2021年03月06日

ショッピングモールとは

 地方に行くと、巨大なショッピングモールがあちこちにあり、買い物に便利だと思います。しかし、東京ではそういうのが少ないように感じています。
 東京都内のショッピングモールを探してみると、次の記事では16ほどリストアップされています。
https://rtrp.jp/articles/29276/
 しかし、オーツの自宅近くのものは一つも含まれません。

 ショッピングモール(ショッピングセンター)の定義を調べてみると、
http://www.jcsc.or.jp/sc_data/data/definition
以下の通りです。
 ショッピングセンターとは、一つの単位として計画、開発、所有、管理運営される商業・サービス施設の集合体で、駐車場を備えるものをいう。その立地、規模、構成に応じて、選択の多様性、利便性、快適性、娯楽性等を提供するなど、生活者ニーズに応えるコミュニティ施設として都市機能の一翼を担うものである。

SC取扱い基準
SCは、ディベロッパーにより計画、開発されるものであり、次の条件を備えることを必要とする。

1. 小売業の店舗面積は、1,500u 以上であること。
2. キーテナントを除くテナントが10店舗以上含まれていること。
3. キーテナントがある場合、その面積がショッピングセンター面積の80%程度を超えないこと。
但し、その他テナントのうち小売業の店舗面積が1,500u以上である場合には、この限りではない。
4. テナント会(商店会)等があり、広告宣伝、共同催事等の共同活動を行っていること。

 いろいろなテナントが入っていることが条件のようです。
 「キーテナント」というのは、
https://www.cyberlinks-arms.com/term/%E6%A0%B8%E5%BA%97%E8%88%97-%EF%BC%88%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%89/
ここに説明がありますが、「大型商業施設などで集客の中心的役割果たしている店舗。百貨店、量販店、ディスカウント・ストアー、ドラッグストアー、ホームセンター、スーパーマーケットなどの大型店。」のことを指します。
 オーツは、単なる一消費者ですから、「テナント会(商店会)等」があるのかどうかなどはまったくわかりません。ディベロッパーが開発したのかどうかもわかりません。単に外形的に見て、こんなのがショッピングモールだろうというオーツなりの定義というか条件を以下に書きます。

1. 一つ以上のビルの中に、一つ以上のキーテナント(スーパーマーケットなどの大型店)と、たくさんのテナント(専門店)が入っている。
2. 十分な駐車場が備わっており、クルマで行っても大丈夫なようになっている。
(3. 映画館やイベント用のホールなどを備えている。)

 以下、四つに分けて解説します。
 第1に、ビルになっていることです。これで、雨や雪が降っても買物ができるようになります。多様なお店の集合体としての商店街と決定的に違うところです。
 第2に、キーテナントがあることです。キーテナントは、食料品を中心とするスーパーマーケットが普通だと思います。普段の生活で一番買い物の頻度が高いものが食料品ですから、スーパーがないと、単なる商店街になってしまい、便利さが実感できません。ショッピングモールというのは、食料品を買いに行き、ついでに他のものも買うという感覚です。
 第3に、クルマで行けることです。クルマで行くことによって、かさばるものやたくさんのものを買い込んだ場合でも、それらをクルマに積んで一気に自宅まで運べることになります。クルマがないと、自分で運べるものは手持ちできる範囲に限られてしまいます。
 第4に、映画館やホールがあることですが、この条件は、上記で( )に入れておきました。この条件をあまり厳密に適用するのもどうかと思うからです。しかし、郊外型のショッピングモールはたいていこの条件を満たしているように思います。ショッピングモールは娯楽も提供するという性格を有することになります。
posted by オーツ at 05:33| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

サンシャイン水族館@池袋

 池袋のサンシャインシティに行ったとき、13:00-13:15 入場ということでサンシャイン水族館を事前予約をしておきました。
https://sunshinecity.jp/aquarium/
 今は新型コロナの影響で入場人数を制限しているようです。
 通常チケットは、大人 2,400 円、小学生が 1,200 円で、水族館の入場料としては、まあこんなものだろうと思います。
 事前予約でオーツが驚いたことがありました。事前予約とともに、Web チケットということでクレジットカードでの事前支払いができます。オーツが手続きをして、支払いが終わったら、「当日、スマホ画面をお見せください」とか何とかいうメッセージが出たのでした。オーツはスマホのユーザーではないので、そんなことはできません。しかも、「キャンセル・返金・変更はお受けしておりません。」というメッセージも現れたので、これにはあわてました。さっそく水族館に電話すると、実際には、QRコードをプリンタで印刷した紙を持参すればいいとのことでした。ネットでの案内は情報不足だと思います。
 サンシャイン60の地下でランチを食べた後、水族館までエレベータで上がっていきます。
 水族館では、先に2階建ての本館に入りました。いろいろな水生動物が展示されていました。おもしろいと思ったのはクラゲのコーナーでした。筒状の水槽の中に多数のクラゲがふわふわと浮いていて、幻想的でした。
 1階も2階も見て、それから屋外の展示を見に行きました。アシカのトレーニングをやっていました。アシカはけっこう頭がいいようで、さまざまな芸を仕込むことができるようです。また、頭上に円形・回遊型の透明な通路があり、アシカがその中を泳ぐようすも見られます。
 この水族館、ビルの屋上にある水族館の割には、けっこう展示スペースが広く、いろいろ見て回ることができます。
 オーツたちは 15:30 くらいまでいたでしょうか。滞在時間は2時間以上で、かなり疲れました。それでも全部をくわしく見て回ったわけではありません。いくつかスキップした展示がありました。
 水族館にはけっこうたくさんの人が来ていました。池袋の駅から徒歩8分で、交通の便がいいところだと思います。
https://sunshinecity.jp/information/access_train.html
 オーツは、同行する小学生の子供が3人もいるので、クルマで行きました。電車だと子供が迷子になりそうだし、あちこちチョロチョロしたりして精神的に疲れますが、クルマだとドアツードアで行けますから、気分的に楽です。サンシャインビルは地下に 1,800 台収容の駐車場があり、クルマで行くのも便利です。駐車場があまりに広すぎて、自分のクルマをどこに止めたのか、わからなくなりそうです。止めた場所の近くに駐車場の位置番号を書いた紙が置いてあり、それを持参すれば駐車位置がわかるようになっていました。今回は、水族館の他に展望台にも行き、リンガーハットでランチも食べたので、最終的に駐車料金は無料になりました。
posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

リンガーハット 池袋サンシャインアルタ店で長崎ちゃんぽんを食べる

 池袋のサンシャイン60に行ったときに、ビルの地下1階にあるリンガーハットでランチを食べることになりました。
https://sunshinecity.jp/restaurant/restaurant_list/entry-403.html
https://shop.ringerhut.jp/shop/r0667
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13135649/
 オーツが食べたのが「長崎ちゃんぽん薄皮ぎょうざ5個セット」759 円でした。
https://www.ringerhut.jp/menu/#setmenu
 オーツがちゃんぽんを食べたのは久しぶりです。
 江古田では、長崎ちゃんぽん光がオーツの大好きな店でしたが、閉店になってしまいました。
2016.3.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/435304756.html
その後は、長崎亭でちゃんぽんが食べられました。
2017.11.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/454622079.html
しかし、ここも閉店してしまい、その後、おいしいちゃんぽんが食べられる店がなくなりました。
 江古田では、龍華園でちゃんぽんが食べられますが、味がイマイチだと思います。
2016.12.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/444901479.html
 また、東長崎の松月のちゃんぽんはちょっと期待と違う味です。
2020.3.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/474204174.html
 そんなわけで、リンガーハットのちゃんぽんはぜひ食べてみたいと考えていました。
 サンシャイン60に行くことがあったので、それなら、地下にあるリンガーハットでちゃんぽんを食べようと考えていました。
 さて、お店に入り、ちゃんぽんを注文すると、まもなく出てきました。大きめのレンゲ付きです。食べてみると、麺もおいしく、具もおいしく、スープもおいしいと思いました。このちゃんぽんはオーツの期待の味です。長崎ちゃんぽん光の味を彷彿とさせます。
 ただし、オーツは普通のちゃんぽんを注文したのですが、麺の量が少な目のように思いました。すぐに食べきってしまって物足りない感じでした。メニューを見ると、めん 1.5倍とか、めん 2倍とかもあるようなので、こういうのを注文すればよかったと思います。今回は、妻や孫と5人で行ったので、他のメンバーが残したちゃんぽんをオーツが食べてしまいました。これで満腹になりました。
 意外な(といっては恐縮ですが)掘り出し物が餃子でした。テーブルに置いてあった「ぎょうざのタレ」をかけて食べましたが、これがけっこういけます。「ゆず胡椒」が小さな容器に入って一緒に出てきますが、これがまた味がよくて、ちょいと餃子にのせて食べると違った味と香りが楽しめます。
 江古田近辺にリンガーハットの店があれば定期的に通ってもいいように思いました。しかし、リンガーハットの店舗を地図で調べてみると、
https://www.locationsmart.org/map.html?id=food/ramen/ringerhut
江古田近辺は東京西部のリンガーハットのないエリアに入っており、一番近い店舗が中野サンモール店です。自宅から自転車で 4km もこいでいくのはちと大変です。クルマで行くと駐車場代がかかり、バスで行くとバス代がかかり、ちゃんぽんの価格と比べてまったくペイしません。

リンガーハット 池袋サンシャインアルタ店ちゃんぽん / 東池袋駅東池袋四丁目駅向原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

サンシャイン60展望台@池袋

 池袋のサンシャイン60というビルの60階に展望台があります。SKY CIRCUS(スカイサーカス)という名前がついています。
https://sunshinecity.jp/observatory/
 あるとき、オーツは小学生の孫3人を連れてここに遊びに行きました。入場チケットは WEB チケットということで事前購入しました。大人は 1,100 円、こどもは 550 円でした。
 サンシャインビルで、地下1階から専用のエレベータで60階まであがります。高速エレベータなので耳がつんとなります。
 60階は、外壁沿いに徒歩でほぼぐるりと一周できるような感じになっており、その窓から見える景色は、それは見事で、東京が一望できる感じです。近いところでは、山手線の電車が見えますし、高速道路も見えます。スカイツリーはニョキっと飛び出して見えます。いろいろなビル群が見え、もしかするとオーツたちが住んでいる街も見えるかもしれません。しかし、そういう面白さは大人のものです。見えるものそれぞれが何であるかがわかるからおもしろいのであって、小学生くらいでは景色を見る面白さはあまりないようでした。
 この展望台は屋内型の遊園地を兼ねており、いろいろな遊びが体験できます。オーツは SKY トランポリンがおもしろいと思いました。床にガラスが貼ってあって、その下に上から見た映像が表示されます。そして、まるでトランポリンで跳ね上がっているかのような感じで、身体が何百メートルも上下します。(そういう映像が見られます。)実際にはただじっとしているだけですが、まるで池袋近辺をジャンプしているかのようです。ちょっと足がすくみます。
 そして、ここではVR(バーチャルリアリティ)で天空を飛び回る経験ができます。
https://sunshinecity.jp/observatory/enjoy/
 TOKYO弾丸フライトのほうは、7歳以上でかつ身長が 130cm 以上でないといけません。今回は、孫の1人が 130cm を超えていたのですが、2人が未満だったので、これは経験しないことにしました。
 もう一つ、スウィングコースターのほうは、年齢制限だけですので、3人の子供が体験しようということになりました。注意事項として、車酔いしやすい人は気分が悪くなることがあるということがあり、気になりましたが、前の組の人たちがスウィングコースターに乗っているのを見ていた3人がぜひ体験してみたいというので、500 円×3の追加料金を払って、乗ることにしました。
 ブランコ型のシートに座り、ゴーグルをつけて、いざ出発です。座席の前には大型扇風機があって、風を送る形になります。実際空中を飛んでいる感覚になるようで、1回はほんの数分ですが、3人ともキャーキャー叫び声を上げて楽しんでいました。

skycircus.JPG

 終わってから、出口から出てくると、3人とも「もう1回乗りたい」と言い出しました。とてもいい経験をしたようです。そこで、入口のカウンターのところまで行って、4人分のチケットを買いました。今回は、オーツも加わり、4人で空中散歩ということになりました。
 座席を変えると、見える景色がちょっと違ってくるようで、2回乗ってもそれぞれ楽しめるようです。
 メガネの上からゴーグルをつけると、目の前にサンシャインビルが現れます。展望台の中です。そして、ビルの窓から飛び出す形で空中を飛び回ります。それからは、ビルの周辺をうねっているコースをブランコ型のコースターで走り抜ける感覚になります。ビルの上の高いところから一気に地上まで落ちていくところでは、まさに遊園地の絶叫マシンに乗っているかのような感覚です。VRですから、本物のコースター以上のスピード感があります。(そういう動きをしても危険がないわけです。)
 というわけで、これは十分楽しめました。今まで経験したことのない新感覚でした。
 展望台には10時ちょっと過ぎに入って、出たのは 11:45 くらいでしたから、1時間半くらいいたことになります。
posted by オーツ at 04:11| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

同じものを食べ続けることと新しいものを食べてみること

 先日、定期的に通う店と新しい店の開拓のことを考え、
2021.2.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/480200641.html
さらに飲食店のメニューから料理を選択する話を書きましたが、
2021.2.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/480249554.html
自分で食べるもの(自分で料理する場合も、スーパーで買ってきた惣菜を食べる中食の場合も)にも当てはまるように思います。
 毎日同じようなものばかりを食べ続けていても、特に気になるものでもありません。オーツ自身を振り返ってみると、ある時期にずうっと同じものを食べるようなことは今まで普通にありました。ちょうど何かにハマるような感じです。朝食でいえば、ご飯と味噌汁と納豆などを毎日食べていた時期もありました。ご飯を味噌汁に入れて溶き卵を加えて加熱した雑炊を好んでいた時期もありました。豆腐入り野菜スープばかり食べていた時期もありました。
 同じものを食べ続けるのは、低コストになるし、何を食べるか悩まなくていいし、気楽なものです。
 しかし、たまには違ったものを食べてみたいと思うときもあります。こうして好みがだんだん変わっていくわけです。年齢による好みの変化もあるかもしれません。
 だいたいは、同じようなものを食べ続けるけれども、たまには違ったものを食べる。そして気に入ったらそれを食べ続けるようになるということを繰り返して、その人の食の好み、食習慣ができあがっていくのではないでしょうか。
 飲食店の選択やメニューからの料理の選択と同じような話です。
posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

風呂のふた(2)

 オーツは、7年前に風呂のふたを購入しました。
2014.4.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/394933190.html
 最近、このふたが調子が悪くなってきた(だんだん壊れてきた)ので、新しいものを買おうとしました。
 前回、3千円以下で購入できたので、今回も同様かと思いました。しかし、ブログ記事に書いてあった URL を利用して、価格を見てみると、
https://product.rakuten.co.jp/product/-/d55d68658c68214ee564bdb1057e9a46/
何と 6,238 円になっています。
 これは高い!
 そこで、楽天市場で、「風呂ふた」で検索して、安いものを探しました。
https://item.rakuten.co.jp/yamakishi/31844017/
こちらで 2,759 円で売っていました。
 いやはや、価格の変動は大きいものです。いつも同じところで買えばいいというものではないようです。
 一つ賢くなりました。
 今回のブログ記事にしても、次回、風呂のふたを購入するときになると、(たぶん5年から10年先)もう無効でしょう。しかし、楽天市場内をそのときに検索すれば、きっと安くて妥当なものが買えると思われます。
 これが現代の生活方法というわけです。



posted by オーツ at 04:22| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

飲食店でメニューから料理を選択する

 先日、定期的に通う店と新しい店の開拓のことを考えましたが、
2021.2.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/480200641.html
一つの店に行った場合でも、メニューを見ると食べられるものがいろいろあって、選択の幅が広く、何を食べるか迷います。考えてみると、メニューの選択の話は、店の選択の話と共通する面があるように思います。
 お気に入りの店でお気に入りの料理を食べることは、とてもいいことです。安くておいしくて、いつもの安心の味が楽しめます。
 オーツが江古田近辺で食べる場合でいえば、福しんではいつもタンメンを食べますし、アリーシャズキッチンではBセット(野菜カレーセット)を食べます。しゃぶ葉では平日ランチ限定三元豚定食に決まっています。
 それぞれの店で食べるメニューが固定化していても、行く店がいくつもあれば結果的にさまざまなものを食べることができるので、まったく不満がありません。
 一つの店で毎回同じものを食べ続けていると、たまには別のメニューも試してみたくなります。食べてみて、それがおいしければ、それを何度も注文すればいいし、大したことがなかったら、1回だけ食べてそのあとは注文しなければいいだけです。これを繰り返すことで、自然と自分の好みのメニューが固定してくるかもしれません。それはそれでいいのではないでしょうか。
 福しんでタンメンを食べ続けながら、ニラそばにも手を出してみたなどという話はまさにこの例です。
2021.2.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/479944035.html
2021.2.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/479896036.html

 こんなことを考えていると、日替わりランチがある店というのは、それなりに特色があるように思えてきました。行くたびに違うメニューが(比較的安価に)楽しめるという点で、利用客にもメリットがあります。店側にも、食材を一部メニューに集中させることでコストを下げるメリットがあります。場合によっては、余剰分の食材を活用することにもつながるかと思います。一方では、店側にとって、いろいろなメニューを提供するにしても、それぞれがおいしいものでなければならないというプレッシャーもあることになります。日替わりとはいいながら、一度変なものを客に提供してしまったら、それを食べた客が離れてしまうかもしれないからです。
posted by オーツ at 04:32| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

エスビー食品 粗切りトウガラシ

 先日、スーパーで見かけたのですが、エスビー食品の「粗切りトウガラシ」というのがあります。
https://www.amazon.co.jp/S-B-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%93%E3%83%BC-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%93%E3%83%BC%E9%A3%9F%E5%93%81-%E7%B2%97%E5%88%87%E3%82%8A%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B7/dp/B084L6TR6Z/ref=sr_1_1
 1本100円くらいで売っていました。
 チューブ入りのトウガラシで、水分があり、ドロリとしています。チューブから押し出して使う形になります。
 普通、トウガラシというと、乾燥した粉状のものが小瓶に入って売られています。これは食べ物に振りかけて使います。すると、料理の上の部分が辛くなるのですが中の方や下の方は辛くなく、味が偏ります。
 チューブ入りだと、煮汁の中に溶かし込むような使い方が簡単にできます。先日、これまたスーパーで買ってきた「宮崎辛麺」にこの粗切りトウガラシを入れてみました。
2020.6.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/475485036.html
チューブから押し出して、長さにして数センチ程度でしょうか。粗切りトウガラシを入れてみたら、大正解です。辛さがグンと増して、かなりの辛口になりました。これだとけっこういけます。
 宮崎辛麺は、そのまま食べるのではイマイチの感じですが、トウガラシを追加すると、ちょうどいい感じになります。あとはトウガラシの量をどれくらいにするかという問題が残ります。まあ、いろいろ試しながら、最適なポイントを探ってみたいと思います。


posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

WOWOW の4K放送の登録

 2月25日から WOWOW の4K放送の登録ができるようになりました。3月1日から4K放送開始なのですから、1週間前の2月22日から登録できるようにしてほしい(録画予約は1週間前から可能なので)ところですが、それはまあいいでしょう。
 オーツは、4K放送に対応する機器を取りそろえました。テレビ、録画機、アンテナです。
2021.2.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/480133491.html
2021.2.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/480117042.html
2021.2.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/480083990.html
 すでに NHK の BS4K などを録画・再生して、普通に見られることは確認済みです。
 オーツは、25日に、さっそく WOWOW 4Kの登録をしようとしたのですが、この段階でトラブルが起こりました。WOWOW 4Kがブルーレイレコーダーで受信できないのです。ブルーレイレコーダーのリモコンのボタンで、1,4,5,6,7,8 にはそれぞれ対応する4K放送がセットされていますが、9 (WOWOW) や 12 (QVC という無料放送のショップチャンネル)が見られないのです。番組表も見られませんし、リモコンのボタン(9 と 12)を押しても何の変化も起こりません。
 WOWOW の4K放送登録担当のオペレーターと電話しながら、いろいろやってみましたが、どうもアンテナが不調か、ブルーレイレコーダーが不調か、どちらかだといわれてしまいました。放送の受信ができないと登録の操作もできないのだそうです。
 そこで、電話を切って、アンテナ工事の会社とブルーレイレコーダーを買った会社に聞こうと思いました。しかし、その前に、念のため、ブルーレイレコーダーのマニュアルを読んでみました。すると、「放送設定」などという項目があり、テレビのチャンネルが追加できると書いてあります。そこで、リモコンで操作してみると、9チャンネルで WOWOW が、12チャンネルで QVC が追加できました。今流れている番組が見られます。WOWOW は試験放送番組を放送しています。3原色と白・黒のパターンと「ピー」という音声が流れています。
 やれやれです。
 あとは、ネットで WOWOW の4K放送の登録設定をしました。
 これで大丈夫だろうと思い、ブルーレイレコーダーを操作して、4Kの番組表を見ながら、3月2日の WOWOW の番組をいくつか予約しようと思いました。ところが、ここでもまた問題が起こりました。契約が確認できないので、録画予約ができないというのです。なかなか難問です。
 WOWOW の場合、しばらくテストパターンを映していたら、予約ができるようになっていました。ネットでの設定が反映するまで若干時間がかかるようです。
 いやはや、なかなか手強いものです。
 もう少し簡単に4K放送が見られるようにしてほしいものだと思いました。
 まあ、一度見られるようにしてしまうと、あとは気にならないし、こういう話を忘れてしまうと思うので、ブログに経緯を書いておき、未来のオーツへのメモとしておきます。

 オペレーターに聞いたところでは、オーツは 1999 年の12月から WOWOW を契約しているとのことです。21年も見ているのですね。オーツが WOWOW で見ているのはほぼ映画に限定されます。隠れた映画ファンということになるでしょうか。振り返ってみれば、21年はあっという間でした。今後20年も WOWOW を見られるでしょうか。オーツの寿命がそんなに持たないように思いますが、……。
posted by オーツ at 04:28| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

定期的に通う店と新しい店の開拓

 オーツのブログでは、いろいろな飲食店のことを書いたりしています。
 食べてみておいしいと思った店などは、また行きたいと思うので、メモ代わりにブログに書いたりするわけです。
 おいしくても、頻繁に通うほどのことはない店もあります。それは1回こっきりの店ということになりますが、これもブログに書きます。メモしておかないと、行ったことを忘れて、再度行ったりすることになるからです。
 おいしくなくて価格が高い店だったりすると、二度と行くことはないと思いますが、そういう店はブログに書くときもありますが、書かないでパソコン内のメモだけに留めることもあります。
 こんなことを続けてきたら、いつも同じお気に入りの店に通うことと、新しくできた(ことを知った)店に行くことと、どちらがオーツにとって幸せなことなのか、疑問に思いました。
 いつも同じ店に通っていると、もちろん毎日の生活として満足していますが、新規開店したすばらしい店を見逃してしまう可能性が出てきます。また、お気に入りの店が突然閉店ということになる場合もあります。閉店した途端に途方に暮れることになります。
 新しい店を次々に探していくとなると、毎日が刺激的でおもしろいと思いますが、新規開店はそんなに多くないので、ネタ切れになってしまい、結局はおいしいと思った店に行くことになります。
 そんなことを考えていると、これら二つの方針は矛盾するものではなく、両立するものであるように思えてきました。
 同じ地域に長く住んでいれば、どちらの方針をとるにせよ、結果的に似たようなことになってくるのではないでしょうか。オーツの今のやり方は、定期的に通う店をリストアップしておき、実際それらに順次通うとともに、新しく気がついた店にも入ってみて、安くておいしかったら定期的に通う店のリストに入れるというものですが、これは、多くの人が無意識に(明示的でなく)やっていることではないでしょうか。
 オーツは、パソコン内に明示的に記録することをずっと続けているというだけの話です。
 オーツは、江古田に引っ越してきてから22年になります。そのくらい住んでいると、周辺にもだいぶくわしくなります。
 その前には別の区のマンションに18年ほど住んでいましたが、そのころは、子供が小さかったこともあって、あまり飲食店に行かなかったように思います。だいたい自宅で自炊をしていました。
 オーツの勤務先は、何回か変わりました。クルマに乗るようになる前は、行く店がかなり固定的でしたが、クルマに乗るようになってからは、周辺の店にあちこち行くようになり、それぞれの勤務先の周辺の飲食店の記録などをつけるようになりました。パソコンの中にはいろいろ記録が残っています。今となっては昔話でしかありませんが。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする