2008年04月26日

ウォシュレット

 オーツの自宅では、ずいぶん前からウォシュレットを使っています。日本語では温水洗浄便座とかいうのでしょうか。ウォシュレットというのは、TOTO の登録商標ですから、他社製品には別の呼び方をしなければなりません。しかし、どちらかというと、現在はウォシュレットが普通名詞化して(他社製品も含めて全体を指し示す意味で)使われているような状況です。
 妻は、ウォシュレットでないと、出るべきものが出ないと言っています。愛用者の切実な(?)声です。オーツは、まだそこまでは感じていませんが、やはりウォシュレットでないと、トイレが使いにくいと感じます。
 オーツがウォシュレットを使うときに、気分的に一番楽なのは、トイレから出るときに手を洗わなくてもいいという点です。単にトイレットペーパーを使うときだって、そんなに手が汚れるわけでもないと思いますが、どうしても手を洗わないといけないような気分になりますが、ウォシュレットは、汚いところが何もありませんので、基本的に手を洗わなくていいと思います。これが楽です。時間も節約になります。
 オーツの勤務先のトイレでは、普段の居場所からずっと離れたところの来客用のトイレにはウォシュレットが付いているのですが、それ以外は付いていません。遅れています。今や、個人の住宅ではウォシュレットが標準装備ですから、勤務先も早く標準装備してほしいものです。関係者全員の福利厚生に影響します。
 ちなみに、オーツの勤務先と同業種・同規模のところでウォシュレットが導入されている例はいくつもあります。そういうところでトイレを使うと、うらやましく思います。

 Wikipedia のウォシュレットの項も参考になります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88
posted by オーツ at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする