2008年04月03日

冷食

 オーツはうっかりしていましたが、新聞を読んでいて気が付きました。
 冷凍食品のことを表す「冷食」という言い方は、もうすっかり市民権を得ているんですね。
 新聞では、冷食市場、冷食企業などという複合語が普通に使われていました。
 ちょっと WWW を見てみると、Yahoo! では、724,000 件、Google では、945,000 件見つかります。
 しかし、国語辞書類を見ても、(オーツの調べ方が足りないのでしょうが)この語は載っていないことが多いようです。小型国語辞典では見出しそのものがありません。
 『三省堂国語辞典第5版』には「冷食」があります。「俗語」だとしています。しかし、新聞記事にそのまま載るような言い方ですから、俗語だとするのは不適当ではないでしょうか。
 『日本国語大辞典 第2版』にも「冷食」がありますが、語義記述を見ると、「食物を煮炊きしないで食すること。また、その食物」という意味と、「夏に涼しさを求めるため、瓜・干し飯などを冷やして食うこと」の二つの意味しか書いてありません。
 「辞書にない」ことに気が付くのはむずかしいと思います。辞書1冊を丸暗記しているような人ならできるのかもしれませんが、普通には、自分のセンスが重要でしょう。「あ、ちょっと変だ」と感じる、そのセンスです。
 三省堂国語辞典は、その意味で、センスのいい辞典なのかもしれません。見坊豪紀さんの長年の努力の結晶ですからね。
ラベル:冷食
posted by オーツ at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする