2017年01月16日

壽初春大歌舞伎@歌舞伎座

 オーツは妻と歌舞伎を見に行きました。東銀座の歌舞伎座で「壽初春大歌舞伎」というのをやっていました。
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/508
 夜の部に行きました。座席は1階の8列39番ということで、かなり前のほうで迫力がありました。
 この日は、「井伊大老」、「越後獅子」と「傾城」の踊り、それに「秀山十種の内 松浦の太鼓」ということで、3本立てでした。
 「井伊大老」は、桜田門外の変で暗殺される前日を描いています。井伊大老が側室(お静の方)の下屋敷を訪れ、酒を酌み交わしながら二人でいろいろ語ります。台詞なども聞き取りやすく、とてもわかりやすい歴史劇でした。何と昭和30年に作られたものなのですね。
 踊り2種は、派手な出し物でした。「越後獅子」では、布を波に見立てた布さらしが披露されました。ちょっと新体操のリボンにも似ており、おもしろいと思いました。「傾城」は吉原一の美貌を誇る傾城の踊りを楽しむものでした。
 「秀山十種の内 松浦の太鼓」は、忠臣蔵に関連した話で、討ち入りの前日の出来事を描いていました。俳諧の師匠宝井其角は、両国橋で赤穂浪士の一人大高源吾に偶然会います。発句を向けると、源吾は付け句を返すということがあり、武人の芸を感じさせます。
 それぞれが楽しめて、よかったです。
 それにしても、チケットが 19,000 円というのは、もう少し安くならないものでしょうか。こういう金額では、たまに見に行くのが精一杯という感じです。
 幕間に、持参した弁当を食べました。30分しかなかったので、自分の席で急いで食べましたが、もう少しゆっくりしたいものです。まあ、歌舞伎はそういう習慣が確立してしまっていますので、それにあわせるしかないわけですが、……。
posted by オーツ at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

鎌倉旅行(2)大仏とハイキング

 2日目には、大仏を見に行きました。
http://www.kotoku-in.jp/
 鎌倉の大仏は有名な観光地でもあります。外国人がたくさんいました。最近は、国内の主な観光地には外国人の姿が目立つように思います。
 200 円の拝観料を払って中に入ります。大仏は、意外と小さいように感じました。ずっと昔に(子供のころに)見に来たことがあったように思いますが、そのときは大仏がかなり大きかったように記憶しています。たぶん、身体が小さかったころなので、相対的に大きく見えたのでしょう。
 20円を追加して払うと、大仏の胎内を見ることができます。狭い階段を登っていくと、窓からの光でボンヤリといろいろなものが浮かび上がって見えます。説明書きなどもありました。
 外に出てから、大仏の背中側に回ると、肩甲骨のあたりに窓が二つ見えます。

kama3.JPG

 これが胎内の明かり取りになっているわけです。
 それにしても、こんなものが 800 年近く前に作られた(そして現代まで伝わっている)というのも不思議な気がします。

 大仏を見たあと、大仏の裏手にあるハイキングコースを歩くことにしました。大仏ハイキングコースというようです。山の中を抜けて歩いていきます。静かで気持ちがいいのですが、山の尾根を歩く形になり、木々の間から両側の住宅地が見えてしまいます。まあ、このくらいはしかたがないでしょう。
 佐助稲荷神社をすぎて少し行くと、クルマが止まっている住宅地に出ます。ハイキングコースとはいいながら、クルマが走れる舗装道路になってしまいます。それにしても、この狭い道路をクルマが通るのですね。車体をこすりそうです。ハイキングコースと兼ねているので、歩行者がいたら、クルマの側が非常に気を遣うでしょう。
 オーツたちは、源氏山公園のところから、銭洗弁財天のほうに歩いて行きました。
http://www.kamakura-burabura.com/meisyokamakurazeniaraibenten.htm
 銭を洗うと、その銭が何倍にもなって返ってくるという言い伝えがあり、オーツも妻もコインなどを洗ったわけですが、かなりの人がお札を洗っていることに驚きました。乾かすのが面倒でしょうに。
 オーツたちは境内でみたらし団子を食べ、休憩しました。
 その後は鎌倉駅の方向に歩いて行きました。
 けっこうしっかり歩いたことになります。こういう旅もいいものです。
posted by オーツ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

鎌倉旅行(1)極楽寺と鶴岡八幡宮

 オーツは年末に妻と鎌倉旅行に行きました。ちょっとその話を書いておきましょう。
 ランチをミッシェル・ナカジマで食べてから、クルマを宿に置き、徒歩と電車で鎌倉観光をしようということになりました。
 まず行こうと思ったのが極楽寺です。
https://retrip.jp/articles/34947/
 オーツたちは、散歩がてら、徒歩で向かいました。ところが、お寺の前までいって気がつきました。門が閉まっていたのです。立て札には「正月準備のため年内閉門します」と書いてありました。

kama2.JPG

 オーツたちと同じく、門の前までやってくる人がたくさんいました。
 江ノ島電鉄(江ノ電)の極楽寺前という駅があるので、そこから極楽寺まで来る人が多いのです。
 極楽寺前の駅には極楽寺が閉まっている旨の掲示がありましたが、これに気がつかない人もたくさんいそうです。
 オーツたちは、江ノ電で鎌倉駅まで行き、小町通りを歩いて鶴岡八幡宮にお参りすることにしました。
https://www.hachimangu.or.jp/
 年末でしたが、鎌倉駅の周辺は大変な混雑ぶりでした。外国人がたくさんいました。初詣の時はたぶんもっとすごいのでしょう。
 帰りは若宮大路を歩きました。
http://www8.plala.or.jp/bosatsu/wakamiya-oji.htm
両側にはたくさんの土産物屋さんがありましたが、見始めるとキリがないので、どんどん歩くためには道路の中央の歩道を歩くのがおすすめです。
posted by オーツ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ミッシェル・ナカジマ@鎌倉でランチ

 オーツは妻と年末に鎌倉に行きました。
 そこでランチに立ち寄ったのがフレンチレストランのミッシェル・ナカジマでした。
http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14004587/
http://michel-nakajima.com/index.html/
 食べログでの評価がすごく高い(2017.1.13 現在で 3.99)ので、気になったのでした。
 カーナビにお店の位置をセットして出かけたのですが、実際にはお店の前を通り過ぎてしまいました。あわててお店に電話して、位置を直接確認し、道を戻ってみると、白い建物の1階にレストランがありました。
 駐車場は、お店の前に3台〜4台分ありました。ただし、歩道から上り坂になっている場所にクルマを止める形になり、左右の位置決めがむずかしいので、だいぶ止めにくかったです。
 お店に入ると、まずは飲み物のメニューが出てきます。オーツはクルマを運転するので、アルコールは飲めません。すると、グレープジュース(800 円)くらいしか選択の幅がないように思いました。これはワイン用のぶどうを使っているとのことで、飲んでみると確かにワインのような感じでした。ノンアルコールワインといったところでしょうか。
 この店のランチは 3,000 円、5,800 円、8,800 円の3種類があります。
 オーツたちは 3,000 円ので十分だろうと思い、これを2人分注文しました。
 最初にアミューズが出てきました。
 前菜は「鳥取産サワラとクミン風味の人参のムースリーヌ 根野菜のサラダ 金柑のヴィネグネット」にしました。その形が見事だったので、写真をとりました。

kama1.JPG

 妻は、魚のウロコを模したものかと言っていましたが、お店の人に聞くと、実はぶどうをかたどったものです。こんなふうに目でも楽しませてくれます。
 パンとスープが出てきて、その次のメインが「ハンガリー産鴨胸肉のロースト その腿肉と男爵イモのコロッケと茸のソテー」でした。
 デザートの量は多くなく、しかも複数の味が楽しめるようになっていました。食後には十分です。
 さらに、飲み物(オーツはコーヒーにしました)とプティフールが出ました。
 全般にどれもこれもおいしく、これで 3,000 円は安い感じがします。これにサービス料 10% がかかるので、1人分 4,180 円となりましたが、これなら再訪ありです。まあ、東京からわざわざ食べに来るかといわれると、ちょっと遠いように思いますが、何かの用事で鎌倉に来るならば、この店に立ち寄っていいと思います。
 もっとも、オーツが店を出るころには店内が満席になっていましたので、この店に行くなら予約が必須でしょう。
 お店を出るときに、妻がコートを忘れる事件があり、オーツは鎌倉市内を一周してお店に戻りました。この店は、鎌倉駅からかなり遠いので、歩いて行くのはどんなものでしょうか。タクシーを使うほうがよさそうです。
posted by オーツ at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

つがる山吹亭@桜上水北口でランチ

 つがる山吹亭は、オーツが何回かランチに行った店です。
2015.10.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/427197721.html
2015.7.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/422956411.html
 この店は、夕方だけの営業で、ランチはやっていないと思っていましたが、それは正しくありません。
 ランチは 12:00- なのです。オーツは、ランチを 12:00 前に食べることが多く、たいてい 12:00 前にこの店の前を通り過ぎていたので、お昼は営業していないものと思い込んでいました。
 しかし、そうではありません。
 ただし、ランチは休みの場合も多そうです。ネットで休みの有無を確認してから行くのがいいと思います。
https://tsugaruyamabuki.jimdo.com/
 今は、日曜日が定休日だそうです。以前は木曜日でした。この点も注意が必要です。
 さて、今回は、サバ甘塩定食を頼みました。しっかりしたサバ半身とご飯と熱いみそ汁に加えて、サラダと、小皿2皿付きでした。これで 680 円なのですから、これはおトクです。
 気さくなご主人の人柄の良さもこの店の特色の一つでしょう。
 今後は定期的に通うことにしてもいいと思います。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

あわや、バイクと接触しそうに

 オーツが、とあるところの駐車場にクルマを入れようとしたときのことです。
 駐車場は往復2車線の道路に面していました。オーツは右折で駐車場に入る形になりました。ところが反対車線は混んでいて、渋滞でクルマがつながった形になっており、右折する隙間が見つかりません。しかたがないので、駐車場のところで右のウィンカーを出しながら少し待っていました。すると、反対車線のクルマの列が少し動いて隙間ができました。オーツはゆずってくれたクルマのドライバーに片手をあげてあいさつしながら、右折して駐車場に入ろうとしました。
 そのときです。渋滞していた反対車線のクルマのそばをバイクがすり抜けて走ってきたのです。オーツはゆっくりと駐車場に向かっていたので、急ブレーキを踏んで止まり、何事もありませんでしたが、あわやバイクとの接触事故になるところでした。もしも、オーツのクルマが普通のスピードで駐車場に入ろうとしたら、確実にぶつかっていたと思います。
 こういうことがあろうとは夢にも思いませんでした。
 ひやっとしました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

中華居酒屋 龍厨房@江古田南口で飲む(4回目)

 以前も、3家族でこの店に行ったことがありました。
2016.2.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/433253737.html
 再度、行きました。幼児連れで江古田で入れる店というと、ここはその典型なのです。店内は板の間が広がっていて、靴を脱いで上がります。このスタイルだと、子供が少しうろうろしてもあまり問題になりません。
 6時半に集合ということにしました。オーツと妻が先に店に入り、あとの2家族を待つ形になりました。そこで、食べ物を何品か先に注文しておき、到着し次第食べられるようにしました。
 みんながやってくると、それぞれおなかがすいていたので、じゃんじゃん注文してどんどん食べました。
 大人6人+幼児3人の合計9人でしたが、飲み食いしたものを記録しておきましょう。
 食べたものは、五目チャーハン 324 円、五目焼きそば 324 円、焼き餃子 324 円×2、韓国風キムチチヂミ 324 円、豆苗炒め 324 円、三種揚げ盛合せ 626 円、鶏肉特製唐揚げ 324 円、麻婆茄子 324 円、枝豆 324 円、胡瓜のピリ辛 324 円、ハムカツ揚げ 324 円、豚シュウマイ 324 円×3、棒々鶏サラダ 324 円、麻婆春雨 324 円、ネギチャーシュー 324 円、豚肉木耳玉子炒め 324 円、白身魚甘酢かけ 324 円でした。いやはや、レシートを見ながら書き写すのも大変なくらいです。
 飲んだものは、生ビール 324 円×5、グレープフルーツジュース 324 円、水 0 円×2、梅酒ロック 324 円、ハイボール 324 円×2、氷 164 円、紹興酒15年ボトル 2,268 円、ジャスミン茶 324 円、ホッピー 648 円、ジンジャーエール 324 円でした。
 それに加えて、席料 324 円×5でした。席料と言いつつ、お通しが出ていましたが。オーツたちのグループは、大人6人だったので、一つ不足していますが、まあいいでしょう。
 飲んだもの、食べたものはそれぞれおいしかったと思います。最初に炒飯と餃子を注文しておいたので、小さな子供たちはまずこれを食べる形になり、おなかにたまって満足したようです。アルコールを飲んでいる大人は、食べるものがいい加減でも、何か口に入ればそれでいいように思います。
 基本全品が 324 円なので、わかりやすいです。まあ、量の多少で調整しているのでしょう。生ビール 324 円は安いと思いますが、ソフトドリンク類 324 円は高いように思います。しかし、これが店の方針ですから、これはこれでいいでしょう。高いと思うものは注文しなければいいのです。
 オーツたちは8時には切り上げましたが、1時間半にしてはよく食べたと思います。
 しかし、会計してみると、15,046 円でしかなく、大人6人での飲み食いと考えると、実に安いものです。
 また行きたくなります。
posted by オーツ at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

朝日新聞の記事が Yahoo! ニュースで読める(ことがある)

 朝日新聞は、記事の目次を毎日メールで送ってくれます。無料のサービスで、オーツはこれを利用しています。そして、目次のところに書いてある URL をクリックすると、1日1本の記事が無料で読めます。
 以前は、1日3本まで読めたのですが、最近、1日1本に改悪されました。
 読みたい記事が数本あると、読者としては困ります。朝日新聞社としては、そういうことで、有料版の読者になってもらおうという戦略なのでしょう。
 しかし、中には、Yahoo! ニュースで朝日新聞の記事が読める場合があることに気がつきました。
 たとえば、朝日新聞で以下のような記事があります。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12733523.html
 普通に読む場合、これを読めば1本とカウントされてしまいます。
 しかし、Yahoo! ニュースで全文を読むことができます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000066-asahi-soci
 さらに、ネットで検索すると、朝日新聞内で無料で全文が読める場合もあります。
http://www.asahi.com/articles/ASK14574MK14UTIL01K.html
(工藤隆治 2017年1月4日19時26分)
 であれば、メールの目次サービスで知った場合でも、そのままクリックして記事を読むのでなく、ネットで検索してそちらを読むべきだということになります。
 ネットの使い方を工夫しないと、不満が蓄積されるだけになってしまいます。逆に言うと、うまくネットを使えば、1日1本という制約の中でもそれなりに十分だということになります。
posted by オーツ at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

お年玉は何歳からいくらあげるか

 オーツが気になった問題が「お年玉は何歳からいくらあげるか」です。
 オーツの孫は、現在6歳、3歳、3歳です。3歳では、お金の価値も使い方もわからないので、あげなくてもいいとは思いますが、6歳ともなればそろそろあげてもいいでしょう。
 あげるとすると、いくらぐらいあげるかというのも悩ましいところです。
 というわけで、ちょっとネットで検索してみました。

http://news.mynavi.jp/news/2016/12/30/064/
 自分の子供にお年玉をあげるアンケートの結果を紹介しています。何歳からあげるかというと、
1位 0歳 18.7%
2位 3歳 14.7%
3位 お年玉はあげていない 12.7%
4位 1歳 10.7%
5位 5歳 9.7%
6位 6歳 9.0%
7位 7歳 8.0%
8位 4歳 7.3%

という結果です。0歳からあげているというのは意味不明です。赤ちゃんはお金を使わないはずです。他人からお年玉をあげる場合は、赤ちゃん名義でも、実質的にはその親に渡すものですが、この記事のアンケートは「自分の子供」にお年玉をあげる場合を聞いているのですから、「0歳」という回答は理解できません。

http://pinspo.com/6376.html
一般的にお年玉はお正月の期間に渡すとされており、1月1日から三が日。または、「松の内」(1月7日地域によっては1月15日)までに渡すされています。最近では挨拶に来たらお年玉を渡すけど、来なければ渡さないというところも少なくないようです。お年玉の相場は一般的に「年齢÷2×1000円」と言われています。
  年齢   お年玉の相場
0歳から3歳  1,000円
3歳から5歳  2,000円
小学生低学年 3,000円
小学生中学年 3,000円〜4,000円
小学生高学年 5,000円
中学生    5,000円
高校生    10,000円
高校生以上  10,000円

http://blog.tanosimujinsei.com/1282.html
一般的には、お年玉の金額は、年齢 ÷ 2 × 1,000円 だそうです。
赤ちゃん     1,000円
幼稚園・保育園  2,000円
小学校低・中学年 3,000円
小学校高学年   3,000〜5,000円
中学生      5,000円
高校生      5,000円〜10,000円
18〜22歳     10,000円

http://orangehappy.net/444.html
未就学児〜幼稚園児 500-1,000 円
小学生 低学年   1,000 円
小学生 高学年   2,000-3,000 円
としています。

 これらの記事を見て、オーツは孫が小学生になったらお年玉を渡そうと思いました。
 兄弟がいても、一律に小学生からとします。未就学児は、お姉ちゃんがお年玉をもらっているのを見ても、自分はもらえないということになりますが、それで問題はないと思います。
 大学生から社会人になるときにお年玉は止めていいと思いますが、その場合、お姉ちゃんがお年玉をもらえないのに、弟だけがもらうという形になります。
 これで平等です。
 金額は、上記のサイトを参考にします。
タグ:お年玉
posted by オーツ at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

軽井沢・草津旅行(4)中沢ヴィレッジ

 オーツたちは、昨年12月に中沢ヴィレッジ
http://0932.jp/
に2泊しました。
 最初は草津のスキー場で2日間スキーをしようということで旅行を計画し、草津のホテルの中であれこれ考えて中沢ヴィレッジにしたわけです。結果的に、草津のスキー場では半日程度しか滑らなかったのですが、ホテルとして考えたときには、中沢ヴィレッジはまあまあだったように思います。
 第1に、テルメテルメで遊べることです。これは、すでに2日前の記事で書きました。
2017.1.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/445557974.html
 第2に、温泉大浴場がよかったです。露天風呂付きです。この時期は、寒いわけですが、雪を見ながら温かい温泉に浸かるのは気持ちがいいと思います。ただし、頭を洗ってから露天風呂に入ると、頭寒足熱で気分はいいのですが、若干頭が冷えるように感じました。
 第3に、朝食・夕食がバイキング形式だったことです。幼児連れの旅行では、子供の食事が一番気を遣うところなのですが、バイキング形式だと、子供向けの(子供が好きそうな)料理を適当に取ることができます。
 6歳ともなると、もう自分の好みをはっきり主張します。自分で料理を上手に取ることはできませんが、大人が言われたままに取ってあげればいいのです。3歳でも、あれがいい、これはいらないとけっこう自分の意見を言います。
 オーツたちは大人6人、幼児3人のグループでしたが、4回(2泊の朝夕食)ともにみんなで一緒にテーブルを囲み、楽しく食事をすることができました。幼児用のイスもたくさん備え付けられていました。
 ホテル内のレストランは2種類あります。オーツたちはそれぞれで朝食・夕食を食べました。
 たとえば、以下の写真はオーツの初日の夕食です。

karui5.JPG

karui6.JPG

 生ビールと日本酒は別途注文ですから、若干の料金が発生します。しかし、大したことはありません。ジュース類などはバイキングの無料の範囲に含まれます。
 こんなわけで、何回か料理を取りに行き、自分の好きなものを食べることができたので、全般に満足しました。
 オーツたちはレストランの営業時間帯のうち、早い時間に行くようにしましたが、それから時間が経っても、並んだ料理が少なくなることはなく、係員が適宜補充していました。なかなかオペレーションがすばらしかったです。ここがきちんとしていないと、後から来た客が不満を感じることになります。
 夕食時にはボイルしたカニなども大量に並べられていました。好きな人は何回も足を運んで食べていました。オーツは、あまりカニが好きではないので(カニの足から身を取り出すのが面倒くさいので)食べませんでした。バイキング形式は、こういうところが便利です。
 高級料理が並んでいたわけではありませんが、自分の好きなものを好きなだけ食べられるということで、食事に関しては満足でした。

 こんなことで、中沢ヴィレッジは大いに楽しめるところでした。ホテルに付属する「森のスキー場」も楽しむことができそうに思っていましたが、オーツたちが泊まったのは、季節的に若干早くて、まだリフトが動いていませんでした。
 なお、1泊2食で大人の宿泊料金が 16,750-17,750 円、子供が 8,300 円でした。サービス全体を考慮すると、そんなに高いとは思いませんでした。しかし、9人が2泊すると全体では20万円を越えてしまうわけで、ちょっと重みを感じました。
posted by オーツ at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする