2007年11月04日

達する!

 日経新聞11月2日朝刊43面の記事の一部です。
 「達する! テロ特措法に基づく協力支援活動は平成19年11月1日、2400、2日午前零時をもって終結。支援部隊を帰国させる」。第6護衛隊の尾島義貴司令(47)が補給艦ときわの艦内放送で石破茂防衛相からの終結命令を隊員に伝えたのは1日午前11時半過ぎ。

 この「達する」は「以下のことを伝達する」くらいの意味でしょうが、この用法は「日本国語大辞典第二版」では、白抜■の二の@の「対象にとどかせる。及ぼす。知らせ、命令、気持などを他のある人に伝える。」という語釈が近いようです。
 しかし、オーツは、自衛艦では「達する!」で放送が始まるとは知りませんでした。(海上)自衛隊用語でしょうか。
 いや、厳密にいうと、普通のことばと違うことばを使っているわけではないので、自衛隊用語というよりは自衛隊用法というべきでしょうか。
 こういう用法は、書かれることが少ないでしょうから、検索エンジンで用例を集めようとしても、苦労します。Google で「達する -"に達する" -"まで達する" -"へ達する" -"も達する"」などと指定してみましたが、まだまだゴミが多く、こういう例は検索できていません。検索エンジンで記号も検索対象にできれば、何とか検索できそうなのですが、……。
posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする