2008年03月25日

名古屋城での英語の掲示

 先日、オーツが名古屋に行ったとき、ちょっと時間の余裕があったので、名古屋城を見に行きました。
 戦後の再建ですが、内部が博物館になっていて、おもしろかったです。
 帰りがけに「清正石」(きよまさいし)
http://wadaphoto.jp/japan/images/nagoya22l.jpg
http://shiba-ryo.com/archives/shiseki/nagoyajo/IMG_0880.JPG
を見に行きました。その左側に日本語の説明板があり、その下に英語の説明板がありましたが、読んでみると、日本人の名前が、ごく普通に「Kato Kiyomasa」とか「Kuroda Nagamasa」のように姓-名の順で書かれていました。オーツは、歴史的な名前であっても、一般には名-姓の順で書くものだと思っていましたが、こういう表示を見ると、これはこれでいいものだと思いました。日本人としては、姓-名で覚えているわけですから、英語の場合でも、その順で表示したいものです。
 ただし、こうなるためには世の中が一斉に変わらないといけません。一個人が(勝手に)変えるだけでは混乱するばかりです。
 ケータイで説明板の写真を撮ったのですが、あとで見てみると、解像度が低くて、英語が読めません。やっぱり普段からデジカメを持ち歩くようにしないといけませんかね。
 ネットを探してみても、日本語の説明板までは写真があるのですが、
http://www.geocities.jp/duc604/nagoya.htm
英語の説明板の写真はないようです。(英語で検索しても見つかりませんでした。)
posted by オーツ at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする