2008年09月01日

エメ・ヴィベール@千代田区二番町

 オーツがランチを食べに行った店です。
http://www.aimeevibert.com/
 妻を含む4人で行きました。
 ランチメニューは基本的に2種類です。
http://www.aimeevibert.com/pdf/lunch.pdf
 オーツたちは Menu A 5,250 円を頼みました。
 前菜、スープ、魚料理か肉料理、それにデザートは、数種類の中から一つ選びます。4人がそれぞれ適当に頼みました。
 飲み物は、最初の乾杯用にシャンパンを頼みました。男性2人は普通にアルコール入りのもの(1,890 円)、女性2人は、低アルコールのもの(1,050 円)にしました。その後、ワインリスト
http://www.aimeevibert.com/pdf/wine.pdf
を示され、ワインを選ぶことになりました。男2人で相談して、白ワインにすることにしました。
 しかし、白ワインの中でも、こんなにたくさんのワインがあるとなると、どれを選んだらいいか、わかりません。そこで、ギャルソンに尋ねると、産地別の味の特徴などをすらすらと教えてくれ、豊かな香りの Bourgogne がいいだろうということになりました。それでも、まだ数十種類もあります。
 あとは、エイヤっとばかりに Pernand-Vergelesses 1er Cru 04 Laleure-Piot (10,500 円)にしました。
 オーツがわかるのは、04 が 2004 年ものというくらいです。Premier Cru がどういう意味か、ギャルソンに尋ねたところ、葡萄畑の等級(1等級)なのだそうで、そういうのがサッと答えられるところがサービスというものでしょう。ギャルソンの襟を見ると、ソムリエのバッジ
http://www.dynac-japan.com/sommelier/narou_01.html
が付いています。なるほど、伊達ではありません。
 持ってこられたワインをテイスティングしてみると、香りがよくておいしい! このワインを選んで正解でした。それにしても、大きなワイングラスでした。
 ワインリストにたくさんのワインをリストアップし、客の注文に応じてどれでもサッと出せるとなると、この店のワインのストックは一体どうなっているのだろうと思います。大きなワインの倉庫はなかったように思いますが、……。
 さて、コース料理を食べた結果は、……これまた正解でした。オーツはフランス料理はめったに食べないので、味を評価することには向きませんが、どれもこれもすばらしい味で、深みがあります。一口目からおいしさがあるように感じます。次に出てくるものが何か、期待させます。
 料理は、十分な時間を取って提供されます。オーツたちは、12:00 に入ったのですが、店を出たら 15:00 になっていました。ゆっくりしました。
 ギャルソンのサービスも完璧でした。イスに座るときから立ち上がるまで、いやその前の、店に入るときのお迎えから店を出た後の見送りまで、至れり尽くせりです。
 店の内装も実に上品で、1階のレストランに行く前に、2階のサロン(という名のウェイティングルーム)で待っていましたが、インテリアも配慮されたものが並び、全体の品のよさが醸し出されます。テラスから外に出ると、ハートの形の芝生があったりします。そこで写真を撮ったりしました。このレストランは結婚式もできるようになっているそうですが、さもありなんです。
 会計してもらったら、サービス料が 10% 付いて、43,428 円でした。お昼としてはちょっと高いかもしれませんが、十分その価値はあります。
 オーツは満足して帰途につきました。
 あとでネットで見てみると、なかなか評判がいい店です。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13017129/
http://gourmet.yahoo.co.jp/0006674194/0010136226/ktop/
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/11205.html
http://www.french.ne.jp/modules/news/print.php?storyid=506
http://forl.allabout.co.jp/s/080409/index3.htm
http://www.order-cheese.com/res/res17.html

 ブログでも、評判はいいほうです。
http://town.blog-headline.jp/themes/0043/000024/
http://www.elle.co.jp/atable/restaurant/restaurantdb/484
http://pecochama.exblog.jp/4797333
http://fujikochan.jugem.jp/?eid=257
http://www.cafeblo.com/erin/archive/663
http://mizery.blog103.fc2.com/blog-entry-352.html
http://lalaladelovely.blog68.fc2.com/blog-entry-574.html
http://cosmo.tokyobookmark.jp/e31808.html
http://mashumaro.at.webry.info/200808/article_4.html

 中には、このレストランをこき下ろしている人もいます。
http://tomosatoyuya.moura.jp/?p=62
posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする