2008年11月21日

「年賀の贈り物」プレゼント 応募ハガキ

 オーツは、年賀状を 700 枚、予約購入しました。すると、郵便局員が「年賀の贈り物」プレゼント 応募ハガキを14枚くれました。年賀状50枚あたり応募ハガキ1枚だそうですから、計算は合っています。
 年賀状を受け取る側にはお年玉プレゼントがあたるわけですが、年賀状を送る側にはないということで、郵便事業会社がこんなことをはじめたのでしょうか。
 しかし、名前、フリガナ、郵便番号、住所、電話番号を書いて、希望するコースにチェックを入れるというのはかなり手間です。1通くらいなら、どうということはないのですが、14通も書くとなると、手がおかしくなります。
 こういうハガキは、期限内に出さなければ無効になりますし、出せば出したで手が疲れるしということで、あまりいいものではありません。
 年賀状は、たいていはお互いの間のやりとりですから、たくさん出す人はたくさん受け取るわけで、お年玉プレゼントだけでいいのではないでしょうか。
 とはいえ、もったいないのでオーツはがんばって全部書きましたけれど、……。あたらなければ全部ムダですね。
続きを読む
posted by オーツ at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする