2008年08月30日

トイレで携帯電話使用、漏れたガスに引火して爆発

 オーツが読んだ中国のニュースです。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0826&f=national_0826_033.shtml
 トイレで携帯電話を使ったら、漏れていた都市ガスに引火して爆発したというニュースです。
 まったく、中国では何が起こるかわかりません。ありえないような事故ですね。
 まず、携帯電話を使うときに、小さな火花が発生するというのが変です。携帯電話では機械的に動作する部分がごく少なく、フタを開け閉めする程度ではないでしょうか。他はほとんど LSI で制御していますから、火花は出ないはずです。変な携帯電話だと思います。
 次に、トイレ内に都市ガスがたまっていたというのがありえない話です。爆発に至るということは、相当量のガスがたまっていたはずですが、中国の都市ガスは、ガス漏れ対策用ににおいをつけていないのでしょうか。においがついていれば、トイレを使う人がガス漏れにすぐ気づいて、適当な対策が取れたはずです。
 二つの「ありえない話」がたまたま偶然に起こったのです。
 まあ、珍しいからニュースになったわけですが。

 いずれにせよ、事故にあった23歳の作業員の方はお気の毒でした。突然の巻き込まれ事故で、自分では何が起こったかわからなかったでしょうね。
posted by オーツ at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする