2017年11月22日

スパイス コテージ@桜上水北口で野菜カレーを食べる

 桜上水北口にある「スパイス コテージ」は、SAKURA ASIAN DINING のあとに9月22日にオープンした店です。「インド ネパール アジア料理」をうたっています。
 SAKURA ASIAN DINING には2回ほどカレーを食べにいったことがありました。
2015.11.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/429947325.html
2015.7.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/422812256.html
その後、オーツは足が遠のきました。
 先日、オーツがこの近くのメインストリートを歩いていたときに、お店の人がメインストリートまで出てきて、宣伝をしていました。オーツがカレーの辛さの調整ができるか尋ねたところ、できるという答えだったので、行く気になりました。何といってもカレーは辛くないとカレーにならないですからね。
 その後、実際に行って食べてみました。
 メニューの中から野菜カレーセット 750 円を注文しました。カレーと「ナンかライス」(オーツはナンにしました)に加えて、ソフトドリンク(オーツはいつもラッシーに決めています)とサラダがつきます。
 注文すると、辛さのことが聞かれなかったので、「辛さは調整できないのですか」と聞くと、お店の人はテーブルの上にある辛味調味料を指さして、それを適宜混ぜて食べるようにという話でした。
 先にラッシーが出てきました。かなりどろっとしています。
 さらに待っていると、カレーとナンとサラダがのった金属製のお盆が出てきました。
 野菜カレーはルーよりもゴロゴロ入った野菜が目立つような感じでした。野菜たっぷりなのはうれしい話です。
 辛味調味料は付属の小さなスプーンで入れるようになっています。適宜カレーのルーの中に入れて、少し自分用のスプーンですくって食べてみると、あまり辛くありません。辛味調味料をスプーン3杯ほど入れて、カレーのルーと混ぜ合わせて食べました。まあ、辛いといえば辛いですが、さほどでもありません。
 小瓶の半分くらいオーツが1回で入れてしまったのですが、それでも、辛さという点ではイマイチのように感じました。
 というわけで、オーツの好みの味にはなりませんでした。オーツの場合、カレーを食べるならまず辛さが必要で、その中にうまさがあるような味が好きです。この店の味は、残念ながらオーツの好みとは違います。オーツは再訪しないでしょう。
 この店では、ナン・ライスが2回までおかわり無料ということだったので、オーツはナンを2枚食べました。満腹になりました。
 オーツがこの店に入ったのは 11:20 ころでした。会計を済ませて出たのは 11:55 でした。その間に、客は一人も来ませんでした。ということで、このままだと危ないのではないかと感じました。この店は、人通りの多い桜上水のメインストリートから横道に入ったところにあるので、かなり入りにくいですし、この場所のインドカレーの店は「出ては撤退」を繰り返しているのです。注意して見守っていきたいものです。

 それにしても、オープンから2ヶ月経っても食べログに登録されていないってことは、……。
posted by オーツ at 04:59| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

食べたいものを食べる

 オーツは、どんなものを食べるかということに悩んでいた時期もありましたが、あるときから、そんなことを気にしてもしかたがないというふうに、考え方を変えました。端的に言えば、自分の食べたいものを食べたいだけ食べればいいと考えるようになったのです。
 オーツ自身のことを考えても、昔は、野菜をあまり食べなかったように思いますが、その後、野菜がおいしいと思うようになりました。
 肉は、若いころからけっこう好きで、食べてきましたが、年齢が高くなってくると、そんなにおいしいと思わなくなってきました。それよりは魚がおいしいと思います。
 ときおり、「栄養のバランスが大事だ」という意見を目にすることがあります。いろいろな種類の食材を食べようという趣旨でしょうが、オーツは、そんなことを気にしなくてもいいのではないかと考えています。
 こんなふうに考えるようになったのは、歳をとってだんだん好みが変わってくることを経験したことがきっかけでした。食べたいと思うものが変わってくるのです。
 あるとき、管理栄養士の人と話をしたときにも感じました。その人は、いろいろ分類した表を示しながら、毎日それぞれの食材を食べるようにオーツに言いました。オーツは、そんなのはおかしいと思い、自分の好きなものを好きなだけ食べるのが自然であって、あれも食べなければ、これは少なくしなければなどと考えながら食べるのはおかしいと主張しました。
 とはいえ、肉ばかり食べるとか、そういうことではないのです。
 ふと気がつくと、wikipedia に「ネズミのカフェテリア実験」という項目がありました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2#.E3.83.8D.E3.82.BA.E3.83.9F.E3.81.AE.E3.82.AB.E3.83.95.E3.82.A7.E3.83.86.E3.83.AA.E3.82.A2.E5.AE.9F.E9.A8.93
 C.P. リヒターらは、ラットを対象にし、さまざまな栄養素を持つ食物・飲料を別々の容器に入れ、自由に食べることを許した状態(カフェテリア状態)でのラットの行動を見る実験。毎日のラットのそれぞれの摂取量を記録し、摂取量の偏りを見た。結果、ラットは長期的に見ると栄養に偏りなく食物を選んでいることが明らかになった。さらに、ある一定の栄養素を採らせないようにしておいた(特殊飢餓状態の)ラットに対して同様にカフェテリア実験を行うと、そのラットは今まで摂取していなかった栄養素を含む食べ物を多く摂取するという結果が得られた。 同様の実験を離乳期の子どもにも行ったところ(食べ物は卵や肉、果物、シリアルなど)、短期的には同様に摂取量にばらつきが見られたが、数ヶ月間隔でみるとやはり栄養のバランスは取れており、発育も正常であった。
 以上のことは、特殊飢餓の証明であるということと同時に、生理的欲求の結果である食行動に対してもホメオスタシスがはたらいているという証拠となっている。

 何と見事な話です。ネズミでもこんなことがあるわけですから、我々人間でも同じでしょう。もしも偏ったものを食べ続けていれば、あるとき、そうでないものが食べたくなるものです。
 つまり、偏食は気にせず、自然に任せておいてもいいだろうということです。
posted by オーツ at 03:28| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

居酒屋 八戸丸@江古田南口でランチに煮魚定食を食べる

 江古田駅南口の近くにある居酒屋 八戸丸は、11月6日にできたばかりの居酒屋です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13215171/
http://s-nerima.jp/wp/113070
https://www.hotpepper.jp/strJ001184410/
https://ekodasanpo.com/teishoku/2407/
https://ekodasanpo.com/washoku/2442/
 魚がおいしいという話だったので、オーツは気になっていました。
 11月15日までランチが開店セールで100円引きだというので、行ってみました。ランチは、土日祝日はやっておらず、11:30 開店です。
 ランチメニュー
https://www.flickr.com/photos/s-nerima/37500744484/in/dateposted-public/
では、丼類が5種類、定食類が3種類ありますが、オーツは定食類が好きですので、刺身定食 800 円、焼き魚定食 750 円、煮魚定食 750 円のどれにしようかと悩みました。魚のおいしさが一番味わえると思うのは、刺身ですので、これにしようかと思ったのですが、店員さんが「今日の煮魚定食はブリ大根です」というので、心が動き、結局、煮魚定食にしました。焼き魚の説明もありましたが、内容を忘れました。
 注文して待つことしばし。煮魚定食が出てきました。大きめのお皿にのったブリ大根の他に、ご飯と味噌汁、漬物、サラダが付いていました。ご飯と味噌汁はお替わり自由だという話です。
 ブリ大根は、食べてみるととてもいい味でした。元々のブリがおいしいのに加えて、煮汁の味付けがちょうどぴったりで、大根に十分しみていて、行けると思いました。
 ご飯は少な目でしたが、お替わりして食べたので、満足しました。
 そういえば、ブリ大根もやや小ぶりでしたかね。まあ、高年齢の領域に入ったオーツとしてはちょうどいいくらいですが、若い学生さんなどはちょっと物足りないと感じるかもしれません。
 でも、この味と値段を考えたら、再訪ありです。
 江古田では、煮魚や焼き魚が食べられる店が少ないので、ちょうどぴったりの店です。ただし、近くに江古田の伝統の店「お志ど里」があります。お志ど里のランチでは、あら煮定食 790 円、さば味噌定食 790 円あたりがまさに八戸丸と競合します。さあ、どうなるでしょうか。
 オーツが行ったのは、平日の 11:45 くらいでしたが、一番乗りでした。650 円と書かれたレシートによると、12:13 に店を出ています。その間、客は誰もきませんでした。店員さん二人がちょっと手持ち無沙汰にしていました。こんなおいしい店なのに、いったいどうしたわけでしょう。江古田は若い人が多いから、魚中心メニューはあまり受け入れられないのでしょうか。
 オーツとしては、応援のエールを送りたい気分です。

八戸丸居酒屋 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:02| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

冬物のスーツを着ようとして

 だいぶ涼しくなってきたので、オーツは、夏物のスーツに代えて冬物を着ようと思いました。
 だいぶ前に、自宅内のクローゼットの一角にしまっておいた冬物のスーツを5着ほど机のそばのロッカーの中に移動しておきました。それらは、クリーニング屋から返ってきたものなので、透明のビニール袋がかかっていました。
 ある朝、その中の1着を取り出して、着ようとすると、夏物であることに気が付きました。何ということでしょう。冬物と勘違いしていたのでした。ということは、今年の夏は着なかったのですから、丸々1年以上着ないままになっていたわけです。
 しかたがないので、ビニール袋を掛けて、クローゼットの中に戻しておきました。来年の5月くらいに引っ張り出してくればよさそうです。
 で、次の1着を着ようとすると、それも夏物でした。いやはや、いやはや。
 3度目の正直ということで、もう1着出してみると、それは冬物だったので、それをきて仕事に出かけました。
 それにしても、冬物の間に2着も夏物が挟まっていたなんて、どういうことでしょうか。
 なんだか自分が信じられないような気がしてきました。
 クリーニングから返ってきたときに、夏物と冬物で分けて、色分けしてテープを貼るなり、メモを書いてセロテープで貼るなり何なり、工夫しないと、また同じ間違いをしそうです。
 オーツの場合、以前はこういう間違いをしなかったように思うのですが、認知能力が劣化してきているのでしょうか。
 皆さん、どういう工夫をしているのでしょうか。
ラベル:冬物 夏物 スーツ
posted by オーツ at 02:20| Comment(2) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

Hot Pot Kitchen@江古田北口で夕食

 江古田の北口にある Hot Pot Kitchen は、以前にも行ったことのある店です。
2013.1.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/311060527.html
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13143723/
 久しぶりに、ここで孫たちと一緒に夕食を食べることにしました。
 妻も含めて、4人で行きました。
 注文したのは、スパゲッティ(カルボナーラ)780 円×2、石焼きビビンバ 800 円、エビとキノコのアヒージョ 580 円、ホットポットサラダ 780 円、ハンバーグと唐揚げ 900 円、生ビール 550 円×2でした。
 途中で息子も加わりました。(ただし、体調が優れず、まったく飲みませんでしたが。)
 この店は、以前は、焼肉が中心だったと思いますが、今は普通の食堂風になっています。まあメニューには焼肉もありますが。
 注文したものはみんなで分けて食べました。カルボナーラが2人前なのは、孫の二人が競い合って、同じものを食べたいと主張するので、結局同じものを2人前注文したのでした。違う種類のスパゲッティにして食べるほうが2種類食べられていいのに、そのあたりの配慮は4歳ではまだできないということでしょう。大人の2人前ですので、子どもでは当然食べきれず、オーツと妻と息子がかなり食べました。味はよかったと思います。
 サラダは、すごく大きな四角い皿にのって出てきました。これが 780 円というのは信じがたいです。新鮮でよかったです。
 ハンバーグと唐揚げは1人前を2人の孫が分け合って食べました。オーツもちょっと味見させてもらいましたが、なかなかいい味を出していました。ハンバーグがおいしい店というのはちゃんとした店だと思います。
 一方、石焼きビビンバは、イマイチのように思いました。全部の具をグチャグチャに混ぜて食べましたが、最終的な味のバランスとして、オーツの舌には合わなかったということです。合わせてスープも出てきましたが、オーツは味わっていません。
 エビとキノコのアヒージョは、小さな鍋に入って出されました。油の中で具材がジュージューと揚がっている形で出されました。これは小さな孫たちが食べると危ないので、オーツと妻がもっぱら食べました。アヒージョと一緒にバゲット(固いパン)が4枚出てきました。オリーブ油につけて食べるものでしょうが、孫たちがそのままカリカリと食べてしまいました。
 そんなことで、会計すると、外税で 6,177 円となりました。アルコールをあまり飲まなかったとはいえ、大人3人とこども2人の食事としては安上がりなものになりました。

ホットポットキッチンダイニングバー / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:52| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

保育園の閉園時刻

 オーツの孫の一人が保育園に通っています。
 先日、息子に話を聞いたところ、保育園には 19:30 までにお迎えに行けばよいとのこと。今どきの保育園はずいぶん遅くまで開園しているのだなあと思いました。
 オーツが子育てをしていた30年以上前は、保育園といっても、閉園時刻は 18:00 くらいが普通でした。17:00 までが親の勤務時間、通勤時間を1時間加えて 18:00 といった感じでしょうか。
 実際には、親の仕事の終わりの時間が不定期で、なかなか 18:00 に保育園に着くのがむずかしかったのでした。そのため、近所の人に保育園にお迎えに行って(食事を食べさせて)もらうようなことも多かったのですが、保育園が 19:30 までであれば、たいていの人は間に合いそうです。
 しかし、ちょっと気になることがあります。19:30 に保育園に迎えに行くとなると、その後で夕食を食べることになり、急いで準備しても 20:00-20:30 くらいの食事時間になるでしょう。だいぶ遅い夕食時間ですが、それまでに子供がおなかを空かせたりすることはないのでしょうか。
 オーツがその昔 18:00 に保育園に迎えに行っていたときも、子供がおなかを空かせることが多く、しばしば、保育園の近くの焼き鳥屋で焼き鳥を1本買って食べさせたりしました。何かおなかに入れないと子供がぐずるわけです。
 食事の時間が後ろにずれると、その分、何でも後ろにずれますから、夕食後に後片付けをして、子供を風呂に入れたりすると、子供を 21:00 に寝かしつけるのはなかなかむずかしいでしょう。22:00 くらいになるかもしれません。一方、朝は、朝食を食べて保育園に送っていくことを考えると、遅くとも 7:00 には子供を起こさないといけないでしょうから、子供の睡眠時間が短くなるという問題が生じてきます。
 また、急いで子供を寝かせるようなことにすると、夕食を食べてから就寝までにあまり時間がないということになり、食べたものの消化・吸収のことを考えると、これも身体によくないように思われます。
 保育園で夕食まで食べさせてもらえるといいのかもしれませんが、夕食時間帯でみんなが食事をしているときに親がバラバラに迎えに来るようなことになると、それはそれで食事が不規則になり、子供たちとしてはしっかり食べにくいということになります。
 結局、保育園の閉園時刻を遅らせるだけでは、子供の生活に影響が出てしまうことになりそうです。
 子供の生活パターンはさまざまですから、一律に 18:00 閉園がいいとは言えませんが、遅いパターンであれば、それなりに各家庭で何らかの工夫が必要になるだろうと思いました。
 共働きの場合は、そういう大変な時期を乗り越えて、なんとか生活が続けられるのでしょうが、……。
ラベル:保育園 閉園 夕食
posted by オーツ at 03:16| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

ターバンカレー@金沢市でチキンカツカレーを食べる

 オーツは、用事があって金沢市に出かけました。
 お昼時になって、ランチを食べに行ったのが「ターバンカレー」という店でした。
http://www.turbancurry.com/
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17001277/
石川県、富山県、長野県、京都府に店舗を展開するチェーン店だそうです。金沢市の店が本店のようです。
 カウンターが中心の店です。テーブル席もありますが、狭いテーブルです。
 カウンターの向こう側の壁に大きなメニュー表が貼ってありました。
 オーツは、チキンカツカレー(中)730 円と野菜サラダ 100 円を注文しました。「中」とはご飯の量で(ルーの量も並行して変わるのでしょうか)、特大、大、中、小の4種類がありました。それぞれで値段が違います。
 待つことしばし。
 最初に野菜サラダが出てきました。食べてみると新鮮さを感じました。おいしいと思います。
 サラダを食べながら待っていると、けっこう黒い色のカレーが出てきました。
 カレールーの上にのっているチキンカツはおいしくいただきました。カレーも一般的な観点ではおいしいと思います。ところが、オーツは CoCo 壱番屋をはじめとして、どこでも辛口のカレーを食べています。その結果、あまり辛くないカレーを食べると、おいしいと感じなくなっているようです。この店のカレーも、普通においしく食べられるのですが、どうもパンチが効いておらず(当然ですが)、オーツ的には満足できない感じになってしまいました。
 辛口のカレーを食べ続けると、こんな副作用が出てくるのですね。
 辛口でないと満足できないとなると、ターバンカレーのように辛さが調整できないカレー屋さんは、オーツにとっては食べない方がいいということになります。そのあたりを理解したカレーの日になりました。
 ちなみに、この店のスプーンは昔の学校給食で使っていた先割れスプーンでした。チキンカツを突き刺して食べる人がいるのでしょうかね。これについては、オーツの感覚とのギャップを感じました。
http://www.turbancurry.com/kanazawacarry.html
によると、「金沢カレー」は、
・ルーは黒色濃厚でドロッとしている。
・ステンレスの皿に盛られている。
・フォークまたは先割れスプーンで食べる。
・付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
・ルーの上にロースカツを載せ、ソースがかかっている。

と「定義」されているようなので、金沢では広く先割れスプーンが使われているようです。

ターバンカレー 本店カレーライス / 野町駅北鉄金沢駅金沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:50| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ファミリーコンピュータミニ

 あるとき、息子がオーツの自宅にファミリーコンピュータミニを持ってきました。
https://www.nintendo.co.jp/clv/index.html
https://topics.nintendo.co.jp/c/article/d2923b54-8552-11e6-9b38-063b7ac45a6d.html
正式には、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」と呼ばれるようです。
 孫が来たときにテレビゲームで遊ばせようという目論見です。
 30年以上前、息子たちが夢中になって遊んでいた「ファミコン」です。
 今は、テレビがデジタル化していますので、接続ケーブルは当時の赤・白・黄の3色コードではなく、HDMI ケーブルです。
 ただし、画像は当時のものですので、鮮明さはなく、今のデジタルテレビで見ると画像のギザギザが目立ちます。しかし、これをいじり出すとゲームのあちこちを変えることになりそうなので、コスト的に無理なのでしょう。
 カセットはなく、内臓メモリの中に30本のゲームが収録されているということです。この30年でメモリは劇的に安くなり、豊富に使えるようになりましたからねえ。
 孫たち(小学校1年生と4歳の幼稚園児)が来たときに、やらせてみると、なんやかやと言いながら遊び始めました。取扱説明書などはまったく見ないままで(いやそもそもそういうものがあるのかどうかも知りませんが)、適当なボタンを押すと画面の中のキャラクタが動くので、それを経験しながら学んでいくというわけです。
 孫たちは、けっこう夢中になって遊んでいました。こういうものが好きになる時期があるのでしょうねえ。
 オーツは、まったくやったことがないので、ファミコンでは一緒に遊べません。
 息子は、昔取った杵柄で、30年前を思い出しながらコントローラを操作していました。結構うまいものです。
 こうして、ファミコンが日本の文化の中に定着していたことがわかりました。何と、今や親子で一緒に楽しむものになっているのですねえ。文字通り、ファミリーコンピュータであり、感慨深いものです。
 オーツの自宅の中を探せば、30年前のファミコンが出てくるかもしれません。確か物入れの中にしまっておいたような気がしています。しかし、カセット(カートリッジ)はないでしょうねえ。あるとき、息子が中古品の業者に売ってしまったように思います。そもそも3色ケーブルによる出力はアナログテレビ用ですから、今のテレビに接続できません。
 時代は変わっても、(ハードが変わっても)ゲーム文化は継続しているようです。


posted by オーツ at 04:32| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

居酒屋 未来@桜上水南口で飲む

 桜上水の南口にある「未来」という居酒屋は、最近できた店で、オーツはちょっと寄ってみたいものだと思っていました。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13215176/
 先日、3人で飲みに行きました。
 18:00 に行ったのですが、この時点ではお店はまだすいていました。その後、だんだん客が入り始め、オーツたちが店を出た 20:45 くらいには、満席に近くなっていました。あちこちから話し声が聞こえてきて、賑やかでした。悪い意味で言っているのではなく、活気があってよいと思っています。でも、少しうるさく感じました。酔ってくると声が大きくなりますし、……。
 飲み食いしたものを書いておくべきですが、メモも取らずに飲み食いしていましたので、よく覚えていません。オーツは、生ビールに加えて、日本酒も飲みましたが、銘柄を忘れてしまいました。店の人は、升入りのコップにこぼしながら注いでくれました。2杯飲んだことは覚えています。
 食べたものは、サラダとチーズの唐揚げと、あと何でしたっけ?
 いやはや、飲食店レポートになりません。いいわけがましくいえば、実は、この店は二次会で行ったのであって、その前に別の場所で生ビールと日本酒をすでに飲んでいて、ややできあがった形で「未来」に行ったのでした。いざ、ブログに書こうと思ったら、何にも覚えていません。
 まいりました。
 まあ、そのうちまた行こうと思っています。今度はメモを取りながら飲みましょう。
 会計すると、3人で 7,104 円でした。安いものです。二次会とはいいながら、普通に飲みましたので、満足感だけは残りました。
 このお店は、桜上水の駅の踏切からすぐのところにありますので、帰りはさっと電車に乗れて、とても便利です。
 なお、hotpepper と Yahoo! ロコにも「未来」の記載がありますが、
https://www.hotpepper.jp/strJ001171223/
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-ZcXSvBdDGwM/
11月14日現在、両者とも地図が微妙に違っています。食べログの地図が正しいものです。

居酒屋 未来居酒屋 / 桜上水駅下高井戸駅上北沢駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:37| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

男性のおしっこ事情

 オーツは、朝日新聞でとある記事を目にしました。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13223298.html
2017年11月11日05時00分「男性、おしっこ「座って派」4割 自宅のトイレ、NPO調査」
 元ネタは、NPO法人日本トイレ研究所の調査だということなので、ネットを検索すると、以下のファイル(PDF)を見つけました。
https://www.toilet.or.jp/health/pdf/newsrelease_urine_171110.pdf
調査目的 : 男性のオシッコ事情を把握する。
調査対象 : 20〜69歳の男性
調査地域 : 全国
調査方法 : インターネットリサーチ
調査時期 : 2017年10月23日(月)〜10月24日(火)
有効回答数 : 515サンプル

 全国で 515 人の回答であれば、だいたい日本人の全体像に近い結果が出そうです。
 この調査で、大人の男性のおしっこ事情がわかるというものです。
 中でも、オーツがおもしろいと思ったのがおしっこのしかたです。
【Q6】あなたは自宅のトイレでオシッコをする際、どのようにしますか。最もあてはまるものをひとつお選びください。(SA)

 自分の意思で立ってしている 54.4%
 家族に言われたので立ってしている 1.0%
 自分の意思で座ってしている 35.3%
 家族に言われたので座ってしている 8.3%
 その他 1.0%

 全体で「座ってしている」回答が意外に多いということです。
 実は、オーツも「自分の意思で座ってしている」なのですが、そういう人はかなり少数だと思っていました。ところが、けっこうたくさんいるということです。「家族に言われたので」を含めると、43.7% もの人が座ってしているのです。
 まあ、自宅で小便器と大便器を分けて設置しているところはあまりないと思いますし、大便器だけがあるからこそ座ってする習慣ができるわけです。
 まさに一事が万事なのでした。
 世の中の男性が自宅でこういう行動をしているならば、駅やホール、会社、学校など、たくさんの人が集まる場所の男性用トイレ(公衆便所)の小便器を減らして、個室を多く設けるべきだということになるように思います。オーツは、男性用トイレでは小便器が多すぎる気がしていました。女性用のトイレが順番待ちの長蛇の列なのに、男性用のトイレが空いているようなことは珍しくありません。男性の小便器の場合、一人あたりのスペースが個室よりも圧倒的に少なくて済み、同じスペースであれば小便器のほうがたくさん設けられ、男性は同時に多数の人が用を足すことができるということもあるのでしょう。それにしても、自宅で用を足すスタイルで外でもしたいと思っている人が多いだろうと想像できます。
 これから高齢化がいっそう進んでくれば、外の男性トイレでも座ってしたいと思う人が増えてくるでしょう。
 これからの男性用公衆便所は、個室を増やすべきだということになります。
 何事も、調べてみなければわからないものですね。
posted by オーツ at 04:14| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする