2008年02月29日

抱き上げても、あごの下をなでても喜ばないネコ

 オーツの家で飼っているネコは、抱き上げようとすると、いやがります。多くのネコは、飼い主に抱かれることを好むと思いますが、我が家では、ネコが超然とした態度を示します。だっこをすると、すぐ逃げだそうとします。
 もう一つ、あごの下をなでてもまったく喜びません。これまたいやがるだけです。多くのネコは気持ちよさそうに眼を細めたりするのに、我が家のネコは、そういう態度を示しません。
 ちょっとかわいくないのですが、それはそれでネコの生き方として一つのあるべき姿なのかもしれません。
 ネコの個性と考えておきましょう。
 こういうことがあるので、オーツが食事中などのときにそばに寄ってきて「にゃー」と鳴けば、それは「遊んでくれ」という意思表示になります。食事中に遊ぶのはどうかと思いますが……。
posted by オーツ at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする