オーツ at 05:44| Comment(2) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする