2018年05月24日

海を渡って日本に治療を受けに来る 「タダ乗り患者」が増殖中

 オーツが読んだ「週刊現代」の記事で、以下のようなものがあります。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55674
(2018.5.20)
 まさに驚くべき記事です。
 外国人が日本にきて治療を受けるときに、健康保険を悪用して、格安での治療が可能だというのです。
 記事中には、外国人が日本の健康保険を使って安く治療を受ける方法がいくつか紹介されていましたが、それぞれ納得できます。中国人の一部などは、こうして日本で治療を受けているのですね。
 ちゃんと自費で治療費(健康保険は使えないので、全額自由診療扱いですが)を払って治療を受ける分には、特に問題はありませんが、こうして保険制度の隙間を突いて日本の健康保険を悪用しているというのは大きな問題です。当然、交通費などを上回るメリットがなければ、こんなことはしませんから、高額な治療が必要な場合にこういうことをするわけです。
 こういう行為の被害者は見えにくいですが、日本の健康保険加入者です。みんながわずかずつ金をむしり取られているのです。日本の医療費が食い物にされているともいえます。気がつきにくいことではありますが、こういう行為が蔓延することで日本の保険制度が破綻したり、そこまで行かなくても、我々が払う保険料がその分高くなったりするわけですから、腹立たしいことこの上なしです。
 健康保険制度をどのように設計・変更すればこういう悪質な利用者を排除できるのか、オーツにはわかりませんが、なんとかしてほしいところではあります。
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

Miraikan Kitchen でランチ

 日本科学未来館にいったときに、ランチを食べることにしたのが Mraikan Kitchen でした。
 メニューを見てレジで注文し、出てきたものを自分で運んで食べる形式でした。
 二人の子供は、お月さまカレー 500 円と地球肉まん 280 円にしました。地球肉まんは青い肉まんですが、味のほうは普通だったようです。
 オーツはさば味噌定食 780 円にしました。妻は和風ハンバーグ定食 720 円にしました。

mirai3.JPG

 さば味噌定食は、ご飯の量が少なめでした。汁は、具材だけがカップに入って渡され、自分で4種類の出汁から選んで注ぐ形です。全部使い捨ての紙容器で提供されました。まあ人件費節約のためでしょうが、それにしては、いい値段だなあと感じました。あと100円くらい安くてもいいのではないでしょうか。
 こういう場所にある大箱の食堂ですから、あまり期待はしませんが、味のほうはまあまあだったと思います。妻のハンバーグも少し分けてもらいましたが、こちらもまあまあ食べられました。

 ちなみに、午後になってから、みんなで再度ここに行き、バニラソフトクリームを食べました。1個 380 円でしたが、おいしかったと思います。
posted by オーツ at 04:52| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

日本科学未来館に孫を連れて行く

 とある日曜日、オーツと妻で二人の孫(7歳と5歳)を日本科学未来館に連れて行くことにしました。
http://www.miraikan.jst.go.jp/
 日本科学未来館は江東区青海にあります。オーツたちはクルマで行きました。10:00 開館ですが、9:10 ころに着きました。ちょっと早すぎたかもしれません。ところが、日本科学未来館の入り口の前には長蛇の列ができていました。「名探偵コナン 科学操作展 真実への捜査」という企画展をやっており、それに入場するための列でした。
 オーツたちは常設展だけを見るつもりで行きました。だから、こんな行列に並ぶ必要はなかったのでした。
 オーツがチケット売り場に並んで待っていると、後ろのほうで「JAF の割引で……」と言っているのが聞こえました。そうです。ここの入場券は JAF 割引価格で買えるのです。ちょうど財布の中に JAF の会員証があったので、これを使って安く買えました。団体料金が適用になる計算です。
 オーツは別途料金がかかるドームシアターを子供たちに見せるつもりでいたのですが、子供たちは「見ない」というのです。しかたがないので、そこはスキップすることにしました。
 入場したら、まず3階の「“おや?”っこひろば」に行きました。靴を脱いで入ります。いろいろなおもちゃが置いてあって、子供が勝手に遊ぶコーナーです。人数制限があり、45分入れ替え制です。
 子供たちが気に入っていたのは、「坂」でした。円筒形やラグビーのボールと同じ形をした柔らかいボールなどがあって、それを上から転がすと、いろいろな方向に転がっていきます。そのうち、自分自身が寝そべってぐるぐる回転しながら坂を下りていきました。
 塗り絵のコーナーもおもしろかったです。トラックとかバスとかに色を付け、それをスキャナで取り込むと、大きなディスプレイの中にそれが現れ、動いていきます。立体的に表示されるのですが、自分の塗り絵が立体化されるだけでも楽しいと思います。車体の側面図を平面で書いたものだけを基準に、車体全体を立体的に表示するというだけでも裏側でかなりすごい技術が使われていそうです。

mirai1.JPG

 11:00 からはロボット「アシモ」のショーがありました。約10分間のショーですが、最初の登場時、アシモが小走りになって出てくるのがかわいかったです。ボールを蹴ったりするときは、自分のカメラでボールの位置を認識し、上手に蹴っていました。オーツは実物を見るのが初めてだったので、大変おもしろく感じました。子供たちも気に入って、結果的に、午後の 14:00- の回も見ました。
 オーツが見た限りでは、ジオ・コスモスという巨大な地球型のディスプレイもおもしろかったです。建物の5階分をぶち抜いて設置されています。いろいろなコンテンツが地球表面に表示されますが、一番迫力があったのは、地球そのものです。

mirai2.JPG

 上の写真で見ると、右の方に人間が映っています。それと比べると巨大さがわかると思います。
 地球が自転するように映像も回転します。非常に高精細で、見応えがありました。
 いろいろな分布地図などがジオ・コスモスの上に表示されました。地球の自転軸とは異なる動きで地球をぐるぐる回転させて分布を見せたりします。そうしないと、裏側の表示が見られませんから、ある意味で当然なのですが、そういう見せ方をするだけでダイナミックな動きが出てくるわけです。
 ジオ・コスモスでは、毎時15分から15分間の特別コンテンツが上映されます。何回見てもいいと思います。それ以外の時間も、いろいろなコンテンツが次々と自動的に映し出されるようになっていました。
 「アナグラのうた」のコーナーでは、自分が動くにつれて一緒に動く「ミー」という絵が足下に表示されます。そして、その「ミー」を使ってゲームをするのですが、オーツはちょっとわからなくなりました。孫の「ミー」だけでいいと考えて、二人で一緒に(1人分の登録をして)入ったのですが、オーツがいると、それが「ミー」に影響するようです。
 各種展示もおもしろかったのですが、小学2年生と未就学児では、ちょっと内容がむずかしすぎました。ニュートリノなんて子供にわかるはずがありません。ふと気がつくと、中学生や高校生の団体が(修学旅行で?)来ていました。そういうレベルになると、理解が進み、もっと楽しめるようになるでしょう。
 子供たちがもう少し大きくなってから、再度来るのが良さそうです。そのころには展示内容も更新されているでしょうし、子供たちの科学に関する知識も増えていて、楽しめるでしょう。
posted by オーツ at 03:37| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

家計の教育費比率 埼玉県トップ、東京続く

 オーツは日経新聞の記事で読みました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30706840Y8A510C1ML0000/
(2018/5/20 7:00)
都道府県別の教育費がグラフで示されています。絶対額でなく、家計全体に占める比率ですが、「トップの埼玉県(6.1%)、2位の東京都(5.9%)をはじめ、5位に神奈川県、7位に千葉県と、首都圏の都県がいずれも上位10位以内に入った。他にも福岡県、京都府、愛知県など人口規模の大きい地域が目立つ。」ということで、都市部の住民に教育費が多いことがうかがわれます。
 都市部は収入が多いことが統計上明らかですので、絶対額でも同様になります。記事中では、「1カ月当たりの平均支出額も埼玉が2万114円で最も多く、続く東京が1万8794円。下位の青森(5689円)や長崎(6374円)との差は大きい。」ということで、ごく一部を本文で示しているだけですが、教育費の地域差があることは歴然としています。最高額と最低額では約3倍の差があることになります。
 青森や長崎から都市部の大学に進学すると、教育費以外の子供の側の生活費などがかさみますから、その分、親の仕送り額も大きくなり、かなりの負担となります。大学進学の地域差が大きくなるのは、ある程度しかたがない部分もあるかと思います。
 だからといって、「高等教育の無償化」のような施策が望ましいかというと、そんなことはないと思います。今の状況で、優秀な(かつ(親が)低収入な)学生に対しては各種奨学金制度があるわけで、だいたいなんとかなるような印象を持っています。全学生に対して「無償化」するということは、あまり優秀でなく低収入でもない学生に奨学金を出すようなことに相当します。
 奨学金破産
2018.2.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/456870828.html
のような事例があることを考慮すると、将来活躍が期待できる(つまり優秀な)一部の学生に奨学金を用意すれば十分ではないでしょうか。
ラベル:都市部 教育費
posted by オーツ at 04:23| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

ショルダーバッグ

 オーツが使っている小さなショルダーバッグは、実は妻が使っていたものを譲り受けたものです。女物ですが、機能的に十分なので、使うようになりました。ちょっとしたお出かけの際には、これで十分です。入れるものといえば、メガネケース(その中にメガネ本体と USB メモリ)とケータイぐらいで、それに新書などの本が1冊入ります。場合によっては折りたたみ傘も入ります。
 しかし、ちょっとだけ使いにくいところがありました。これは妻の好みですが、本体以外に外のポケットがいくつかあり、内側にもいくつかの仕切られたポケットがあるのです。こうなると、どこに何を入れたのかわからなくなります。たとえば、ハガキをバッグのポケットに入れて、途中のポストで投函しようというときなど、あちこちのポケットを探すことになるわけです。
 底の部分の厚みがあるデザインも少し気になっていました。バッグにものを入れると膨らむのですが、そうすると混んだ電車の中などで少しじゃまな感じになります。
 というわけで、この際、新しいショルダーバッグを買おうと思いました。
 楽天市場で探すと、いろいろなものが見つかりました。

https://item.rakuten.co.jp/tropical-moon/8931/
   横25cm×縦19cm/底・横7cm 300g 3,980 円
https://item.rakuten.co.jp/anagram/mp1404l/
   幅24cm 高さ 15cm マチ 6cm 180g 5,184 円
https://item.rakuten.co.jp/viaggio/chums60-2314/
   横24cm、縦17cm、厚み9cm 210g 4,900 円

 ちなみに、今使っているショルダーバッグを計測してみると、以下の通りです。
 横26cm、縦14cm、底・厚み10cm 重さ 310g

 材質は、特に気にしません。雨が降っても、傘を差していれば大して濡れないでしょう。
 さて、どれがいいか、判断に困りました。
 妻にアドバイスを求めてみると、最初のものがいいといいます。後の二つは子供っぽいキャラクターがついているのでダメだというわけです。
 いわれてみれば、なるほどといったところです。オーツにはなかった観点だったので、アドバイスがありがたかったです。
 こんな経緯で、上記リストの最初のものを買うことに決めました。
 しかし、ここで立ち止まりました。
 オーツの勤務もあと数年で一区切りです。それを考慮すると、新しいショルダーバッグを買うのがいいか、今のバッグを(やや不満を持ちながら)退職時まで使うのがいいか、微妙な問題のように思えてきました。
posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

江古田周辺のランチの店 2018

 オーツが江古田周辺でランチを食べる際、どんな店に行くかについては、前にも書いたことがありました。
2017.5.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/450048751.html
 1年ほど経ち、オーツのランチのパターンも変わってきたので、最近のパターンをまとめて書いておきましょう。

・中華料理
(1) 龍厨房2号店(無休、11:00-)日替わりランチ 580 円
(2) 福しん(不定休 11:00-) タンメン 490 円
(3) バーミヤン 練馬豊玉店(無休 10:00-)日替わりランチ 647 円
・日本料理
(1) どん亭(無休 11:00-)ランチ鍋メニュー 842 円
(2) しゃぶ葉 豊玉北店(無休 11:00-)平日ランチ限定三元豚定食 1,079 円
(3) 藍屋 落合南長崎店(無休 11:00-)
(4) 八戸丸(平日 11:30-)焼き魚定食 750 円、煮魚定食 750 円
・洋食/韓国料理
(1) 砂時計(水曜定休 11:30-)激辛キムチスープ雑炊 780 円
(2) キッチンABC(水曜定休 11:00-)ジャンカラ 780 円
(3) ステーキガスト 落合南長崎店(無休 11:00-)日替わりランチ 718 円

 以上の10箇所です。
 今、定期的に行くインドカレーの店がない(以前はあった)のですが、勤務先の近くでインドカレーの店が2軒あるので、自宅の近くでは無理に行くことはないように感じています。
 さらに、これらに加えて、江古田から遠く、クルマで行く回転寿司が2店あります。
(1) 銚子丸 豊玉南店(無休、11:00-)
(2) かっぱ寿司 練馬貫井店(無休、10:00-)
 今は、こんな店を順次回ってランチを食べています。
ラベル:ランチ 江古田
posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

藍屋 落合南長崎店でランチ(2回目)

 藍屋 落合南長崎店は、以前子供連れで行ったことがありました。
2018.4.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/458721329.html
 今回は、1人で平日に行きました。
 11:10 くらいに入りました。11:00 開店なので、ガラガラかと思っていましたが、そうでもなくて、もう先客がいましたし、オーツが食べ終わるまでにはあちこちの席が埋まっている状態でしたから、かなりの人気店であることがわかります。
 今回は、若鶏の甘酢あん定食にしました。
https://www.skylark.co.jp/aiya/menu/menu_detail.html?mid=201_191
実は、この定食が(定食類としては)918 円で一番安いのです。
 「◇選べる御飯」ということで、好きな御飯が大盛り・おかわり自由となっています。オーツは「たけのこ御飯」の大盛りにしました。他のご飯(ちりめん山椒御飯、十四穀米御飯、白米(コシヒカリ100%))でもよかったのですが、一番おいしそうだったので、これにしました。
 待つことしばし。
 出てきました。
 熱い味噌汁がおいしいです。たけのこご飯がおいしいです。ご飯と味噌汁がおいしいと、何だかお得な感じがします。
 若鶏の甘酢あんもよかったです。最初はやけどしそうなくらいに熱かったのですが、そのうち冷めて、食べやすくなりました。
 たけのこご飯はあっという間に平らげてしまい、おかわりすることにしました。ウェイトレスがテーブルにやってきて、「大盛りもできますが」というので、オーツは誘惑に負けて大盛りにしてしまいました。大盛りとはいえ、実際は、そんなに多い感じではなく、オーツの感覚では大きめのご飯茶碗にいっぱいという感じです。しかし、2膳も食べると、しっかりおなかにたまりました。
 サラダも新鮮でおいしかったし、煮物もおいしかったです。煮物にはたけのこが入っていたので、ご飯とちょっと重なってしまいましたが。
 ともかく、1食としては十分満足しました。
 5%引きのクーポン
https://www.hotpepper.jp/strJ001040325/map/
を持参しましたので、873 円になりました。それに対して、Tポイントが付くし、SUICA で支払うとオートチャージで間接的にポイントが付くしということで、実質はもう少し安くなっています。金額的には千円以内で収まり、けっこうでした。また食べてもいいと思います。
 うどんのほうでも千円以下でランチが食べられるようなので、こちらも次回試してみたいと思いました。
posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ペイジーでの支払いができない?

 オーツは自動車税の支払いのために、みずほ銀行のネットバンキングでペイジーを指定して支払いをしようと思いました。
 納付書に書いてある数字をいろいろ入力して(たとえば 00040-51007-60 とか)、「次へ」を押すと、エラーが起こります。「ご指定のお取引は処理できませんでした。 お問い合わせ:みずほダイレクトヘルプデスク」になってしまうのです。何回やってもこうなります。
 そこで、みずほダイレクトヘルプデスクに問い合わせると、こちらのシステムにはエラーがないので、番号が違っているのではないかということになり、東京都主税局に問い合わせるようにいわれました。
 東京都主税局に尋ねると、番号を確認した上で、特に問題はなく、銀行側のエラーだといわれました。
 再度みずほ銀行に電話して、事情を説明すると、やはり特に問題はないということで、堂々巡りが発生しました。
 オーツが困っていると、みずほ銀行の担当者が「もしかして納付番号の指定のときにハイフンを付けていませんか」と聞いてきました。オーツが、納付書にハイフンが書いてあるので、そのままハイフンを入れたというと、ハイフンなしで入力してほしいということでした。ハイフンなしで数字を入れると、すんなり手続きができました。
 いやはや、いやはや。みずほ銀行の人に言われて、後でサイトを確認すると、「※払込書等に記載の各種番号にハイフンがある場合は、ハイフンを入力せずに、数字のみをご入力ください。」と明記されているではありませんか。
 オーツがこの注意を見落としたのがすべての原因でした。
 実は、過去2回もペイジーでの支払いをしているのです。だから、やり方はわかっていると思い込んでいたのですが、1年に1回の経験だと、1年前にやったことを覚えておらず、こんな失敗をしてしまったのでした。
 もっとも、みずほ銀行のシステムにも、若干問題があるように思います。上記のようなエラーメッセージを出すのではなく、ユーザの入力内容を調べて、数字以外の文字があったらそれを指摘するようなエラーメッセージ(「数字でないものが指定されています」のようなもの)を出すべきでしょう。そもそもハイフンがあろうとなかろうと処理すればいいのです。実に安易なシステム設計だと思いました。
 東京都主税局から送られてきた納付書もおかしいように思います。ペイジーで、ハイフンを入れずに指定するなら、初めからハイフンをカットして数字だけを印字して送ってくればいいだけです。(納付書自体は郵便局やコンビニでも使える(現金で支払うことが可能な)ので、こういう形式になっているのかもしれませんが。)
 とにかく、こんなことで、オーツは無駄な時間を使ってしまいました。
 こういう失敗をブログに書いておいても、1年後にはもう忘れていて、再度同じエラーを経験することになるのでしょうかね。
posted by オーツ at 04:36| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

茶屋 卯三郎@那須でランチ

 那須でランチを食べるために立ち寄ったのが「茶屋 卯三郎」でした。
http://www.usaburou.com/
https://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9001082/
 古い民家を改装して食事処にしています。もともとは「茶屋」ということで、休憩所だったのでしょうが、軽食などを出すようになり、今はランチも提供されるようになっています。
 オーツは、ぽこぺん膳
http://www.usaburou.com/image/menu_top_bg1.jpg
を食べることにしました。
 これは、けんちんうどんハーフ・おこわ・あんころもち・煮物・小鉢・漬物・デザートがセットになっており、「おこわ、うどん、もち、卯三郎の美味しいものを集めた、いいとこどりの膳です。」という触れ込みでした。1,300 円でこの店の特徴が一通り味わえるというわけです。
 妻はおなご膳
http://www.usaburou.com/image/menu_top_bg2.jpg
にしました。こちらは、季節のおこわ・五目おこわ・けんちん汁・煮物・小鉢・漬物のセットで、「「少しずつ色々食べたい!」女性の声から誕生しました!」ということだそうです。こちらは 1,000 円で少し安めです。
 待つことしばし。ぽこぺん膳が出てきました。

usaburou.JPG

 なるほど、いろいろのっています。
 オーツが食べた感触では、けんちんうどんがおいしかったですね。おこわもおいしかったと思います。餅米がいい具合に調理されていました。
 あんころもちとデザートは、妻と半分ずつにして食べました。
 けっこうでした。満足です。また食べたいという気分になりました。
 オーツが会計を済ませて、外に出て、クルマに乗るときに気がつきました。この店のクーポン
http://www.usaburou.com/coupon.html
を印刷して持参していたのに、会計前に出すのを忘れました。
 残念!
 こうなると、リベンジしたくなるものです。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

那須旅行(2)那須平成の森

 オーツは、ホテルハーヴェスト那須に1泊したあと、
2018.5.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/459362711.html
翌朝には那須平成の森に行きました。
http://www.nasuheiseinomori.go.jp/
ここは平成23年に開園した新しい公園です。那須の御用邸の一部を天皇陛下が国民に開放して公園になったという経緯があります。
 オーツたちは 9:30 ころに到着しました。かなり広い駐車場付きです。駐車場からフィールドセンターという建物を経由して那須平成の森に入ります。フィールドセンターの中には係の人(学芸員?)がいて、森の動植物についていろいろ説明してくれました。
 さらに聞くと、10:00 から 30分無料ミニプログラム というのがあり、フィールドセンターの周辺を案内してくれるというのです。さっそく申し込みました。参加者は全部で6人でした。今回は、植物の話が中心でした。若い葉の出方に外巻きと内巻きがあることなど、初めて知りました。葉がどのように折りたたまれて出てくるかなど、興味深い話を聞くことができました。ミウラ折りという折り紙の折り方も初めて知りました。30分はあっという間でした。
 森のことをよく知っている人に解説してもらうと、ふだん通り過ぎてしまうだけの森が全然違うもののように見えてきます。
 「インタープリターとあるく那須平成の森ガイドウォーク」という有料のプログラムもあります。長い時間がかかるので、今回はスキップしましたが、こういうのもありがたいと思います。
 その後、駒止の滝まで散歩しました。石がゴロゴロしていて、ちょっと歩きにくかったです。
 途中にサクがあり、そこに「熊除けの鐘」がありました。

nasu4.JPG

棒でたたくとカンカンと音がします。
 こういうのがあるということは、実際に熊が出るということです。まあ、出てくるのは夕方が多いようですが。
 駒止の滝は、観瀑台があって、そこからよく見えました。

nasu5.JPG

 もっと滝の近くまで行くこともできるようでしたが、かなり下っていく形になっており、ということは帰りはその分を登ってこなければならないわけで、疲れるから止めておこうということになりました。
 フィールドセンターまでの帰り道は、行きとは別の道にしました。こちらは石がなく、森の中の小径を歩いて行くので、こちらの方が歩きやすく、森を満喫できました。
 駒止の滝まで往復1時間半かかるという話でしたが、オーツたちの場合は1時間10分ほどでした。特に急いだわけではありませんが。
 こんなことで、12:00 には出発しました。那須平成の森には全部で2時間半ほど滞在したことになります。貴重な体験をして、しかも全部無料というのはありがたい話でした。また来たいところです。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする