2008年05月25日

ネットの記事の剽窃

 オーツがたまたま知ったことですが、
http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/a4fa93e92ce56e34f2d5f8355ebf9db7
に書いてありました。
 以下、この記事を引用します。
------------引用開始---------
 5月14日の私の日本ブランドの記事がこちら。

http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/425a1a95d2ce10abf4888abdefff8ea0

全然知らない福島テレビのHPに出ている大野と言う全く知らないアナウンサーが書いた記事がこれ!!

http://www.fct.co.jp/announce/diary/ono-o/

お前はワンちゃんとラージとみんなと知り合いだとでもいうのか?? ジャーナリストとして恥ずかしいとおもわんのか、ここまでぱくって。この記事には私しか絶対知りえない知識が入っており、ぱくりは明らか。 福島中央テレビには正式に抗議を致します。 ぐっちー
------------引用終了---------
 二つの記事を比べるといいと思います。
【2008.10.6 追記開始】
 大野アナウンサーの記事は削除されてしまいました。
 このブログに元記事を書いておいたのですが、問題がないこともないので、その代わりに元記事がわかる URL を示すことにします。
http://s01.megalodon.jp/2008-0524-1356-03/www.fct.co.jp/announce/diary/ono-o/20080524
http://myatch.blogmin.jp/743450.html
http://plaza.rakuten.co.jp/tinyant/diary/200805240001
http://blog.m3.com/kiru/20080525/1
【2008.10.6 追記終了】
 オーツはこれを読んでびっくりしました。

(1)これはどう見ても丸写し=剽窃です。
 物書きの世界では、これをやったら一発でおしまいです。
 他人の書いたものを(出典を明らかにするなどして)引用するのはたいてい問題ありません。
 しかし、この記事は、出典について何も断っていませんから、「自分で書いた」と主張していると解釈されます。

(2)テレビ局のアナウンサーというジャーナリストがこういうことをやっています。
 ジャーナリズムに携わる人なら、最低限のモラルとして剽窃はいけないことだと知っているはずです。
 それなのに、現役アナウンサーがやってしまいました。
 この人は、首が飛ぶ可能性があると思います。

(3)剽窃記事をネットで公開しています。
 ネットでは、すべての記事が検索エンジンで一発で検索できます。
 つまり、ネットでは剽窃がきわめてばれやすい状態にあるということです。もしかして、このアナウンサーはそれを知らなかったのでしょうか。だとすれば、相当に程度の低いアナウンサーですし、それを見抜けずに雇ってしまった福島中央テレビの責任も問われるべきです。
 もちろん、ネット以外ではばれにくいからといって剽窃していいということはありません。ものを書くときの最低限のモラルがないという意味になりますから、絶対にやってはいけないことです。特に大学生あたりが自分のレポートを書くときなどにこういうことをやっている例があるような気がしています。ネットで検索すればほぼ確実にばれてしまうことなのに、……。いや、繰り返しますが、ばれなければいいという問題ではなくて、そういうことをすること自体、ものを書く資格がないということを自分から証明しているわけで、恥ずかしいことなんです。

(4)サイトの閉鎖だけでは解決しません。
 何の説明もなく、当該サイトが突然閉鎖されたことにも驚きました。
 「閉鎖して終わり」のはずがありません。福島中央テレビは、この件に関してきちんと結末をつけ、その経緯を報告するべきです。まあサイトの閉鎖はそれまでの臨時的な措置と思いますが。
続きを読む
posted by オーツ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする