2008年06月09日

全国の IC カードの名称

 今や、全国の交通機関で IC カードが使われるようになってきています。
 どんな名前があるのか、ネットで検索してみると、
http://rextang.net/blogs/japanese/archive/2007/10/30/5771.aspx
によれば、以下のようなものがあるそうです。

 ・JR九州 → スゴカ(SUGOCA)
 ・JR西日本 → イコカ(ICOCA)
 ・JR東日本 → スイカ(Suica)
 ・JR北海道 → キタカ(Kitaka)
 ・JR東海 → トイカ(TOICA)
 ・関東地方 → パスモ(Pasmo)
 ・関西圏 → ピタパ(PiTaPa)
 ・岡山周辺 → ハレカ(Hareca)
 ・静岡鉄道 → ルルカ(LuLuCa)
 ・北陸鉄道 → アイカ(ICa)
 ・高松琴平電気鉄道 → イルカ(IruCa)
 ・西日本鉄道 → ニモカ(Nimoca)
 ・広島地区 → パスピー(PASPY)
 ・鹿児島市 → レピカ(RepiCa)

http://pointresearch.seesaa.net/
にも同様のリストアップがあります。こちらは、鹿児島市のほうを「RapiCa」と書いていますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/RapiCa
によると、「RapiCa」が正しいようです。読み方も「ラピカ」としています。
 これらを命名法として見ると、興味深いものがあります。
 カード(card)の「カ」(ca)を入れるのは当然でしょう。方言形との掛詞になっているものも、親しみがあっていいと思います。それに「いく」や「くる」や「go」などの動詞も含まれる場合があり、これも名前にピッタリです。「パ」(pa)は乗車券(pass)の意味でしょうね。
 それ以外にも、さまざまな要素がありそうです。ICOCA は「IC Operating CArd」の略だそうです
http://ja.wikipedia.org/wiki/ICOCA
し、TOICA は「TOkai Ic CArd」の略だそうです
http://ja.wikipedia.org/wiki/TOICA
が、名称中に「IC」が含まれているとは気が付きませんでした。「アイカ(ICa)」も同様でしょうか。
 IC カードの名称は、日本人の遊び心が存分に現れたものになっています。

 なお、名称一覧としては、wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%97%E8%BB%8A%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89
が一番詳しいようです。
ラベル:ICカード 名称
posted by オーツ at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする