2020年12月01日

漁師のあぶり家@江古田南口で飲む(2回目)

 江古田南口にある「漁師のあぶり家」は、先日も飲みに行った店です。
2020.10.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/478151045.html
 再度行くことにしました。4年生の孫が一人でお留守番をしている時があったので、オーツと妻で連れ出して、食事会と相成りました。18:00 に予約をしておいたら、店側が奥の小上がり席を用意しておいてくれました。靴を脱ぐととても楽な感じです。
 例によって、飲み食いしたものを書いておきましょう。
 オーツが飲んだもの:デカ生ビール 780 円、日本酒・田酒 純米吟醸 2020年新酒生酒(1合)980 円、日本酒・山川光男・2020冬(1合)980 円
 妻が飲んだもの:ゆずソーダ 380 円
 孫が飲んだもの:ジンジャエール 330 円
 食べたもの:お通しの小鉢 300 円×2、縞ホッケ 1,480 円、名物! 刺身大将船盛り 1,480 円、牛スジ味噌煮込み 580 円、(孫)冷しトマトときゅうり 450 円、(孫)本日のラーメン(醤油味)680 円、(妻)本日の汁物(ワカメとネギ)200 円、メヒカリの天ぷら 480 円、(孫)ソフトクリーム(マロン)380 円

 生ビールは、デカ生の他は「小」580 円があるだけで、どちらがいいか考えてみると、200 円の差で相当に量が違うように感じたので、今回は「デカ生」にしました。大きなジョッキで出てきました。
 日本酒は、テーブルのところで店員が1升瓶から1合の容器に移してくれます。ギリギリまで入れてくれるので、サービスがよいということでしょう。
 縞ホッケは大きかったです。1匹分です。そばに大根おろしがたっぷり乗っていました。大根おろしが多いというのもサービスととらえるべきでしょう。これくらい多いのがオーツの好みです。縞ホッケは温かくておいしいと思いましたが、3人で食べても時間がかかり、結果的に冷めてしまいました。冷めてもそれなりにおいしいと思いますが、やはりそこは温かい方がいいですね。大きな魚を食べるときは、さっさと食べるようにしなければなりません。でもそれがむずかしいのです。
 刺身大将船盛りは、テーブルの上にドンと乗る感じでした。見栄えがいいです。9種類のネタが2切れずつ乗っていました。その場で店員が何の刺身か、説明してくれました。ブリ、クロムツ、サーモン、甘エビ、赤サバ、タコ、ホタテ、イワシ、サワラでした。サーモンは孫が食べ、甘エビは妻が食べました。他は、みんなで適宜好みのものを食べました。オーツが一番食べたでしょうか。味は普通だと思いました。
 刺身には、ワサビとショウガがたっぷりついてきました。これもオーツの好みです。わさびを多めにつけながら食べました。
 メヒカリの天ぷらは、揚げたてのアツアツでおいしいです。温かい天つゆが付いてきました。今回、一番おいしかったでしょうか。出てきてすぐに食べたからよかったのかもしれません。
 孫はいろいろなものを食べていました。とはいえ、まだ少し好き嫌いがあるようで、メニューを見ながら、食べるものを選ぶときに、結果的に好みが偏るような気がします。まあ、中学生くらいになれば何でも食べられるようになるでしょう。
 こんなことで、会計すると合計 9,780 円になりました。お店が明細付きのレシートをくれました。会計時刻は 19:35 となっていました。約100分でしたが、たっぷり飲み食いしたような気分になりました。

江古田 漁師のあぶり家居酒屋 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:44| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

カラープリンタの購入と接続

 オーツは、カラープリンタが快適であることを知り、
2020.11.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/478729152.html
自宅でも購入しようと思いました。結果的に購入したのは NEC Color MultiWriter PR-L5800C という機種です。
https://jpn.nec.com/printer/laser/color/5850c/index.html
 ちなみに、5850C と 5800C のちがいは、印刷速度だけのようです。上記の URL を見ると、他は全部同じです。
 オーツは、このページで「希望小売価格 84,800円 (税別)」と書いてあることに驚きました。「※ 価格は弊社の希望小売価格(税別)であり、法人のお客様への販売を対象に価格を表示しております。」と注記があるので、個人向けよりは若干高く表示されていることはわかりますが、それにしても……。オーツは kakaku.com で最安値 22,570 円(送料無料)を確認して、イートレンドから購入しました。個人で買う場合と法人で買う場合とで、相当に価格が異なるようです。
 プリンタ 5800C は、重さが 24kg もあり、ずっしりと重いものです。ファイルキャビネットの上に設置しましたが、妻と二人がかりで持ち上げました。
 このプリンタは無線LANのアダプタが付属しており、これで接続するのが標準のようです。無線LAN接続ということは、自宅内のどこにでもプリンタが置けることになるので、これは便利です。ケーブルを引き回すこともありません。(100V の電源ケーブルだけは引き回しが必要ですが。)
 プリンタを設置して、電源を入れ、テストプリントを終え、いよいよ無線LANに接続する段階になりました。とはいえ、無線LANへの接続もボタンを押すだけでできてしまいます。今は簡単になっているのですね。しかし、オーツの場合、これがけっこう難問でした。今まで、プリンタの接続はプリンタ専用ケーブルないし USB ケーブルで行ってきていて、無線LAN経由の接続ははじめての経験でした。
 プリンタのマニュアルと、ルーターのマニュアルを見比べながら、接続しました。
 ルーターのマニュアルはネットで調べました。
https://web116.jp/ced/support/version/broadband/rs_500mi/vup/RS-500MI_detail2001.exe
をダウンロードし、解凍したマニュアルを見たわけです。
 すると、「無線機能」の中の「らくらく無線スタート」欄には以下のような記載がありました。
「らくらくスタートボタン」で設定する
1. 無線LAN端末などの「らくらく無線スタート」を起動する
2. 本商品背面の「らくらくスタートボタン」を1秒以上押し、本商品前面の登録ランプが緑点滅したら離す
3. 本商品前面の登録ランプが橙点滅することを確認する
4. 本商品背面の「らくらくスタートボタン」を1秒以上押し、本商品前面の登録ランプが橙点灯したら離す
「らくらく無線スタート」での無線LAN設定が完了し、登録ランプは橙点灯後、緑点灯に変わります。

 この「らくらくスタートボタン」というのがプリンタのマニュアルにおけるボタンに該当します。こういうことがすぐにはわからないのです。
 次に、この通りにプリンタを接続しようとしたのですが、「3. 本商品前面の登録ランプが橙点滅することを確認する」のところで、登録ランプは橙点滅することなく、いきなり橙点灯になりました。その後、しばらくすると緑点灯になりました。ここで困ったのが、この段階でプリンタが無線LANに接続されたのか、それとも接続されていないかということでした。1回目は「接続されていない」と判断し、ルーターの再起動などをやってしまったのですが、パソコンを使っていた妻にしかられてしまいました。妻の方で Zoom 会議が始まるところだったのです。2回目は、深夜、オーツが一人だけ起きている状態で試しました。
 プリンタのマニュアルを読み、プリンタのスイッチで「レポート」を選んで「プリンタ設定リスト」を印字したら、SSID などが正しく設定されていて、ルーターに接続されていることがわかりました。
 次に、パソコンの設定です。「プリンタの追加」のメニューを選んで、何とかパソコンからプリントできるようになりました。
 終わってみれば、大したことなかったのですが、初めての設定はけっこうむずかしいように思いました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

地図のスキャン

 オーツは自宅周辺の朝の散歩に地図を持参しています。それを見ながら歩き、赤ボールペンで歩いた経路を記入していきます。
2020.6.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/475719304.html
地図に示された道を一通り歩き終わったので、また地図をプリントして、2巡目の記入を始めようと思いました。
 その際、使ってきた地図に二つの不満点があることに思い至りました。一つはモノクロだったことです。スキャンした地図画像はカラーでパソコンの中に保存してあるのですが、モノクロプリンタに出すとかなり不鮮明になるともいえます。オーツの自宅にあるカラープリンタは発色がよくありません。
 もう一つの不満は、冊子体の地図のノドを広げながらスキャンしたので、ノドの部分が不鮮明になっていることです。
 これらの二つの不満点を考えて、まず、カラープリンタで地図を印刷しようと考えました。某所でカラープリンタを借用できます。せっかくなので、この際、地図をカラーにしようと思いました。
 もう一つの、ノドの部分の不鮮明さの件ですが、ちょっと古い地図帳(オーツは数年ごとに地図帳を買い換えていますが、古いものも捨てずにとってあることが多いので、古い地図帳があるのです)をカッターで裁断して、スキャンする部分(つまり自宅の位置を含む数ページ)をペラものの形にして、それをスキャンし直しました。これでノドにあたる部分も極めて鮮明に見ることができます。
 二つの不満点を解消した結果として、大変見やすい地図を入手することができました。数枚の紙ですが、これを透明なフォルダに入れて、持ち歩いて参照するのが楽しくなった気分です。不鮮明な地図では不満が募ります。
 さて、オーツはこうしていわゆる「自炊」(ただしごく一部)をしたことになるのですが、やってみると、大変快適であることに気がつきました。
 今は散歩の2巡目ということでカラーの地図を使っていますが、1年くらいで2巡目も一巡してしまうでしょう。3巡目に入るとき、今のスキャン画像を再度利用してもいいのですが、今度は地図がやや古いことが不満に思えてきました。大きなスーパーとか病院とかが移転したり新設されたりしても、古い地図を利用しているとそういう新しい情報が反映されません。ということは、最新版の地図を自炊すればいいのですが、オーツは、新しい地図帳を購入してカッターで切り裂くことが、なんとなくもったいない気がして、する気になれませんでした。しかし、考えてみると、最新版の地図の自炊も有力な選択肢のように思えてきました。
 1冊の地図帳ですが、やはり一番よく参照するのは自宅周辺です。であれば、自宅周辺だけスキャンしてしまえば、パソコンの中で地図を見るときに便利です。それ以外の数百ページ分は冊子体のままで地図帳を残しておけば、普通に参照できます。
 スキャンした地図は、Google や Mapion などの電子地図とは違った良さがあると思います。
 カッターで切り取った数ページはどうしましょうか。元の地図帳の挟まっていた部分に糊で貼っておきましょうか。その部分は使いにくいでしょうが、どうせ画像がパソコン内にあれば、普段はパソコン内を見ることで間に合ってしまいそうです。糊で貼ってあって、使い勝手が多少悪くても、それは許せる範囲かもしれません。
 もしかして、どうにも使い勝手が悪くてしかたがないならば、その時点で地図帳をもう1冊買う手があるかもしれません。2,300 円+税=2,530 円で買えるわけですから、そんなに高いわけではありません。
 というわけで、スキャン→プリント という処理を経験することによって、自炊がとても現実的な手段のように思えてきました。
 何でもパソコンに入れて持ち運びできるようになる時代がやってきたわけです。オーツが気付くのが遅かっただけです。
posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

NERIMA OYSTER BAR@桜台北口で特別ランチコースを食べる

 オーツは、桜台駅の北口にある NERIMA OYSTER BAR で妻とランチを食べることにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13179325/
https://tokyofoody.com/
https://www.hotpepper.jp/strJ001178622/
 自宅からは自転車で行き、桜台の駅の下にある駐輪場に自転車を止めました。ここは2時間まで無料です。
 11:30 に店に入りました。
 今回は、事前に特別ランチコース 2,500 円×2を注文しておきました。
https://www.hotpepper.jp/strJ001178622/course_cnod02/
 注文は、メイン料理を4種類から一つ選ぶだけで済んでしまいますが、二人とも、A.牡蠣と練馬野菜のグリルにしました。あとの3種類は、豚肉とチキンとポモドーロでした。せっかくだから牡蠣をメインに食べようと思いました。また、(バゲットでなくて)牡蠣醤油の炊き込みご飯を選びました。
 出てきた料理は、まさに牡蠣づくしコースとでもいうべきものでした。
・前菜3種
 牡蠣(何でしょうか、オイル漬けでしょうか)、生ハム、牡蠣入りポテトサラダの3種が1皿に盛り合わされていました。
・牡蠣ドレッシングの彩りサラダ
・たっぷり野菜の牡蠣スープ
 取っ手付きのカップに入って出てきました。ちょっと熱かったですが、この時期はこれくらいがちょうどいい感じです。しめじや椎茸が香りを引き立てます。カップの底の方に牡蠣が沈んでしまい、食べるには箸かフォークが必須です。
・厳選生牡蠣2ピース
 牡蠣の産地が小さな札に書かれていました。「兵庫県相生」と「兵庫県坂越」(さこし、赤穂市の一部)という2種類でした。それに合わせて、3種類のタレというか調味料が小さな容器で出てきました。生牡蠣は、妻が1個、オーツが3個食べましたので、オーツは3種類の調味料を試してみました。レモンの汁をちょっと多めにしたら、酸っぱくて少しむせました。
・焼牡蠣2ピース
 一つはバジルがかかっていました。もう一つはガーリックチーズがのっていました。ガーリックチーズの方が抜群においしかったです。牡蠣とチーズがこんなによく合うとは思いませんでした。
・選べるメイン料理
 二人とも「A.牡蠣と練馬野菜のグリル」でした。いろいろな野菜が一緒に焼かれていましたが、味噌仕立てになっていました。それぞれの野菜が濃い味がしておいしいと思いました。味噌のおいしさではなく、野菜自体のおいしさだと思います。牡蠣が4個のっていました。ここでもまた牡蠣(!)というわけですが、ここまで食べても牡蠣を食べすぎた感じはなく、ちょうどいい量のように思いました。
 オーツは妻から炊き込みご飯を半分くらい分けてもらって食べました。
・デザート(日替わりパウンドケーキ)
 パウンドケーキは、あまおう(イチゴ)と安納芋(サツマイモ)の2種類があり、どちらも2切れ出てきました。ホイップクリームも2山になっていました。そこで、1切れ食べて、妻と皿を交換して、別のものをもう1切れ食べました。オーツは「あまおう」の甘さがいいと思いました。
・コーヒー/紅茶
 食後には、オーツがアイスコーヒー、妻が紅茶を頼みました。
 オーツは、寒い季節でもアイスコーヒーが飲みたいと思う方です。食後のアイスコーヒーは、さっぱりする感覚です。コーヒーを飲んだ後、氷を口に入れて舌でなめ回していくと、氷が溶けながら、口の中のさまざまな残りカスを洗い流してくれるような気がします。
 こんなわけで、コース料理で牡蠣を堪能しました。店を出ると 13:00 になっていました。1時間半ほどのランチとなりました。
 この店は牡蠣に特化している特徴的なレストランであり、また来てもいいなと思いました。午後に仕事がなければ、ランチにワインなどを頼んだりするのもいいでしょう。オーツたちの隣のテーブルでは3人の女性がワインを飲んでいて、ちょっとうらやましく思いました。

NERIMA OYSTER BARオイスターバー / 桜台駅練馬駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

板橋交通公園@板橋区(2回目)

 オーツは、以前にも板橋交通公園に孫を連れて行ったことがあります。
2020.3.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/474151609.html
 とある日曜日、再度行きました。6歳と2歳の孫を連れて、9:00 の開園と同時に入りました。
 6歳の孫は、さっそく自転車を借りて走り出しました。8ヶ月前は、けっこうよろよろ走る感じでしたが、今は颯爽と走ります。小学生になり、体力なども付いてきた感じがします。同年齢くらいの子供(おそらく小学生:全然知らない子供)が数人遊びに来ていて、そういう子供たちと一緒に遊んでいました。子供はすぐ友達になってしまうのですね。
 朝のうちは公園も空いているので、自転車が乗り放題です。孫は、たくさん走るとともに、片手運転なども試みていました。オーツは写真を撮ったりしていましたが、片手運転ではちょっとバランスを取ることがむずかしいようで、走りながらオレンジ色の円錐形のポールにぶつかって、自転車を倒してしまいました。
 2歳の孫の方は、さすがに自転車に乗れないので、自分でまたがって(足でこいで)走る自動車のおもちゃに乗って遊びました。乗ることもあったものの、自分で押して歩くケースもありました。それでも自分で楽しめれば何でもいいわけです。
 都電やバスにも乗りました。公園内に古い廃車がおいてあるのですが、これが出入り自由になっています。運転席の各種スイッチが動くようになっています。スイッチを動かしても、バスや電車が何か動くわけではないのですが、こどもの感覚としては、スイッチを動かすこと自体が楽しいのでしょう。2歳の孫は、運転席に入り込み、手が届く範囲のすべてのスイッチを押したり引いたりして、けっこう遊んでいました。何回も乗ったり降りたり、あちこちの座席を移動したりもしていました。
 お昼は持参した弁当を食べました。妻が作ったものです。
 午後は、2歳の孫と一緒に砂場やすべり台などの遊具で遊びました。砂場では、持参したバケツで水飲み場から水を汲んで、砂場の中に作った川や山に水をかけて楽しんでいました。自分の靴を相当濡らしていました。オーツは、後をついて歩いているだけでしたが、けっこう疲れました。
 6歳の孫は、遊びに来た近所の男の子と自転車でスピードを競うようなことをしていました。その後は鬼ごっこなどもしていました。
 こんなことで3時ころには切り上げて、妻が二人の孫に近くのコンビニでちょっとしたお菓子を買ってあげました。オーツはそのタイミングに合わせてコインパーキングからクルマを出して、コンビニで合流しました。
 帰りのクルマの中では、2歳の孫が爆睡していました。
 板橋交通公園は無料でありながら十分遊べる使い勝手のいい公園だと思います。
 ところで、板橋交通公園でオーツはちょっと不思議なことに気がつきました。道路に立っている看板ですが、1枚には以下のように書いてありました。

itabasi1.JPG

 もう1枚には以下のようになっていました。

itabasi2.JPG

 両者はずいぶん違っています。特に英語が全然違っています。「Kotsu」では、何が何やらわからないと思われます。オーツの場合、「コツ」といえば、骨か、要領・勘所かくらいしか思い浮かびません。
posted by オーツ at 04:38| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(13回目)

 江古田南口にある「わさび」はオーツがよく利用する居酒屋です。
 前回書いた記事は以下のところにあります。
2020.6.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/475470788.html
 最近、また息子家族との会食でわさびに行きました。
 今回は、会計時に明細を書いたレシートをもらわなかったので、記憶で書いています。実際と金額が少し違うと思います。
 オーツが飲んだものは以下の通りです。生ビール(中)580 円、日本酒・獺祭純米吟醸 1,000 円、サービスの芋焼酎(ロック)2杯。
 生ビール(中)は十分大きいジョッキで出てきました。大 780 円ともなると、どんな大きさになるのでしょうか。今度頼んでみましょうか。
 息子が飲んだものは、ハイボール 430 円、サービスの芋焼酎(ソーダ割り)2杯でした。
 妻が飲んだものはジンジャーエール 300 円、嫁が飲んだものは梅酒(ロック)500 円でした。
 二人の子供はお冷やだけを飲みました。
 小学4年生の孫が(主として)食べたものは、カリッとチーズフライ 520 円、稲庭うどん 580 円、サービスのアイスクリーム2個でした。
 小学2年生の孫が(主として)食べたものは、ポテトフライ 480 円、焼き鳥・ネギ間(塩)2本 400 円でした。
 この他に、二人の孫が1貫ずつ食べるように、いくら 400 円とサーモン 240 円を注文しましたが、4年生のほうは食べたものの、2年生の方は途中で眠り込んでしまって結局食べられませんでした。
 サービスのアイスクリームも、子供用に2個出てきたのですが、眠ってしまった2年生の分も4年生が食べる形になりました。
 この他に、みんなで分け合って食べたものは、焼き鳥・ネギ間(塩)2本 400 円、ブリカマ塩焼き 850 円、刺身盛合せ3名様 2,980 円、上寿司 1,500 円×2、ガーリックピザ 680 円、季節のサラダ 680 円、タコ唐揚げ 450 円でした。
 他に、お通し(厚揚げとさつま揚げの煮物)300 円×4が出てきました。大人の分ですが、嫁の分は2年生の子どもが食べることになりました。
 今回、オーツが食べておいしいと思ったのは、刺身と寿司です。刺身は氷が入った容器に盛り付けられて出されましたが、中とろも入っており、一口食べたら、おいしさがズーンと響いてきました。また、寿司は2人前を注文したのですが、それをみんなで分けて食べたので、どれがどれというところまでは覚えていませんが、何貫か食べたところ、実においしく、これだったらそこら辺の寿司屋にも負けないと思われます。
 寿司屋だと、居酒屋と違ってメニューが限られてくるわけですが、居酒屋ならば魚介類以外にもさまざまな料理に対応してくれます。となると、おいしい寿司を出す「わさび」のような店があれば、寿司屋は要らないということになりそうです。(オーツがよく行く某寿司屋のことを想定しています。)
 以上の合計は 15,670 円で、消費税が上乗せされると 17,237 円になるはずです。
 実際は、17,140 請求されました。計算がちょっと合わないけれど、ま、いいことにしましょうか。オーツのメモ(の金額)が間違っているのだろうと思います。
 食事会は、18:00-20:00 でした。帰りがけには眠り込んだ2年生の孫を起こして、自転車を運転させながら息子家族4人で帰りました。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 05:20| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

パーカーがクルマの中から出てきた

 あるとき、息子家族をクルマに乗せて外出したときの話です。
 オーツが帰宅してまもなく、嫁から連絡があり、小学生の孫のパーカー(上着)をクルマの中に置き忘れたのではないかということでした。
 オーツはさっそくクルマの中を調べてみました。クルマが駐車場にとまっている状態では、クルマの左側のドアの開け閉めができないのですが、右側のドアを開けて、そこから見わたすだけでも十分車内が確認できるので、パーカーがあればわかるはずです。座席の上、下(つまり床)など一通り見て、パーカーなんてどこにもないので、その旨の返事をしました。
 それから数日後、孫を送ったりしてクルマで息子家族のところに行ったときのことです。
 孫を降ろして、ふと見ると3列目シートの左側のジュニアシートが置いてある席のところで、ジュニアシートとその左側にある壁との間のスキマにギュッと押し込まれた形のパーカーを見つけました。ジュニアシートの色と似た色だったので、気がつかなかったのかもしれません。
 こうして無事にパーカーを発見できたのですが、狭い車内でも、行方不明が発生するものなのですね。とても不思議な気分になりました。
 クルマの中で忘れ物がないか、全部をくまなく探すためには、クルマの左右のドアから見る必要があるということなのかもしれません。一方だけだと死角が生じてしまうようです。
posted by オーツ at 04:11| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

カフェ・トラヴェルサ 東長崎店でランチ

 オーツは、東長崎の北口にあるパスタの店「カフェ・トラヴェルサ」でランチを食べることにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13225203/
https://cafe-traversa.owst.jp/
 この店に行くことにしたのは Go To Eat キャンペーンの対象になっていたからです。つまり、ランチを食べると実質的に 500 円割引になるようなものですから、安く食べられることになります。
 オーツは 11:00 の開店と同時に店に入りました。メニューでは、「お得なトラヴェルサのカジュアルセット」というのがありました。
https://tabelog.com/imgview/original?id=r63742136362597
 その中から「いかとほうれん草の和風明太子パスタ」1,000 円を注文しました。ドリンク付きとのことなので、アイスコーヒーをお願いしました。
 店員がすぐに野菜サラダを持ってきてくれました。冷蔵庫で冷やしてあったのでしょう。冷たくて新鮮さが感じられました。けっこうな量があるように見えましたが、サニーレタス主体ですから、実際はそんなに量が多いわけではありません。
 サラダを食べ終わってちょっと待っていたら、パスタが出てきました。
 見た目でイカとほうれん草がたっぷりのっていました。イカがゴロゴロと入っているのはインパクトがあります。明太子が小さな粒状になっていて、スパゲッティにまぶしてある感じです。スパゲッティはやや細めで、オーツはおいしいと思いました。茹でたてスパゲッティは温かくて、香りもいいですね。量もしっかりあって、1食分としては十分です。
 パスタとタイミングを合わせて、アイスコーヒーも出てきました。
 全体にけっこうでした。
 レジで支払いをしました。1,100 円でした。なるほど、外税なのですね。それは気がつきませんでした。1,000 円かと思っていて、1,100 円を請求されると、ちょっと高い感じになります。はじめから 1,100 円と書いてあれば、そんなに気になるほどのことではないと思うのですが。
 オーツは、11:30 には店を出ました。30分ほどのランチでした。
 さて、再訪はあるか。オーツの感覚としては、1,100 円のパスタはちょっと高いかなあと感じます。Go To Eat キャンペーンが適用されるので、食べに行きましたが、それがなくなったあと再度行くかと考えてみると、かなり否定的に思えます。他のジャンルで、もっと安くておいしいものがあるように思うからです。これはパスタ類をさほど食べないオーツの感覚です。

トラヴェルサ 東長崎店カフェ / 東長崎駅落合南長崎駅千川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

2歳の孫はシャケが大好き

 2歳の孫は、未熟児として産まれたこともあって、身体が小さく、発達が遅いような気がしています。
 最近、妻が保育園に迎えに行って、オーツの自宅で夕食を食べさせる機会が何回かありました。
 2歳ともなると、いろいろ話せるようになってきて、自分の意思を示します。おもしろいしかわいいものです。
 大人が食べ物を口に運んであげても、「ダメ」とか「いらない」とか言ったりします。場合によっては、口を開けて、まだ先ほど口に入れたものが(飲み込めずに)残っていることをアピールしたりします。これは、今は食べないけれど、そのうち食べるという意味です。
 先日は、焼いたシャケをくずしながら食べさせていました。自分でスプーンやエジソン箸を持って、自分の口まで運んだりします。全部食べ終わったら「もっと」と言って、空の小皿を持ち上げて、お代わりを要求しました。珍しいこともあるものだと思い、妻が食べようとしていた分も孫にあげてみました。これも全部食べて、また「もっと」と言います。台所のオーブンに残っていた分を妻が持ってきて、食べさせました。
 2歳ながら、シャケが大好きなのですね。知りませんでした。まあ、何でも好きなものをたくさん食べさせましょう。どんどん食べて大きくなってほしいものです。
ラベル:シャケ
posted by オーツ at 04:06| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

吉野家 江古田南口店で孫と夕方の会食

 オーツが吉野家に行くときはたいていランチタイムであり、一人で行きます。夕方に行くことはほとんどありません。数十年前は覚えていませんが、……。
 最近、妻が小学校4年生の孫を誘って吉野家に行こうと言い出しました。孫はちょうど一人で自宅でお留守番をしているときだということがわかったためです。オーツは、吉野家に行くよりも、自宅でテレビを見ながら酒を飲むほうがいいかと思い、「二人で行ってくればいい」という返事をしました。
 その後、「吉呑み」という言い方があることを思い出しました。
https://www.yoshinoya.com/service/yoshinomi/
吉野家でも酒が飲めるならば、二人に同行してちょっと飲んでもいいかなあと思い直しました。
 吉野家のメニューを事前にネットで調べてみました。オーツが注文するなら、以下のようなものかなと思いました。
  牛すき鍋(単品)https://www.yoshinoya.com/menu/gyusuki/gyusuki-nabe/
  ポテトサラダ https://www.yoshinoya.com/menu/sidemenu/
  生ビール(ジョッキ)と冷酒 https://www.yoshinoya.com/menu/yoshinomi/

 さて、当日、オーツが先に着いたので、店内に入り、自分の分を注文しました。ポテトサラダには和風ドレッシングを付けてもらいましたが、すぐに出てきました。生ビールもすぐです。さすがに吉野家です。出てくるのが早くて満足です。オーツはポテトサラダをあてにして生ビールを飲んでいました。それからまもなく、牛すき鍋が出てきました。そのころ、妻と孫が到着し、メニューを見ながら何を食べるか、相談を始めました。
 この日に飲み食いしたものをレシートを参照して書いておきましょう。
 オーツ:生ビール(ジョッキ)352 円×2、冷用酒(日本酒1合)315 円、牛すき鍋・並(単品)548 円、ポテトサラダ 138 円
 妻:牛すき鍋膳・並 648 円
 孫:牛丼・並 352 円、豚汁 188 円
 合計金額 2,893 円に10%の消費税が加わって、3,182 円になりました。
 牛すき鍋膳(牛すき鍋にご飯と漬物が加わったもの)を食べた妻の感想では、自宅でこういうものを用意したら、手間がかかって大変だけれども、ここでこの金額で食べられたら安いものだとのことです。確かにそうです。
 孫がうどんが好きだというので、オーツと妻は牛すき鍋からうどんを取り出して孫に分けてあげました。妻は豆腐も同様にしていました。孫は、牛丼をちょっと残しましたが、ほぼ完食しました。豚汁はあまり好みではないようでした。オーツが大好きなので、すすめたのですが、……。
 オーツはビールと日本酒でほろ酔い気分になりました。日本酒の小瓶には「吉野家」と大きく書いてありました。オリジナルブランドというわけです。この日本酒、安い割にはおいしく飲めました。居酒屋ではないから酒の種類は限定的ですが、これくらい飲めれば十分なのではないでしょうか。
 牛すき鍋は量的にも質的にも金額的にも満足しました。今まで牛すき鍋は昼に食べていました。
2015.11.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/430419380.html
しかし、夕方(アルコール類と一緒に)食べてもなかなかいけます。
 ふと店内を見渡すと、我々以外はすべて男性の客ばかりでした。思い返すと、吉野家で女性客はあまり見かけませんが、なぜなんでしょう。普通の飲食店として使っても特に問題はないと思うのですが。
 レシートには 19:09 と印字されています。入店したのは 18:10 くらいだったでしょうか。1時間ほどの会食となりました。
 3人で話ができたこともよかったです。4年生ともなると、話す内容も大人びてきて、確かな成長が感じられました。
 またこういう機会を持ちたいものです。

 ちなみに、ネットで調べると、「吉呑み」は、それ用のメニューがあり、お店の外に「吉呑み」の提灯が出ていたりするもののようです。オーツは、吉野家の普通のメニューで飲み食いしただけで、厳密に言えば「吉呑み」には該当しないようです。
https://weekly.ascii.jp/elem/000/001/825/1825251/
https://biz-journal.jp/2016/03/post_14162.html
https://arnon.jp/yoshinomi-choi

吉野家 江古田南口店牛丼 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする