2009年07月07日

中国の即席麺王「康師傅」

 中国で圧倒的な存在感を持つ即席麺メーカーに「康師傅」(カンシーフ)があります。
 それに関して、日経ビジネス ONLINE で記事がありました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090703/199352/
驚異の成長を遂げる康師傅の秘密を探る企画です。
 オーツが中国にいたとき、スーパーで袋入りの即席麺を一通り買ってきて、順次食べ比べをしたことがあります。
 康師傅の即席麺も何種類か食べました。
 中でも、「鮮蝦魚板面」(青い包装) 1.75 元がおいしかったです。エビの味でしょうか、スープが抜群でした。何回食べてもいいように思いました。
 1.75 元というと、1元=14円として、25円ほどです。日本へのお土産に買ってもいいと思います。

 ただし、康師傅の即席麺でまずいものもありました。
 「脆奇 炭[火考]牛排面」(赤い包装) 0.8 元などは、まったくおいしくありませんでした。スープの素が1袋だけ付いてきたのですが、本来は、もう一つスープの素があり、それがたまたま抜け落ちているのではないかと思いました。それくらいにまずかったわけです。このスープは単に辛いだけです。運送途中に麺がボロボロになってしまっていた点も不合格です。
 「脆奇 香[火考]鶏翅面」(黄色の包装) 0.8 元もどうしようもない味でした。何か勘違いをしているとしか思えないものでした。
 「日清出前一丁」などという即席麺もありましたが、味は日本のものとはまったく違っていました。
 オーツは記録魔ですから、こんなことまでパソコン内に記録してあるわけです。

 あ、最近は中国に行っていないので、今でもこれらを売っているのかどうか、知りません。
posted by オーツ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする