2009年04月28日

ネット署名の認知度と実行度

 厚生労働省が医薬品のネット販売を規制しようとしていることはよく知られていると思います。
 それに対して、楽天が「反対」の声を上げ、ネット署名を集めています。
http://event.rakuten.co.jp/medicine/net_signature/
 オーツは、この問題に関しては、規制反対(医薬品はネットで購入できるほうが望ましい)と考えていますので、さっそく署名しました。
 最近、この署名運動に関する調査がありました。
http://japan.internet.com/research/20090427/1.html
それによると、「インターネットでの医薬品販売を制限する動きがあるのを知っているユーザー251人に対し、ヤフーと楽天が、一般医薬用品の通信販売継続を求める署名を行っているのを知っているかどうか聞いてみたところ、知っていると回答したユーザーは79.3%(199人)。そのうち22.1%(44人)が署名したと回答した。」というわけで、ネット署名の動きを知っていても、いざ実際に署名するかどうかというレベルで見てみると、意外に少数であると思いました。
 日本人は、何かというと、各種問題に対して自分なりの意見を出さないようにしているのでしょうか。わかっていて(規制反対と意識していて)なおも署名しないという態度はオーツには解せません。
 まあ、比率としては2割程度しか署名しなくても、全体では 100 万件以上の署名が集まったということですから、やっぱりすごいことだと思います。
 自分たちの手で自分たちの意見をまとめ、社会に向けて声を上げていく。こういう態度が普通であってほしいと願っています。

posted by オーツ at 05:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする