2008年10月05日

ノートパソコンのキーボードの修理

 オーツが普段使っているメインマシンでは、キーボードの中のいくつかの文字が消えています。
2008.10.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/107449597.html
 そのパソコン環境を保持したまま、補助機に移行できることが確認できた
2008.10.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/107547300.html
ので、さっそく DELL のホームページから修理の依頼をすることにしました。
 パソコンの1台ごとにサービスタグという小さな紙が貼られていて、7桁の英数字が書いてあります。これを入力すると、名前・住所・機種名などを入れなくても、DELL に登録されているものでわかってしまいます。
 修理依頼は簡単でした。
 さて、その後、修理受付の担当者から電話がかかってきて、聞いてみると、無償でキーボードを交換するというのです。しかも、技術者がパソコンを置いてある場所まで来てくれて、その場で交換するとのことです。実にありがたい話です。購入後、3年以内は保証期間中なのだそうです。オーツの場合は、ぎりぎり3年に達していなかったので、無償なのだそうです。こんなことはすっかり忘れていました。
 オーツが修理を依頼してから、1日後には受付担当者から電話があり、その日のうちに技術者から電話があり、翌日朝には宅配便で部品が届き、夕方には技術者が来て修理完了とのことです。何とスピーディーなことでしょう。
 いざ、パソコンを修理に出すとなると、1週間くらいはかかると思われます。修理するのはオーツのメインマシンですから、修理期間中を補助機でつなぐとしても、かなり大変であろうと覚悟していました。それが全部解決です。
 いやはや、DELL のサービスがこうなっているとは知りませんでした。
 いままでにも何台か DELL のパソコンを使ってきましたが、今回のことで、オーツはますます DELL のファンになってしまいました。次にパソコンを買い換えるときも、きっと DELL にするでしょう。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする