2020年03月29日

渡辺惣樹(2018.6.20)『第二次世界大戦 アメリカの敗北』(文春新書)文藝春秋

 オーツが読んだ本です。「米国を操ったソビエトスパイ」という副題が付いています。
 タイトルにもあるように、第二次世界大戦を中心としたアメリカ史を扱っています。そして「アメリカの敗北」とあります。アメリカは戦勝国ですから、このタイトルには「ん?」となる人がいるでしょう。副題がその意味を語っています。この時期のアメリカの政権中枢にはソビエトのスパイが入り込んでおり、アメリカの政策決定に大きな影響を与えていたというのですから、まさにビックリの近現代史です。
 本書では、とりわけ重要なスパイとして、ハリー・デキスター・ホワイトとアルジャー・ヒスの二人を取り上げます。彼らがスパイであったことは秘密にされてきましたが、1995 年に公開されたヴェノナ文書で明らかにされました。つまり、本書の記述はフィクションではなく、ノンフィクションであり、生々しい近現代史の一部であるというわけです。
 オーツは、ソビエトのスパイがここまで深くアメリカの政権中枢に関わっていたことをまったく知りませんでしたので、新鮮な驚きを感じつつ本書を読みました。
 当時のフランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領およびそのあとのハリー・トルーマン大統領も本書中に記述されます。大統領がソビエトのスパイとどう関係していたのかがわかります。
 300ページ以上ある新書で、読み応えがあります。アメリカの当時の政策決定(たとえば、敗戦国のドイツや日本をどうするのか)がどのようになされたのかを考える上で、貴重な1冊といえます。

参考記事:
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52017240.html


posted by オーツ at 04:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

アリーシャズキッチン@江古田北口でランチ

 江古田北口にアリーシャズキッチンというカレー屋さんがあります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13238296/
 この場所は、以前はポカラキッチンという店だったところです。ポカラキッチンについては、オーツがこのブログで記事にしたことはありませんが、5年ほど前に一度だけ食べに行き、失望したのでした。
 さて、オーツは 11:00 にお店に行き、メニュー
https://tabelog.com/imgview/original?id=r98929114190485
を見て、Bセット 650 円を注文しました。ネパールカレーの他に、サラダとドリンクが付き、ナンかライスが付きます。「野菜カレー」もありますが、100 円高くなります。
 オーツはドリンクとしてマンゴーラッシーを注文しました。
 メニューにはカレーの辛さが調整できるとは書いてありませんでしたが、オーツはできたら辛口のほうがいいと思い、お店の人に聞いてみました。すると、調整可能だというのです。激辛(very very hot)まで可能だというので、それにしました。お店の人は「辛すぎてカレーの味がわからなくなる」ということでおすすめしないということを言っていました。しかし、オーツの好みでは、カレーはまず辛いことが一番大事であり、辛さの中に旨さが隠れているような感じがいいのです。そこで、やっぱり激辛を食べることにしました。
 はじめに、マンゴーラッシーが出てきました。それを飲みながら待っていると、少ししてから、ステンレスの丸いお盆の上にカレーとサラダとナンが乗って出てきました。
 サラダにはドレッシングがかかっていません。インドカレーの店ではしばしばドレッシングがドバッと大量にかかっていたりするのですが、この店は違います。テーブルの上にあるドレッシングを自分で適当量かけて食べることにしました。この方式のほうがいいと思います。
 さて、カレーはどうだったでしょうか。スプーンで一口すくって食べてみると、確かに辛口です。これはおいしいです。ナンもおいしいです。ネパールカレーには具としていろいろな野菜が入っていました。まあ野菜カレーといってもいいと思います。オーツは、カレーを食べ、ナンを食べを繰り返していました。そのうち、口の中がピリピリしてきました。唇やその周辺もピリピリしています。濡れた紙おしぼりで口の周辺を拭いたりしました。
 オーツはナンをお替わりして食べました。2枚目も焼き立てでおいしく、満足しました。
 カレーを食べているうちに、額に汗が出てきました。ハンカチで汗を拭きながら食べていきました。そのうち、目から涙が出てきました。辛いカレーを食べて涙を経験するのは久しぶりです。CoCo壱番屋でカレーの8辛を食べた時以来かもしれません。
2007.6.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563964.html
 カレーとナンを全部食べ終わってから、マンゴーラッシーに入っていた氷を口に入れて、舌で転がしながら、口の中に残った辛さを飲み込みました。
 この店のカレーはオーツの口に合いました。
 激辛(very very hot)はちょっと辛すぎるようなので、次回は辛さをやや抑えめにしたいと思います。お店の人は辛口(hot)という注文のしかたでいいと言っていましたが、大辛(very hot)というのがあるのではないかと(個人的には)思います。
 何はともあれ、オーツの好みのインドカレーの店が見つかりました。今まで、江古田でインドカレーを食べるときはスワディストに行っていました(ベジタブルカレー7辛 780 円)が、
2020.1.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/473172639.html
今後はアリーシャズキッチンに切り替えます。安くておいしくて、いうことなしです。

 会計するときに、12回食べると1回無料というポイントカードとチラシをもらいました。チラシを次回持参すると 50 円引きになるとのことです。

 ちなみに、Yahoo! 知恵袋では、アリーシャズキッチンが閉店したかのような記述がありますが、
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14213974194
これは間違いです。3月現在、ちゃんと営業しています。

アリーシャズキッチンインド料理 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:53| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

新型コロナウイルスの影響(2)

 新型コロナウイルスの影響について、以前ブログ記事に書いたことがあります。
2020.3.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/473946363.html
最近、もう一つの影響について感じるようになりました。体重の増加です。オーツは、毎朝入浴後に体重を量っていますが、1〜2ヶ月前と比べて、だいたい2〜3キログラムくらい増えた感じです。食べる量が増えたとかいうことはないのですが、何といっても運動不足がたたっています。
 オーツは万歩計をズボンのベルトに付けていますが、最近は歩数が明らかに減っています。
2019.11.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/471703514.html
 オーツの自宅では、テレビに付属したハードディスク録画機を使っています。オーツは、ハードディスクに録画したものを見たらハードディスクから消すという使い方をしています。この録画機では、過去数年くらい、録画できる残量が40時間前後で推移していたのですが、最近は60時間以上になりました。録画残量が増えたということは、録画してあったものをコンテンツを見た(そして消した)ということです。
 こうして、運動せずに自宅でゴロゴロしてテレビを見ていると、体重が増えるということになります。これでは健康にいいわけがありません。
 少しでも運動不足を解消するべく、外出予定が特にない日には、自宅の近くを散歩することにしました。30分程度を目安にしていますが、知らない道を通ったりすると、いろいろとおもしろい発見があったりして、それはそれで楽しいものです。できたら、食堂・レストランの類いを新発見できたら実用的にもなるのですが、まあそれはむずかしそうです。
 30分も歩くとけっこう遠方まで行けます。だいたい15分程度で行けるところまでいって戻ってくれば30分ということになります。自宅を中心に、360°を制覇するつもりであちこちに出かけてみるのもいいかもしれません。時期を変えて散歩すると、咲いている花も違ってきますので、また新鮮な気持ちでながめることができます。今の自宅には20年住んでいますが、近所でも知らない(行ったことがない)場所はけっこうあるものです。ご近所再発見の小さな旅といった気分です。
posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

蒼樹庵@京王プラザホテル@新宿(2回目)

 蒼樹庵は懐石料理の店です。前回行ったときの話はブログ記事に書きました。
2019.8.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/468742443.html
 最近、またここで会議+懇親会がありました。
 「春光」という懐石料理のコースが用意されました。写真は以下のページにあります。
https://d123ulhnpb3vcq.cloudfront.net/wordpress/wp-content/uploads/2020/02/soujuan_syunko.jpg
いつまで見ることができるか、わかりませんが、お店が用意した写真ですので、きれいに撮れています。
 以下に、テーブルの上にあったメニューを書き写しておきましょう。
 これらが一品ずつ提供されました。

先付け  桜胡麻豆腐
     花山葵酢漬け
     筍木の芽味噌和え
椀盛り  〜清まし仕立て〜相並葛打ち 蕨
      花びら野菜 桜の花
お造り  三種盛り合わせ
      妻物一式
強 肴  黒毛和牛蕗かぐら焼き
     筍木の芽焼き
     酒粕風味の海鮮グラタン
蒸し物  鰆桜蒸し
      青豆餡 桜麩 菜花
油 物  車海老と山菜の天麩羅
      桜塩 レモン
留 肴  サーモントラウトとキャベツの博多押し
      キャビア 黄身酢
食 事  蛍烏賊と蚕豆の釜炊き御飯
      赤出し 香の物
水菓子  果物と甘味

 店頭の看板によれば、2万円(税、サービス料込み)のコースです。室内の雰囲気を含めて、十分その価値はあったと思います。料理の中では、車海老の天麩羅が特においしかったように思いました。
 日本酒も、久保田 萬寿/純米大吟醸 4,850 円、上喜元/純米 1,900 円、きくのしずく/純米大吟醸 4,100 円、浦霞 禅/純米吟醸 3,800 円などいろいろ飲みましたが、それぞれおいしくいただきました。1合でこの価格なので、だいぶ高めのように感じますが、そういうレベルの店なのですね。
 帰りに、仲居さんがロッカーからコートを出してくれるとき、それぞれのメンバーに適切に手渡していくのを見て、オーツは不思議に思いました。誰のコートか、わかっているような感じでした。そこで、オーツが仲居さんに聞いてみると、コートを預かってロッカー内のハンガーに掛けるとき、座席順に並べるようにしているのだそうです。なるほど、これには気がつきませんでした。
 そんなわけで、オーツはいい気分で都庁前の駅から帰宅の途につきました。

蒼樹庵懐石・会席料理 / 都庁前駅西新宿駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

自転車保険

 東京では 2020.4.1 から自転車保険が義務化されるとのことです。
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/078/078762.html
https://manetatsu.com/2019/11/218153/
 自転車に乗って公道を走る際には、他人を傷つける可能性があるので、そのための賠償保険に入ることになります。こういう保険は、賠償だけで十分で、自分がケガをするとかいうこと(傷害保険)は考えなくてもいいと思います。
 そこで、オーツなりに、安い自転車保険を調べてみました。

(1)損保ジャパン
https://saitama-cycle.com/
 サイクル安心保険 年間 1,230 円 家族を含みます。

(2)楽天損保
https://www.rakuten-sonpo.co.jp/family/tabid/997/Default.aspx
 サイクルアシスト 年間 2,670 円
 初日が 4.1 以降だと年間3千円 家族を含みます。

(3)明治安田生命
https://www.meijiyasuda.co.jp/find2/light/product/otegarujitensha.html
 月々300円からです。

(4)au 損保
https://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/
 月々 340 円から 家族タイプだと 680円からです。

(5)コープの「団体じてんしゃ保険」
 妻が生協に加入しているので、もらったチラシです。
 年間 5,140 円 家族を含みます。

(6)こくみん共済
 最近、郵便ポストにチラシが入っていました。
 月額200円ということですが、傷害タイプとの組み合わせで入るしかありません。結局、月額 1,200 円かかってしまいます。

(7)加入中の自動車保険に自転車賠償特約を付ける
 オーツの場合、三井ダイレクト損保の自動車保険に入っていますが、その場合、追加で年額 2,060 円かかります。

(8)TSマーク
 自転車の点検整備を受けると、TSマークが貼付されますが、これには1年間の付帯保険として賠償責任保険(最大1億円)の保険が付いてきます。
 しかし、自転車1台ごとであり、家族全員に適用される保険の方がトータルでは安くなりそうです。

 これらの保険を調べるに当たって以下のサイトも参考にしました。
https://hoken.kakaku.com/insurance/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E4%BF%9D%E9%99%BA/
https://jitensha-hoken.jp/insurance/recommendation/personal-cost/

 こんなことで、オーツは(1)損保ジャパンのサイクル安心保険に入ることにしました。
 保険というのは、一般に、一番安い保険(シンプルな保険)に入っておくのが正解であり、余計な補償がいろいろ付いて保険料が高くなるものには申し込まないことです。他の保険も全部そうですが、自転車保険もそうです。
 自転車保険の場合、そもそもほとんどの人は今までずっと保険に入ってこなかったわけで、保険なんて入らなくても特に問題はないものです。他人に対する重大事故を起こす確率は極めて低いのです。大部分の人は事故と無縁のままで一生を終えるでしょう。自分が何かにぶつかってケガするくらいがせいぜいでしょう。
 すべての保険で、保険料の金額は、必ず、
  (契約者数×保険料)>(保険金の支払い額×生起確率)
になるように設定されるもので、保険の加入者は損するようになっています。不等号の部分の差額が保険会社の儲けになるわけです。加入者のマイナス分(損失)が保険会社のプラス分(儲け)であり、保険会社が存続していく以上、ここは必ずプラスでなければならないから、加入者は必然的にマイナスになります。保険会社の取り分が保険料のうちのどれくらいを占めるかは公表されていませんので、わかりませんが、生命保険の場合の類推から、おそらくざっと半分くらいを占めるだろうと想像します。
 したがって、すべての保険には入らないのが正解ということになります。自転車に乗って、他人にケガをさせたりして、9500万円の損害賠償が命じられるようになったって、それが自費で払えるならば、保険に入るよりもトクだと考えます。
 しかし、多くの人は、そんな金額が払えないということになって、加害者も被害者も大変なことになるから、保険の義務化という話になったわけです。義務だから(本来は入る必要がないのですが)入らなければならないということです。
 だから、最低限の保障として、他人にケガをさせた場合ということで、補償額1億円程度の保険に入っておけばそれで十分であり、それにプラスする補償(損害保険など)は不要です。
posted by オーツ at 04:03| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

松月@東長崎南口でチャンポンを食べる

 松月は、オーツが先日マーボ定食を食べにいった店です。
2020.3.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/473930530.html
この店にはチャンポン 550 円があると知り、ぜひ食べてみたいと思いました。激安価格です。
 オーツは江古田でちゃんぽんをけっこう食べていたのでした。一番好きだったのは「長崎ちゃんぽん光」のちゃんぽん 850 円でしたが、閉店してしまいました。
2016.3.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/435304756.html
その後、「長崎亭」のちゃんぽん 850 円を食べるようになりました。
2017.11.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/454622079.html
ところが、ここも閉店してしまいました。
 「龍華園」でもちゃんぽん 750 円を食べたことがありますが、イマイチでした。
2016.12.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/444901479.html
 リンガーハットのお店は江古田近辺にありません。
 そんなわけで、オーツの場合、ここ数年はちゃんぽんから遠ざかっていました。ですから、「松月」のチャンポンは実に楽しみにしていました。
 では、実際に食べてみてどうだったか。
 残念ながらオーツの口には合いませんでした。
 第1に、麺が普通の中華麺(細麺)を使っています。ちゃんぽんは、ぜひそれ用の麺(太麺)を使ってほしいところです。長崎ちゃんぽんはそういうものだと思います。
 第2に、スープにとろみがついている(片栗粉を入れている)のですが、こうすることで麺の上の具材が熱くなりすぎるのです。オーツは食べている途中で口の中をやけどしました。一般にはこのように熱いことは問題ではない(むしろ望ましい)のですが、麺類の場合、熱すぎると、食べるのに時間がかかってしまい、その分、麺が伸びてしまうという問題があります。
 第3に、ちゃんぽんに具材がたくさん入っていることはいいのですが、麺が丼の下の方に沈んだ形になっていて、その麺の上に重い具材が乗っていることで(とろみがついていることも影響して)、麺を箸で持ち上げようとすると、麺と具材が絡んで、麺が短く切れてしまうのです。
 というわけで、全体としてとろみ付きタンメンのような感じに思えました。だったら、シンプルにタンメンを注文するほうがいいのではないでしょうか。
 ちゃんぽんが 550 円というのはがんばっていると思います。普通、この価格では提供できません。
 松月のチャンポンは、味は決して悪くないのですが、オーツはまた食べようとは思いません。
 次回は、松月のタンメンを試してみようと思います。

松月中華料理 / 東長崎駅落合南長崎駅椎名町駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 03:38| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

都内の交通公園

 オーツは、孫を板橋交通公園に連れて行って、
2020.3.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/474151609.html
ちょっと疑問に思うことがありました。
 オーツは、大泉と板橋の2箇所しか交通公園の経験がありませんが、都内にいったいいくつの交通公園があるのでしょうか。
 ネットで検索すると、ちゃんと調べている人がいて、それがヒットしました。

・東京都内のおすすめ「交通公園」25選 各施設の魅力&遊びを紹介
  https://report.iko-yo.net/articles/13496
・東京23区の交通公園まとめ!
  http://toutoi-tokyo.blogspot.com/2013/03/koutukouen-matome.html
・金子淳(2008)交通戦争の残影--交通公園の誕生と普及をめぐって
  https://ci.nii.ac.jp/lognavi?name=ir&lang=ja&type=pdf&id=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10297%2F3983&naid=110007541746

 最後のは論文ですが、専門用語がちりばめられたものではなく、普通に読むことができます。
 交通公園は、いろいろあるもんだなあという感想です。無料なのがいいと思います。小学校などに警察関係者が来て交通教室という形でやっていたものが常設化したのが発端なのですね。
 納税者としては、使わないと損する気分です。子どもがいる人はぜひ行ってみるとよいと思います。自転車の練習をする数年間だけ便利な施設ということで、子どものとき、親のとき、祖父母として、人生の中で3回くらい利用時期があることになりますが、大半の時期では無関係になってしまいます。しかし、こういうのがあってもいいと思います。
 係員が常駐しているわけですから、その人件費などを区が負担しているのでしょう。つまり交通公園の維持にはそれなりに費用がかかっているものと思われます。区の財政が厳しくなってくると、こういうのが廃止されたりするのでしょうが、いつまでもあってほしいものです。
 ところで、オーツが子育てをしていた三十数年前、交通公園があったのでしょうか。そのころは荒川区内のマンションに住んでいたので、検索してみると、荒川自然公園・交通園というのがありました。
http://arakawasizen-koen.com/traffic/
 ただし、この施設は 1996 年完成のようです。
http://arakawasizen-koen.com/summary/
つまり、オーツの子育て期にはなかったことがわかります。オーツの息子たちは自宅のあるマンションの敷地内で(緊急避難用の通路などを使って)自転車の練習をしたのでしょうか。忘れました。
 こんな状態であっても、次男の場合は、小学校3年生で水戸まで自転車で行ったことがありました。
2012.8.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/285189535.html
 長男と青森まで自転車で行ったのは、長男が小学校5年生のときでした。
2012.8.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/285019153.html
 今、自転車でよろよろと走る孫を見て、あと数年で長距離が走れるようになるのだろうかなどと余計なことを考えてしまいました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

ジョナサン 板橋大山店で孫とランチ

 オーツが板橋交通公園に行ったとき、みんなでランチを食べたのがジョナサン 板橋大山店でした。
https://store-info.skylark.co.jp/jonathan/map/020061
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13115910/
 オーツの他に、妻と嫁が同行し、孫は7歳(小学校1年生)、6歳(保育園年長組)、2歳の3人が行きました。
 みんなで、写真付きの大きなグランドメニューを見ながら、何を食べるか、相談しました。日曜日だったので、ランチメニューは提供がありません。
 オーツは、主菜が選べるヘルシー和膳(赤魚の西京焼き)(白米ご飯・みそ汁・サラダ・漬物つき)989 円にしました。
 妻は、札幌名物!チキンとごろごろ野菜のスープカレー 雑穀米つき 1,099 円、それに(セット)ジョナサンサラダ 219 円にしました。ジョナサンサラダは、ご飯類とセットにすると、単独で注文するより安くなるようです。
 嫁は、豪州産タスマニアビーフ100%おろしハンバーグ<和風ビネガーソース> 1,209 円と和食セット(ごはん・みそ汁・小鉢・漬物)418 円にしました。
 食べるものを決めるのに時間がかかったのが二人の孫でした。ジョナサンはファミリーレストランですから、キッズメニューがあります。
https://www.skylark.co.jp/jonathan/menu/menu_category.html?cid=115
オーツは、二人の孫がこういうものを注文するだろうと考えて、ファミリーレストランに行くことにしたのでした。ところが、2人とも、キッズメニューではなく、大人のメニューから注文したいと言い出したのです。まあ、全部食べられるなら、それでもいいのですが、小学校1年生や保育園児で大人のメニューが食べられるでしょうか。
 今回は、試しに孫のいうことを聞いてみようと思いました。7歳の孫は、たっぷりコーンとベーコンのピザ 769 円
https://www.skylark.co.jp/jonathan/menu/menu_detail.html?mid=105_12671
それとおこさまドリンクバー 132 円を注文しました。さらに、デザートを注文すると言い出したので、それは、食事が終わってからおなかに入る余裕があるようであれば、注文しようということにしました。
 6歳の孫は、ミックスグリル 1,099 円
https://www.skylark.co.jp/jonathan/menu/menu_detail.html?mid=104_12992
それとおこさまフライドポテト 132 円を注文しました。入学前の子どもは、おこさまドリンクバーが無料になるということです。こちらも、あとでデザートを追加することにしました。
 2歳の孫は、妻や嫁が大人の分から2歳でも食べられそうなものを分けてあげることにしました。また、おこさまフライドポテト 132 円を注文しました。実際は、おこさまフライドポテトを2歳と7歳の2人で半分くらいずつ食べました。
 こうして、食べるものが決まったのですが、問題はこれらを注文するのにタブレットで行うことでした。
 オーツがタブレットを操作しつつ感じたことですが、注文するべきものが決まっていても、それをタブレットで選ぼうとして、なかなか見つからないのです。メニューは種類ごとに分類されているのですが、その分類が紙版のメニューと対応しておらず、ぴったりしたものを注文するのがむずかしいと思いました。
 たとえば、豪州産タスマニアビーフ100%おろしハンバーグ<和風ビネガーソース>というのがはっきり決まっていても、それがタブレットに表示されるメニューのどこにあるかわかりにくく、いろいろなハンバーグが出てきたのですが、その中のどれなのか、嫁との意思疎通がむずかしく、手間がかかりました。さらに、和食セット(ごはん・みそ汁・小鉢・漬物)はタブレットでどこから探せばいいのか、わかりませんでした。
 あまりに複雑なように思ったので、妻がウェイトレスを呼び出して、口頭で注文を伝えようとしたら、「タブレットでご注文ください」と言われてしまいました。
 少なくとも、オーツの感覚ではこのタブレットのメニューの基本設計が十分考えられていないように思います。
 紙版のメニューがあることを考えると、たとえば、メニューの商品に簡単な番号を付け、その番号を入力させるようにしてもいいでしょう。今のやり方と数字で指定するやり方を並列でどちらも使えるようにしておけばいいのです。また、紙版のメニューと分類や順番を一致させるだけでもだいぶ操作性がよくなります。今は極めて不自由に感じました。
 オーツに代わって、嫁がタブレットを一部操作をしましたが、やっぱりわからなくてウェイトレスを呼びました。ウェイトレスは(さすがに)こうすれば注文できます、とやって見せてくれましたが、それではダメです。初めてタブレットに触る客が、自分で操作して、必要なものが選べるようになっていないといけません。何だかとても未熟なインタフェースを見たような気がしました。こういうインタフェースをデザインした人は誰なのか、そして、会社(すかいらーくホールディングス)の経営者は(自分で操作した上で)本当にそれでいいと判断したのか、大いに疑問に思いました。

 そんなことがありましたが、注文を済ませ、しばらく待っていると、注文品が順次持って来られ、一部はみんなで分け合ったりして、にぎやかな食事会となりました。
 7歳の孫は、ピザにカッターが付いてきたので、それを使って自分で8等分に切って食べ始めましたが、さすがに1枚全部が食べきれず、結局嫁や妻が1ピースくらいずつ食べることになりました。
 6歳の孫は、ミックスグリルを食べることになりました。こちらも、妻がハンバーグやソーセージを小さく切ってあげて、少しずつ食べていましたが、途中で満腹になったようで、口の動きが遅くなっていきました。また、タンドリーチキンが辛くて食べられないといいました。オーツが食べてみると全然辛くないのですが、スパイスの香りがちょっとエスニック(インド風?)で、食べ慣れていなかったのだろうと思います。
 やっぱり2人とも大人用の食事は無理なようです。背伸びしたい気持ちはわかりますが、無理しないでキッズメニューから選んだほうがよかったのではないでしょうか。
 2歳の孫は、フライドポテトをずいぶんよく食べていました。ご飯やコーン、大豆、それにハンバーグなどを小さな容器に入れてもらい、自分でスプーンを使って食べるようなこともできました。
 さて、子どもの分の食事は、少し大人が手伝って、何とか全部食べきったのですが、デザートの注文で、再度問題になりました。7歳の孫がデザートも大人用のものを食べたいと言い出しました。クラシック・ショコラパフェ 769 円です。6歳の孫は、おこさまプリン 176 円を選んだので、問題はないのですが、パフェはずいぶん大きそうなので、オーツはとても一人で食べられないだろうと思いました。しかし、本人が食べると言い張るので、こちらも試しに食べてみてもらおうと思いました。
 注文品が届いたあとで見てみると、パフェは本当に立派なものでした。
https://www.skylark.co.jp/jonathan/menu/menu_detail.html?mid=111_13018
一番上に乗っていたケーキみたいなもの(これがクラシックショコラなのでしょう)を別の皿にのせてみると、まるでデザートのケーキが出てきたみたいになりました。これだけでもデザートとして十分なくらいに思いました。その下に、バナナやソフトクリームがあり、チョコレートアイスもあって、すごいボリュームでした。
 結局、孫が一人で全部を食べきることができず、大人が助ける形になってしまいました。
 会計時には、テーブルの上の伝票をレジに持参する形になります。ここらあたりは昔のやり方と変わりません。
 こうして会計してみると、合計金額 7,143 円となりました。6人で食べたので、こんなものでしょうか。2人の孫が大人のメニューから選んだので、やや高めになったかもしれません。
 入店時刻は 11:40 ころだったと思います。会計時刻は 13:05、退出時刻は 13:15 ころだったと思います。ランチに1時間半ほどかかりましたが、まあ、子どもがいるとこのくらい時間がかかるものでしょう。

ジョナサン 板橋大山店ファミレス / 大山駅中板橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:04| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

板橋交通公園@板橋区

 とある日曜日、孫の自転車の練習にちょうどいい場所として、板橋区にある板橋交通公園に行ってきました。
https://www.city.itabashi.tokyo.jp/bousai/kouen/kouen/kotsu/1006620.html
https://amenicity.co.jp/contents/blog78/
https://dq310.com/nm/%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%8C%EF%BC%81%E5%AD%90%E4%BE%9B%E8%88%88%E5%A5%AE%EF%BC%81%E6%9D%BF%E6%A9%8B%E4%BA%A4%E9%80%9A%E5%85%AC/
https://iko-yo.net/facilities/18201
 交通公園といえば、以前、オーツは孫を連れて練馬区にある大泉交通公園に行きました。
2019.11.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/471609266.html
板橋区のものも似たようなものです。
 貸し出し用の自転車は、18型、20型、22型の3種類があり、しかも、それぞれの中でサドルの高さが異なるものが3種類あります。自転車のサイズはハンドルの中心の位置にマジックで書いてあります。また、サドルの高さはハンドルの中央部分の色(赤、青、黄色)で示されます。ペンキで塗ってあったり、カラーテープで巻いてあったりします。なかなかおもしろい工夫です。
 自転車を借りると、1回に外周コースを3周まで乗れます。受付のところに戻ってきたら、プラスチックのタグを箱に入れて、再度乗れます。受付のところで数人が並んで待っている状態になることもありましたが、数分も待たないうちに前の子どもが自転車を返しに来るので、それに乗ることができます。交代が割とうまく機能しているようです。午後にはたくさんの子供たちが来て、かなり混んだ状態になりましたが、希望すればそんなに待たずに自転車に乗れました。
 孫たちは何回も乗っていました。自転車とゴーカート(足踏み式)で合わせて、一人あたり70周くらい乗ったのではないでしょうか。
 周回コースの途中でわずかに上り坂になるところがあるのですが、6歳(就学前)の孫はここで止まってしまうことが多く、ここから走り出すのがちょっと苦手のようでした。
 この交通公園のルールでは、子どもが自転車のコースを走っているとき、保護者が付き添いでコース内を歩いていてはいけないとのことです。まあ、このほうが(保護者にとっては)楽です。
 補助輪付きの自転車に乗る子供たちは、公園の中央にある練習場で自由に乗ることができます。ここに置いてある貸し出し用の自転車は、補助輪付きのものと補助輪なしのものと両方がありました。
 オーツたちは、開園時刻の 9:00 ちょっと過ぎに交通公園に行き、自転車が借りられなくなる時刻 16:00 まで遊んでいました。自転車で来る人がたくさんいて、交通公園の入口のところには、歩けなくなるくらい自転車が並んでいました。近所の人が遊びに来るのでしょうね。無料で丸1日遊べるわけですから、幼児から小学校低学年くらいの子どもがいたら、ピッタリです。
 ちなみに、オーツのクルマのカーナビ(ALPINE 製)に公園の位置をセットするとき「板橋交通公園」と入れても名称検索ができませんでした。「板橋区板橋交通公園」とすると検索できました。ずいぶんひどい話だと思います。「板橋区板橋交通公園」で検索できてもいいけれど、「板橋交通公園」でも検索できるようにしておくべきでしょう。カーナビの設計が悪すぎます。
 板橋交通公園の隣にあった駐車場「NPC24H大山西町第3パーキング」が、現在セブンイレブンになっており、クルマが止められなくなりました。
https://toku-p.earth-car.com/parking-detail/305011968
http://parking-search.jp/search/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD/%E6%9D%BF%E6%A9%8B%E5%8C%BA/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E8%A5%BF%E7%94%BA/5032/
オーツは数百メートル離れたコインパーキングにクルマを止めて、公園まで歩いていきました。
posted by オーツ at 04:46| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

東長崎の中華のランチ

 オーツは、最近、東長崎駅近辺の中華の店でランチを食べ歩いています。こうなったきっかけは、江古田南口にあった龍厨房2号店の閉店でした。
2019.5.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/465902093.html
 ここの 650 円の日替わり定食がオーツの定番でした。
 龍厨房2号店の閉店と前後して、江古田南口の中華屋も閉店し、和興楼がランチの営業を中止しました。
2019.8.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/469086658.html
 こんなことで、江古田の中華の店の選択肢が一気に狭くなってしまったのでした。
 最近、オーツが考えている江古田の中華のランチでは、以下の三つがあります。
同心房 700 円
2020.1.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/473055715.html
皇家小籠包 750 円
2020.2.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/473385304.html
唐苑 750 円
2020.2.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/473504716.html

 どれもおいしくて、満足しています。
 しかし、龍厨房2号店のランチよりも価格が高いのが気になりました。そこで、700 円未満で食べられる中華の店を探そうと思い、東長崎に足を伸ばしてみたのでした。
 今は、食べログで個々のお店の特徴がだいたいわかりますので、オーツはそれを参考にして、700 円未満で定食が食べられる店を探しました。一覧表を作り、順次回るようにしていきました。
 事前にわかっていたことですが、中華料理の店にも2種類があります。中国式と日本式です。
 中国式の店の特徴は、調理担当者(コックさん)が中国人であることです。厨房から中国語が聞こえてくるのですぐわかります。料理の味付けが中国式で、オーツはこういうのが好きです。しばしば塩味でとろみが効いた玉子スープが付きます。漬物はザーサイであることが普通です。タンメンや五目そばなどの麺類のメニューがまったくないか、あってもごくわずかです。こういう店は、一般に店名が漢字で付けられ、しかも日本の漢字の使い方と異なるので、しばしば何と読めばいいか、迷います。
 江古田でいうと、同心房、皇家小籠包、唐苑ともこのタイプです。
 日本式の店の特徴は、調理担当者が日本人であることです。料理の味付けが日本式です。しばしば味噌汁や醤油味の(ラーメンと同じ味の)中華スープが付きます。漬物は日本式漬物(かキムチ)であることが普通です。麺類のメニューも充実しています。こういう店は、一般に店名が読みやすいし、それを見れば中華食堂であることが一目瞭然です。
 以下、オーツが行った東長崎の店を中国式と日本式に分類し、相互に比べた上で、オーツが再度行きたいと思うか否かを4段階の記号で表現してみましょう。

(1)◎=ぜひまた行きたい、何回でも食べたい
 普天河(中国式)
 2020.2.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/473595928.html
(2)○=また行きたい
 中国料理 鳴春(中国式)
2020.3.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474116273.html
 ぎょうざの満州(日本式)
2020.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/474031106.html
(3)△=また行ってもいいが、行かなくてもいい
 福聚縁(中国式)
 2020.2.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/473755809.html
 松月(日本式)
 2020.3.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/473930530.html
 中華料理タカノ(日本式)
2020.3.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/473962888.html
(4)×=今後は行かない
 二葉飯店(日本式)
 2020.2.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/473626089.html
 大羊飯店(日本式)
2020.3.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/474064063.html

 これらの他にも東長崎には中華料理の店がありますが、食べログで見たり、お店の前を通りかかったりして、わざわざ食べに行くほどでない店だと判断したものは以下の通りです。香蘭、五番、紅梅、松葉、佰億、公楽、松洲飯店、長野屋食堂。
 これらは、オーツの自宅から遠かったり、定食が 700 円以上したり、スタイルが日本式だったりする店です。江古田に 700 円のおいしい中華料理の店(同心房)があるのですから、わざわざ遠い店に行くなら、それに見合うメリットが必要だと思います。
 というわけで、オーツは東長崎でいろいろ中華の定食をランチとして食べ歩いてみましたが、オーツの口に合う店として、普天河と鳴春とぎょうざの満州(ただし焼餃子)をあげておくことにします。この3店に行くなら、味もオーツの口に合い、しかも江古田の同心房より安く食べられるということになります。
 ここに書いたのは、あくまでそれぞれの店でオーツが定食類を1回食べただけでの判断ですし、オーツの好み(偏り)がありますから、誰にでも当てはまるものではありません。オーツはこう感じたということを示しただけです。
 こういうのは自分で食べてみるのが一番いいと思います。個人ごとに判断が異なるでしょうが、それでいいと思うし、それが健全です。
 あ、ちなみに、オーツは江古田でランチに中華の定食を食べることはしないことにします。東長崎のほうが安くておいしいと思うからです。
posted by オーツ at 03:24| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする