2009年04月30日

魚のおいしい味せ わさび@江古田(再度)

 オーツは、再度、「魚のおいしい味せ わさび」に飲みに行きました。今回は2人でした。
 前にいったときの記事は
2009.3.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/116129798.html
にあります。
 店員に注文するときにいちいちのメモを取りながらの飲食でした。
 しかし、会計時に明細付きのレシートをくれたので、それを見ながらこのときの記録をしておきましょう。
 飲んだものは、ビールが、エビス樽生(大)680 円×3、エビス ハーフ&ハーフ(大)680 円、それと日本酒が、田酒 550 円×2、むつ八仙吟醸あらばしり 550 円×2でした。それぞれにおいしく飲めました。
 食べたものは、つぶ貝刺身 800 円、天婦羅盛り合わせ 880 円、おすすめ刺身盛り合わせ2名用 1,980 円、金目鯛開き(炉ばたいろり焼)800 円、生うに刺身 1,000 円、炙りカラスミ 800 円、えび茶碗蒸し 500 円、ということで、飲み物と合わせて合計で 11,680 円でした。
 お通しがあったのですが、レシートには記載されていません。お店が忘れたのか、請求しない方針なのか、わかりません。
 食べたものも飲んだものもおいしかったです。
 刺身の盛り合わせは、氷が入った容器に刺身が乗って出てきます。ちょっと時間が経つと氷が溶け出してきて、刺身が氷水の中に浮かぶ形になりますので、さっさと食べるようにしなければなりません。少しせかされる感じがします。もっとも、刺身はさっさと食べるくらいの方がおいしいのであって、時間が経つと新鮮さがなくなってくるので、まあそれを考えてこんな出し方をしているのでしょう。
 つぶ貝の刺身は、細かく切ったものが出てきたのですが、ちょっと切り方が細かすぎるように思いました。バラバラで食べにくいのです。
 金目鯛の開きは、けっこう大きなものが出てきました。身がホクホクしていて食べがいがありました。2人でたっぷり食べた感じです。てんぷらの中ではエビがおいしかったですね。大きなエビでした。何本か入っていました。
 オーツの感覚では、炙りカラスミが今ひとつだったように感じました。ただし、オーツは、めったにからすみを食べないので、味の判断はいいかげんです。からすみの薄切りが大根の薄切りと互い違いに挟んだ形で出てきました。
 そんなこんなで、十分楽しめるように思います。
 オーツの感覚では、江古田近辺でこの店が一番自分にピッタリ来るように思います。

 今回、この店に行こうと考えて出かけたのに、ぐるなびクーポンを持参することを忘れました。ちょっとだけもったいなかったです。
続きを読む
ラベル:わさび 刺身
posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする