2007年11月27日

松本市

 オーツは、23日〜25日にかけて松本に行ってきました。
 途中、国宝・松本城に行ってみました。
 天守閣の中が6階まで上がれるようになっています。それはいいのですが、その階段の急なこと。松本城は、普段の居住用に作ったのではなく、あくまで戦闘用だとのことですが、それにしてもすごいです。最大斜度は、4階から5階の場合で 61°もあります。係りの人が急な階段のそばにいて、階段を踏み外す人がいないかどうか見ていました。もっとも、本当に踏み外した人がいたら、下でその人の重さを受け止めるような頑丈な係員ではありませんでしたが、……。たぶん、そういうことを目的としているのではないのでしょうね。
 オーツが行ったときは、小さな子供が降りてくるところでしたが、1段あたり 40cm の段差があり、はいつくばるようにしても、子供ではちょっと無理です。
 松本城の天守閣は靴を脱いで上がるようになっています。ところが、松本は、高地にあるため、気温が低いのです。お城の中は木の床でしたが、それがまた冷たいのです。冷たさは靴下を通り越してしまいます。天守閣内を上がったり降りたりして、40分くらいはいたでしょうか。その間、足の冷たさには参りました。冬に行く人はぜひ厚めのスリッパを持参するといいでしょう。オーツはスリッパのサービスがあるといいなあなどと思ったのでした。入口と出口が別なので、ちょっとめんどうかもしれませんが。
 お堀の中にはそれはそれは立派な鯉が多数泳いでいました。悠然としていて、人間が近づくとそばに寄ってきたりします。えさをもらい慣れているのでしょうね。
 周囲の公園もきれいに整備されて、大変気持ちがよかったです。遠くに見える雪をかぶった山々も絵になる景色でした。
matumoto.JPG
ラベル:松本城 松本市
posted by オーツ at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする