2007年06月30日

高速道路の落書き

http://seattlepi.nwsource.com/local/319569_whoisgina13ww.html
によれば、シアトルの高速道路に大きな落書きができており、 GINA I ○ U と書いてあったとのことです。(○はハートマーク)いうまでもなく「U」は「you」のことです。
 いやはや、書いた人は命がけだったわけですね。複数車線にまたがる大落書きですからね。
 こんなことはしてはいけません。こういうことをすると、せっかくの愛する人(Gina さん)からバカにされます。
 空から見えるくらいに書くのですから、スプレーペイントの代金だけでも相当かかったことでしょう。
 これに加えて、書いたことがばれて清掃代金を請求される羽目になったら、目も当てられないですね。
 日本では、高速道路のクルマの通過台数が多いので、書こうと思ってもなかなか書けないんじゃないですかね。
 ちなみに、コメント(Tell us, who is Gina?)
http://seattlepi.nwsource.com/soundoff/comment.asp?articleID=319569
の一つにこんなのがありました。
I know "a" Gina, but probably not "the" Gina.
固有名詞に冠詞が付いていること、a と the の使い分けなど、生きた英語の勉強にもなります。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

痛車(いたしゃ)なんて言葉があるんですね。

 痛車(いたしゃ)なんて言葉があるんですね。オーツは知りませんでした。イタリア車のもじりだそうですが。
 Wikipedia にも登録されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%9B%E8%BB%8A
 さらに、最近は、「バーチャル痛車」が話題なんだそうです。
 http://arena.nikkeibp.co.jp/article/column/20070619/1001039/
の記事によると、「バーチャル痛車」は、バーチャル・カーレースの車にアニメキャラなどをペイントしたものだそうです。それにしても手間がかかっていますね。
 「手間がかかっているものほど価値が高い」という見方(手間暇の法則)があるので、これは世界に誇れる逸品でしょう。ネットですから無料で見ることができるわけですが、とんでもないところに新しい「文化」が誕生したようです。
 文化は文化ですから、「何の役に立つか」などというヤボな問いかけはしないことです。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

中国で生き埋め事件の被害者が救出されました

 すごい事件です。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-26545420070621
によると、中国重慶市で暴行を受け、廃坑で石の下に生き埋めにされた15歳の少女が6日ぶりに救出されたというニュースです。
 映画ではありません。真実です。
 よくぞ生き延びた! 死なないで良かった!!
 生きているってすばらしいですね。
 この女の子には幸せに暮らしてほしいと思います。
 人生は楽しいものなんですから。
 それを味わうために、人間はこの世に生まれてきたんですから。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

旭鮨総本店

 オーツがたまに行く寿司屋です。
 といいながら、ちょっと記録を見てみると、(オーツはまめに各種記録を付けているのです)この寿司屋にはしばらくいっていないことに気が付きました。
 昨日のお昼は、ここで「葵にぎり」を食べました。1575 円でした。ランチのとき限定のサービス価格なんだそうです。
 にぎり8個(うち、いくらとウニが軍艦)と巻物(小)6個が出てきました。量は十分です。トロがおいしかったです。ウニも身がたっぷり入っており、食べがいがありました。口の中に広がるウニの香りは何ともいえないものです。オーツの好物です。
 お椀(おすまし)もダシがきいていておいしかったです。茶碗蒸しもついていました。
 ちと値段が高いのが欠点です。
 オーツのお昼代は、なるべくなら 1000 円以下で押さえたいところですが、この値段では 1.5 人前に相当します。
 ランチにぎりも 980 円でメニューにあったのですが、写真を見ると、ちょっと貧相な感じだったので、頼みませんでした。以前のランチにぎりは 1050 円だったのですが、値段を下げ、それにしたがって内容も落としたようです。
 おいしくても高いものを食べるか、ややおいしさで負けても安いものにするかは悩ましいところです。50 代ともなると、若いころの「安くておなかいっぱいになるもの」という価値観だけでは済まなくなります。
 まあ、たまにはこういうのを食べる日があってもいいのではないでしょうか。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

ファイヤーフォックス(1982)

 WWWのブラウザの話ではありません。
 アメリカ人のパイロットがロシアに侵入し、最新鋭の戦闘機を奪って逃げ出すという映画です。
 今となっては古く感じる部分があります。現代の目で見ると、飛行シーンなどでアラが目立ちます。ジェット機がどうしてもおもちゃとしか見えないんですね。ここ20年で合成技術(SFX)は格段に進歩したということでしょう。
 しかし、ストーリーとしては緊迫感があってなかなかのものです。楽しめます。クリント・イーストウッドがパイロットなんですが、かっこいいです。
 こういうアクション映画がオーツの好みです。
 前半のスパイ映画ふうの作りも緊張感があっていいですし、後半のミグを奪ってからの各種飛行(戦闘)シーンもワクワクします。
 でも、あのごつごつした機体でマッハ6というのはありえないですね。ごつごつしているところは空気との摩擦が起きやすく、つまりは摩擦熱が蓄積しやすいので、そこから機体が破損してしまうと思われます。
 それに、ロシア人同士が英語で話している点も、「あれれ」でしたが、まあ、これは映画のお約束として、文句を付けてもしかたがないのでしょう。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

香港のロープウエーでゴンドラの落下事故

 いやはや、世界ではいろいろな事故があるものです。
 香港では、ロープウエー「昂坪(ゴンピン)360」のゴンドラの落下事故があったとのことです。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0623&f=business_0623_003.shtml&pt=large
人が乗っていなかったのが不幸中の幸いでしたが、それにしても、ゴンドラが落ちるなんて、信じがたい事故ですね。記事によれば、ゴンドラは52メートルも落下したっていうんですから、もしも乗客が乗っていたら全員即死だったことでしょう。
 今後、このロープウエーの運行が再開されるかどうか、知りませんが、「アジア最大規模のロープウエーであることや、その名の通り360度のパノラマで見えるランタオ島と沿海の景色が魅力で、香港の新しい観光資源になると期待されていた。」という宣伝文句もウソではないでしょう。
 オーツは、恐いもの見たさではありますが、香港にいったら是非乗ってみたいと思いました。きっとすばらしい景色が見えることでしょう。
 事故で有名になるのは、決してほめられることではありませんが……。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

回転寿司で食べる量

 回転寿司は、いろいろなネタが選べていいのですが、問題は、おいしいからといって次々手を出しているとついつい食べ過ぎになってしまうことです。
 そこで、オーツは、初めから皿の数を決めて食べることにしています。
 6皿を目安にしていますが、実際は7皿を食べることも多いです。ちょっと食べ過ぎかなーと思いつつ、7皿目も特におなかいっぱいということもなく食べてしまいます。8皿は絶対に食べません。
 普通、寿司屋でセット類を頼むと10カンですから、5皿に相当することになります。
 量の面からいえば、できたら5皿に押さえたいところですが、回転寿司は1皿2カンで提供されますから、バラエティが半分しかないことになります。ま、6皿くらいまでは大目に見ましょう。
 ちなみに、私の次男の食べる量はかなりなもので、10皿くらいはごく普通です。15皿くらい食べることもあります。(親の財布は気にしない主義のようです。)
 女性などでは3皿だけなどという場合もあるようで、レジでの支払いのようすを見聞きすると(聞き耳を立てているわけではないのですが)わかってしまいます。オーツはさすがにそれでは満足できないように思いますが、いろいろ個人ごとに体調や考え方が異なるので、他人様のことは気にしないほうがよさそうです。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

カップ麺

 この間、何気なくテレビをつけたら、一般家庭を突撃取材していました。内容は、各家庭でどれだけのカップ麺が備蓄されているかというものでした。
 その番組ではカップヌードルが第1位でしたが、まあ、銘柄はいいとしましょう。
 オーツが驚いたのは、その量です。各家庭で数個〜数十個は保存されているものなんですねえ。
 100軒の家庭を突然訪問というわけですから、まあ、平均的な備蓄のようすがわかると思います。カップ麺は、ちょっと気軽に食べるのに便利ですから、それはわからないでもないです。
 オーツの場合、どうかというと、カップ麺の備蓄はゼロです。1年で買う個数は1〜2個じゃないでしょうか。青森県に住んでいる次男が夏休みなどに一定の期間我が家に滞在するときがありますが、そのときに備えて買うことがあります。それだけです。平均的家庭からはかなりかけ離れているように思います。
 食べ物の好みは個人間の差が非常に大きいのでしょう。
 オーツは、カップ麺がきらいというわけではないし、食べるときもあるのですが、自分からは積極的に食べる気がしません。その一番の理由は、自分流のアレンジがしにくいことです。ラーメン類を食べるときには、もう少し野菜を多く取りたいと思いますが、カップ麺ではそういうのがやりにくいのです。
 これからも、たぶん、自主的にカップ麺を食べるようにはならないと思います。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

象のツメを切る。

 動物園では、象のツメを切るなんていう仕事があるんですね。
 伸び放題だった象のツメをやっと切ったというニュースがありました。
http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/20070620kn02.htm
 ツメといったって、30cm ともなれば、そりゃ不便でしょう。
 ほうきに隠したのこぎりによって切るというのは、なかなか優れたアイディアです。動物園の飼育責任者が象に勝ったということですね。
 しかし、やはり飼育担当者は象に信頼されるようにならなければなりませんね。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

魚屋路(ととやみち)

 オーツは寿司が大好きです。
 最近お昼によく行くのは魚屋路(ととやみち)という回転寿司です。
http://www.skylark.co.jp/totoyamichi/index.html
 やや遠いので、ちょっとした散歩になってしまいますが、まあ健康のためにということで、歩いて行きます。
 値段は、1枚105円、157円、210円、262円などで、(それ以上の金額のもありますが、オーツは食べたことがありません)まあ普通の回転寿司でしょう。味はけっこういけると思います。
 最近は、ランチのときにあら汁無料というサービスをやっています。セルフサービスですが、大きな汁椀に盛りつけると、かなりの量が入ります。これはなかなかおいしいです。以前のランチサービスは単純な味噌汁だったのですが、あまりおいしくなくて、1杯で十分という感じでした。今のあら汁は野菜もたっぷり入っているし、もちろん「あら」もたっぷりで、もう1杯ほしいと思うくらいです。
 あら汁はセルフサービスで取ることになるので、おかわりしても文句はいわれないと思いますが、たかが1食分の寿司を食べるだけで、あら汁を2杯ももらうと申し訳ない気がして、(オーツは気が弱いのです)1杯にとどめています。
 夏になってきたので、今は冷たい麦茶もサービスしています。
 昨年は、「1000円以上食べたら 200円引き」という割引券(2週間くらい有効)をくれたのですが、今はもらえません。でも、値段の割りにはまあまあおいしく、何となくお得感があるので、この店はよく行っています。
 あ、今 WWW を見たら、クーポン券があるじゃないですか。
http://www.skylark.co.jp/coupon/
 もっと早く気が付けば良かった。これなら、行くたびに使えます。これからはもっぱらこれを使うつもりです。
続きを読む
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

CoCo壱番屋のカレーの辛さ

 今日は、ちょっと下品な話です。
 オーツは、昨日のお昼には CoCo壱番屋にいって5辛のカレーを食べたのですが、昨夜遅く、トイレにいったところ、お尻でカレーの辛さを感じました。これがどんなものかは、言葉で説明するのがとても難しいのです。たとえていえば、辛口のカレーを食べたあと、唇にちょっと残ったカレーが唇にヒリヒリ感を与えることがありますが、それがお尻で起きます。これは、経験者でないとわからないと思います。
 実は、今までも、似たような経験はあったのです。それは激辛のカレーやラーメンなどを食べたあとです。涙なしには食べられないレベルの辛さのときです。だいたい翌日の朝にお尻で辛さを感じることになります。
 CoCo壱番屋の場合、8辛まで食べても、特にこの感触は味わえなかったのですが、昨日は5辛で感じることができました。いや、オーツは特に感じたいと希望するものではなく、感じなければ感じないほうがいいと思うのですが、……。
 ともあれ、この経験から、次のようにいうことができます:ココイチのカレー(5辛)は辛い。でも、だからうまい。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

普段食べることが多いカレー──CoCo壱番屋

 勤務先の近くにCoCo壱番屋というカレー屋さんがあります。
http://www.ichibanya.co.jp/
 全国的なチェーン店です。
http://www.ichibanya.co.jp/shop/search/index.html
 ここはオーツの大好きな店で、だいたい週1回はカレーを食べに行きます。
 なぜ行くかって、それは、安くておいしいからに決まっています。
 いろいろな具が選べますが、オーツは野菜カレーにすることが多いです。そして、5辛の普通盛りを注文します。
 CoCo壱番屋では、辛さが選べることもすばらしいことです。1辛は20円アップ、2辛は40円アップで、5辛は100円アップです。6辛以上も全部100円アップです。
 2辛からスタートして、次第に辛いものを食べてみました。一番辛いのでは8辛まで試してみました。
 8辛というと、涙なしには食べきれません。オーツの食べ方では、カレーを食べている途中で水を飲むことなく一気に食べるのですが、8辛では体中がかーっとしてきます。食べ終わるころには、辛さで舌がしびれる感じになります。
 自分でお金を出して食べるのですから、「辛さに挑戦」なんてことを考える必要はないわけで、一番おいしいと思うところを注文すればいいのです。そこで、7辛、6辛と落としてきて、5辛が一番おいしいということになりました。4辛も数回食べてみましたが、ちょっとパンチが足りない気がしています。
 しばしば野菜サラダも注文します。カレーを食べた後に野菜サラダを食べると、舌に残った辛さが取り除かれます。
 昼食代は、野菜カレー5辛 700 円+野菜サラダ 180 円で、880 円となります。この金額で、幸せが感じられます。
 さて、今日も、お昼は野菜カレーかな。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

シェルブールの雨傘(1964)

 1964年の古い映画ですが、見るたびに泣けてしまいます。
 先日、再度視聴したのですが、ストーリーがわかっていてもやっぱり泣けてしまいました。
 愛する男女が子供を作りながら、男の2年の兵役で別れ、それぞれに結婚し、その後、ふとした偶然でガソリンスタンドで出会う話です。
 20歳のカトリーヌ・ドヌーブが抜群にかわいいので、見応えがあります。オーツの場合、ハイビジョンで見ていますが、ハイビジョンだと、きれいな女優さんがよりいっそう映えて見えます。
 全編にわたって、セリフが音楽に乗ってかわされます。ミュージカルないしオペラのような作りです。これがまた効果的です。
 ミシェル・ルグランのメロディは甘く切なくてすばらしいものです。それに合わせて、セリフがゆっくり語られるので、フランス語がかなり聞き取れます。意図的にやさしいフランス語を使っているのでしょうか。大学の第二外国語でフランス語を選択した人は(日本語の字幕とも合わせれば)十分わかると思います。この映画は tu と vous の使い分けの教材にもなるかもしれません。主人公二人が、どういう場面でどちらの二人称代名詞を使っているか、聞いてみてください。この映画がさらに興味深いものになります。



posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

主食って何?

 以前の日記で書いたように、
2007.6.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563968.html
オーツは豆腐を主食にしているわけですが、1週間に2丁のペースというのは、ちょっと少ないことになります。
 豆腐2丁は6回分の主食になるけれど、1週間には7日の朝晩で14回の食事があるわけで、あと8回は何を食べているのでしょうか。
 お答えします。納豆です。3個入りパックが二つで120円という値段です。1食あたり20円と豆腐よりもずっと高級で高価な食材です。
 それ以外に、卵焼き、シラス+大根おろし、ヨーグルト、バナナなどを食べることがあります(主食がですよ)。
 当然ながら、主食といえるものが何もない場合もあります。
 そもそも考えてみると、主食って何でしょうか。
 学研国語大辞典を引いてみると、「ふだんの食事の中心となる食物。主食物。「パンを主食とする」《類義語》常食。《対語》副食。」などと書いてあります。
 「中心」って何でしょう。
 分量? 頻度? 重量? いろいろな基準が考えられますが、そんなことをいうと、「お茶、冷水」が主食になりそうな気がします。毎回たくさん飲むので、たぶん分量でも、頻度でも、重量でも第一位になるでしょう。しかし、そういうのを「主食」とはいいません。
 飲み物を除外すると、次にオーツがよく食べるものといえば、サラダです。オーツの場合、可能な限り毎食食べるのですから(豆腐よりは)野菜サラダが主食のようです。
 しかし、サラダが主食というのも変な話です。
 ということは、主食を決めるのは栄養(カロリー)?
 となると、豆腐や納豆が主食になります。大豆タンパクですからね。
 もしかすると、「主食」とは、食べる人が「主食」だと意識するその食べ物のことなのでしょうね。堂々めぐりの定義で、定義になっていませんが。
 さらに考えれば、主食と副食なんてことを考えているのは、伝統的に米を主食としてきた日本人くらいかもしれませんね。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

イヌの捕まえ方

 イヌが逃げ出したら、捕まえるのは大変です。
 しかし、こんな方法があったんですね。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiijun0706158/
「相模原市で大型犬「ボルゾイ」がブリーダー宅から逃げ出し、四十人態勢の捜索の末に保護される”大捕物”があった。捕まえようとする相模原署員からも逃げたが、署員の「お座り」のひと声に瞬時に従い、無事飼い主のもとに戻った。」
 こういう発想ができた警察官の方は、頭がいいです。突然の事態にどう対処するかは、その人の人となりを明らかにするものだと思います。
 もちろん、他人の声でも「お座り」を識別したこのイヌもなかなかのすぐれものですが。
 オーツはボルゾイという品種名を知りませんでしたが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%BE%E3%82%A4
を見て知りました。よくうちの近所を散歩しているイヌじゃないですか。これを捕まえるのは簡単じゃないはずです。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

豆腐が主食?

 最近は、歳のせいか、炭水化物を食べたくなくなってきました。寿司だけは例外なんですが。
 オーツの食事内容をふと振り返ってみると、ここしばらく、朝と晩の2食は、(自宅で食べる場合)米飯、麺類、パンなどを食べない食生活をしています。
 お昼だけは、外食が多いので、炭水化物を取りますが、それだけで1日分として十分です。
 というわけで、オーツの主食は何か、考えてみると、「豆腐」ということになりそうです。大豆タンパクですから、健康には大変いいと思います。
 近所のスーパーで、特売日(毎週金曜日)に2丁52円の豆腐を買ってきて、1食あたり 1/3 丁ずつ食べるようにしています。計算してみると、主食費は1食あたり9円以下なんですね。1日1ドル以下で生活する人が(世界的な定義によると)貧困層だそうですが、オーツの場合はそれに近いと言えるかもしれません。
 もっとも、豆腐にはネギやミョウガを刻んだり、かつお節を振りかけて、醤油をかけるのですが、そちらのほうが値が張るかもしれません。ミョウガは、三つで100円くらいでしょうかね。1回あたりでは1個の半分を刻みますから、単純に計算して約17円かけていることになります。主食の豆腐が9円でも、薬味が17円と主食よりも高いことになります。
 副食物としては、サラダなどをもりもり食べているので、1日1ドルということはありません。念のため。

 あ、今日は金曜日なので、豆腐を買いに行ってきます。ついでに、セロリやパプリカなどサラダの材料も買いましょう。買物は野菜が中心です。
続きを読む
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

車イスって時速80kmで走れるんだ!

 オーツが見かけたニュースで、今日一番驚いたものは、カーペンターズさんという男性の乗った車イスがトラックに押されてハイウェイを時速80kmで走ってしまったというアメリカのニュースでした。2007.6.8 のニュースです。
http://rate.livedoor.biz/archives/50387782.html
 一歩間違えば、カーペンターズさんは死んでいたことでしょう。まさに命がけのドライブです。
 車イスがぴったり正面を向いてトラックのフロントグリルにはさまったから良かったのであって、ちょっとでも方向が違っていたら、トラックが動き出したときに、車イスがトラックの下に巻き込まれていたでしょう。
http://www.foxnews.com/story/0,2933,278881,00.html
の写真は、ある意味で何ともいえないド迫力です。
 カーペンターズさんは、平然としていたようですが、もっと怒り狂ってもいいんじゃないでしょうか。21歳にして、人生を達観している人です。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする