2008年07月04日

ドライブレコーダー(続)

 ドライブレコーダーの話
2008.6.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/100893763.html
の続きです。
 結局、オーツは、ドライブレコーダーを買いました。家電のタンタンで 15,098 円で買えました。安いものです。
 で、クルマに取りつけようと思って、はたと思いました。
 オーツのクルマには涼風シート
2008.7.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/102047039.html
が付いているのです。これは夏だけ使うことにしています。こういうものは、季節ごとに付けたり外したりするわけで、これこそシガーライターソケットに接続するべきですが、そうすると、ドライブレコーダーの電源を取るところがなくなってしまいます。
 そこで、上記記事の Recorder さんのコメントを考え、ソケット経由でなく、配線を直結することにしました。とはいえ、オーツは、その方面の知識がありませんから、トヨタのディーラーにクルマを持ち込んで、取り付けてもらいました。かかった費用は 10,500 円でした。
 プロの知識を活用する値段と考えれば、そんなに高い気がしません。それに、本来、ピラーあたりに配線があるのが全部見えるようになるわけですが、それをきれいに隠してくれました。ピラーの中を通すのだそうです。
 取りつけ作業時間として約1時間が必要でした。でも、オーツは、待合室で待っている途中でも、パソコンを持ち込んで仕事をしていましたから、全然時間のロスにはなりませんでした。
 何か、クルマにこういう装備が付いていると、一度事故を起こして実際に予定通りに動くかどうか試してみたくなるのですが、まあ、使わないのがベストなので、そっとしておきましょう。エアバッグなども、使わないで廃車にするケースがほとんどでしょうが、それでいいのです。十分役立っています。
 装着後に、少し走ってみましたが、ちょっと強めのブレーキを踏むと、ドライブレコーダーがピピピという音を出しますので、そのとき画像を15秒分記録しているものと思われます。
posted by オーツ at 04:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする