2007年08月07日

そうめん

 暑い日が続きますね。
 オーツは、自宅で昼食をとるとき、しばしばそうめんにします。
 夏は、特に、つめたいそうめんが食欲をそそります。
 もっとも、いつものように手抜き料理ですから、手間をかけないようにして食べています。
 めんつゆは、市販のものを冷水で薄めて使います。それにワサビ(チューブ入りのもの)をちょっと入れます。
 薬味など、つゆに入れるものは、ネギとミョウガが定番です。それに、わかめも用意します。「カットわかめ」を水で戻して少し切っておくだけです。いずれもたっぷりと用意します。うどん屋やそば屋では、ほんのわずかしか出てきませんが、自宅では自分で刻むだけですから、いくらでも用意できます。場合によっては(スタンダードなものを切らしているときなど)、海苔やシソの葉なども用意します。これらはいずれも単に刻むだけですからシンプルです。
 あと、意外においしいのが「すだち」です。1人前としては1個の半分くらいで十分です。
 そうめんは、1人前2把で 100g が標準ですが、一度に 200g をゆでるようにしておきます。2回分をいっぺんに作る要領です。ゆで時間は2〜3分ほどですから、あっという間にできあがりです。
 ざるにとって水洗いしたあと、冷蔵庫の氷を放り込んでもいいですが、そこまでしなくてもいいでしょう。
 2回に分けて食べるときは、半分くらいを保存容器に入れて冷蔵庫に入れておきます。日が経つとまずくなるという人がいますが、そんなでもないように思います。時間が経ったそうめんでも、水にさらせば、あっという間に食べられるようになります。でも、ゆでた後はカビが生えたり、傷みやすくなりますから、あまり日を置かずに食べることです。
 この程度ですけど、それでも、そうめんはけっこうおいしく食べられます。
 同じ要領でうどんも食べることがありますが、やはり細いそうめんのほうがおいしく感じられます。(うどんはやはり温かい汁で食べたほうがいいのかもしれません。)
 オーツは、よくお中元などでそうめんをもらうのですが、夏の間には食べ切ってしまいます。オーツの夏の好物といえるでしょう。
 今日も、この調子だとお昼はそうめんになりそうです。そうめんは毎日食べても飽きないものです。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする