2008年03月13日

カナ漢字変換辞書に登録している単語

 オーツは普段のカナ漢字変換として、ATOKを使っていますが、たまに登録単語の整理をするとおもしろいです。先日やってみたのですが、オーツの場合は、8000語ほど登録されていました。ほとんどが自動登録の単語です。
 自動登録というのは、たとえば、カタカナ変換キーを押したときなどに、その段階で入力されていた語がカタカナ語として自動的に登録されるというような仕組みです。
 で、実際に辞書に登録されている単語を見てみると、どこで使ったのかまったくわからない単語があったりして、不思議な気分です。まるで、過去の自分を再発見するような感触です。
 不要な(まったく覚えがない)単語は削除してしまっても何ら問題はありません。カナ漢字変換の辞書に登録しておくべき単語というのは、今後使うものであればいいので、知らない語が登録されていたら、直ちに削除してしまって問題はありません。必要なら、そのときに改めてその語を登録すれば済むことです。
 こんなことをしていると、あっという間に時間が経ちますので、忙しくないときにやらなければなりません。まあ、忙しいときほど、こういうことをやりたくなるものなんですけれどね。
 この作業って何かに似ているなあと思って、考えてみると、昔の写真の整理にそっくりだということに思い至りました。
posted by オーツ at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする