2008年09月13日

ピン札のタンス預金

 オーツは、いろいろなところでお金のやりとりをしていますが、その際、ピン札が入手できることがあります。その場合、何となく使うのがもったいないような気がして、タンス預金することにしています。結果的に、1万円札、5千円札、千円札がそれぞれ数十枚くらいたまっているでしょうか。文字通り、タンス預金で、めったに使うことはありません。使うときというと、結婚式のときのご祝儀です。(香典については、ピン札は使わないという習慣がありますが、四十九日の「御仏前」のように事前にわかっている場合は使っていいと思います。どうなんでしょうかね。)
 先日、息子が友人の結婚式に出るとかいうことで、普通のお金をピン札に替えてほしいと言ってきました。「事前に準備くらいしておけ」といいたいところですが、オーツは余裕で替えてやりました。
 タンス預金をしていても、利息が付くわけではないので、ムダといえばムダですが、どうせ、今の金利では大したことはないので、オーツはこんなことをしています。
 ところで、コインについても同様に考えることができます。
 オーツは、コインを金種別に分類してストックしていますが、
2007.11.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/69522733.html
コインを使うときに、ぴかぴかにきれいなものは残しておいて、手垢の付いたものから使っていくと、結果的にきれいなコインが貯まっていきます。特に目立つのは、10円玉と5円玉です。新品は輝きが違います。
 しかし、そうやって貯まったきれいなコインですが、どう使うのでしょうか。きれいなコインを貯めることは可能ですが、貯まったものの使い道がありません。小さな子供へのプレゼントにするといっても、10円や5円ではちょっとどうかと思いますし、……。お賽銭くらいでしょうかね。
 ということで、ぴかぴかコインの方は使い道に思案しています。何か、いいアイディアがあれば教えてください。
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする