2008年09月24日

お風呂のシャワーの修理

 オーツの家では KVK
http://www.kvk.co.jp/
というメーカーのシャワーを使っています。KF132 というものです。
http://macdpg.dpg.co.jp/kvk/FMPro?-db=kvk.fmj.fp5&-format=data.htm&-lay=search&-sortfield=kind&-sortfield=hin&-op=cn&hin=KF132&src=1&-max=12&-recid=32941&-find=&-Script=count
 今の家に引っ越してきてから9年経ちますが、最近、シャワーとカランをつなぐ栓のところのパッキンが傷んできたのか、少し水が漏れるような感じになってきました。レバーを左に回すとシャワー、右に回すとカラン、中央だと水が出ないはずですが、シャワーかカランから少しずつ水が出てくるのです。中央よりも少し右に回すところで止めると水が出ないようですが、微妙な調整が必要な状態になってしまいました。
 9年も経てば、水栓が傷んでも当然です。そこで、修理を依頼することにしました。
 ある業者は、出張費込みで、25,000 円という見積を出してきました。けっこうするものですね。
 TOTO や INAX のような有名メーカーならば、修理部品も入手しやすく、比較的安価な修理になるそうですが、設置時には費用が若干高めになるとのことです。有名でないメーカー(たとえば KVK)は、設置時は安めになるのですが、修理が比較的高価になるとのことです。もしかすると、建築業者は、設置コストだけを考えて安いメーカーのものを使った可能性があるかと思いました。
 まあ、9年も使えば修理が必要なのは理解できますので、あまり目くじらを立てるような問題ではないのかもしれません。
 見積後に、業者がメーカーに部品(パッキンではなくカートリッジだそうです)を発注し、それが納品されてから業者が交換修理に来ました。作業は 15 分程度で終わりました。
 KVK という会社のホームページから部品の価格を見ると、
http://www.kvk.co.jp/e_images/bunkai/KF132_B.pdf
修理に 25,000 円もかかるのはちょっとぼられているような気がしてきました。
 ネットで探すと
http://www.e-suido.jp/index.html
では、パッキン交換 2000 円、出張費無料となっています。こういうところに頼んだ方が安かったかもしれません。あるいは、直接 KVK 修理受付センターに頼む方がいいかもしれません。
 しょっちゅう修理するものでもないので、「ま、いいか」的なところがありました。
 修理後は、シャワーの使用感は今までのようになりました。安心しました。
ラベル:シャワー KVK
posted by オーツ at 05:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする