2019年05月26日

六古窯 ―〈和〉のやきもの@出光美術館

 オーツは、出光美術館で開催された「六古窯 ―〈和〉のやきもの」という展示会に行ってきました。
http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/present/
 「六古窯」は「ろくこよう」と読みます。一発でカナ漢字変換できませんから、あまりなじみがない言い方だと思われます。中世から現代に至るまでやきもの作りが続いている瀬戸(せと)、常滑(とこなめ)、越前(えちぜん)、信楽(しがらき)、丹波(たんば)、備前(びぜん)を総称して「六古窯」というのだそうです。
 これらの日本のやきものは、生活の必需品でしたが、のちの時代では茶の湯の器として使われたようです。
 今回は、約100点の壺、甕(かめ)、摺鉢(すりばち)などが展示されていました。

第1章 中世陶器の系譜 ―瓷器系・須恵器系・土師器系
 入口を入ってすぐ右のところでは、中世の陶器の種類を分類して見せていました。粘土の材質の影響が大きいようですが、窯の大きさや形、焼き方なども関わって、それぞれの特徴が出てくるということです。
第2章 六古窯と中世諸窯
 入口を入った左側では、六古窯のそれぞれを代表する作品が並べられていました。
第3章 中世陶器の系譜から発展した茶陶
 奥の左側では、桃山時代の茶の湯の道具などがありました。形が小さかったり複雑だったりして、だんだん技術が洗練されていったように思います。
第4章 中世の人々が好んだ唐物
 出口に近いところでは、中国の焼き物が紹介されていました。日本の焼き物のお手本だったとのことです。
第5章 後世の眼が見た中世のやきもの
 出口の隣では、江戸時代に作られた二つの作品、それと写真家の土門拳が所蔵していた大きな壺が二つ展示されていました。中世の焼き物がずっと後まで影響を与えていることがわかります。

 日本では、形が完全に整っているわけでないものも使われてきたようです。焼くときに傾いてしまったり(釉薬が変な形に垂れたり、完全な丸でなく変形していたり)、粘土中の水分が影響してコブができてしまったりしたようなものでも、そのまま使われてきたということです。日本人は、そういうものでも大事に使おうとしたということかもしれませんし、むしろ、そういう一見失敗作のようなものの中に美=味わいを感じてきたということなのでしょう。
 オーツは、焼き物に関してはよくわかりません。なぜこれが重要文化財なのか、なぜこれが「美しい」とされるのか、何回見てもわかりません。まさに、猫に小判、豚に真珠、馬の耳に念仏といったところです。
 しかし、金曜の 18:00- の列品解説はおもしろかったです。学芸員の方のお話を聞いていると、展示品の見方が変わってくるような気がしました。
 さらに、学芸員の方のお話しによれば、同じ展示会に何回か足を運ぶ人もいるとのことです。だから列品解説の内容(重点の置き方)をそのたびに少しずつ変えているということでした。
 オーツは、1時間ほど自分で回って展示品を一通り眺め、それから50分ほど列品解説を聞きながらもう1回見て回りました。
posted by オーツ at 04:24| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

龍厨房2号店@江古田南口が閉店

 オーツはネットで知りました。
https://s-nerima.jp/wp/55668
 江古田南口にある龍厨房2号店が5月20日で閉店だそうです。
 オーツは、定期的にこの店に通っていました。たいてい日替わりランチを食べていました。安くておいしくてすばらしいと思っていました。それだけに閉店となるとショックです。
 そういえば、新江古田の近くにあった「中華屋」も先日閉店してしまいました。こちらもけっこういい店だと思っていたのですが、……。
 今後は、別の中華の店(麺類でなく、定食類)を考えるのでしょうか。どこに行くことにするか、悩ましい問題です。龍厨房2号店のあとに別の中華が入るかもしれませんので、時間をかけて検討してもいいと思います。
 江古田近辺の中華料理で、オーツが2番手グループ(たまに行くことがあり、行きつけの店が閉店したら行きつけの店に格上げしてもよい店)として考えているのは、唐苑、陳記厨房、和興楼の3ヶ所です。
2017.5.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/450048751.html
 2013.4.9 以降の約6年間で、それぞれの店でオーツがランチを食べた回数を調べると、唐苑8回、陳記厨房15回、和興楼17回となります。回数が多いからといって、そこがいい店だとは限りません。
 それぞれが「2番手」に位置づけられるのは、オーツがそれぞれの店で経験したこと(味と価格とその他)を考慮した「評価」ということになります。これらの店を相互に比較すると、龍厨房2号店よりは評価が低いということです。最近も陳記厨房でランチを食べましたが、やはりそんな評価でした。
 以前、ランチ営業をしていた龍厨房(2号店ではない)が、この機会に再度ランチを始めてくれれば、そこがいいということになりそうですが、まあ期待できないでしょうね。
 この際、江古田近辺の中華のジャンルを定期的に行く店から外してもいいのかもしれません。江古田からちょっと離れますが、豊玉にバーミヤンがあるので、中華が食べたくなったらそこに行くという考え方でもいいように思います。
posted by オーツ at 04:07| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

パスワードの定期的な変更は不要

 オーツは日経新聞で読みました。
「時代遅れの「パスワード定期変更」 いまさら聞けない注目テック用語」
(2019/5/22 4:30日本経済新聞 電子版)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44876200W9A510C1X30000/
 「定期的なパスワードの変更は、古くさくて時代遅れで価値が低い」ということです。
 オーツがネットバンキングで利用している銀行の一つは、いまだにパスワードを変更するように言ってきます。数ヶ月程度で自動的にメッセージが出るようになっているというわけです。
 ここのシステムでは、最近指定したパスワードは使えないので、オーツの場合、何個かパスワードを考えておいて、それらを使い回しています。現在、どのパスワードを設定しているかは別途パソコン内のファイルに書き込んでいます。
 しかし、本来はこういうやり方はあまりよくないのですね。
 銀行などの金融機関はセキュリティが第一ですから、そのためのデバイスを用意するとかいうことが有効なように思います。こうすると、自宅(デバイスの置いてある場所)からしかアクセスできないので、ちょっと不便なときもあります。旅先でネットバンキングを利用したいとかいう場合もあるかもしれません。
ラベル:パスワード 変更
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

午後12時

 オーツが大阪のホテル コンソルトに宿泊したときのことです。
2019.5.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/465852565.html
 フロントで渡された1枚のメモで、わかりにくいところがありました。
【清掃時間(連泊のお客様)】
清掃受付終了 午後12時
ご滞在中、清掃が必要な場合は、「掃除してください」の札をドアの外にお出しください。
清掃受付終了時間までにフロントまでルームキーをお預けください。
受付終了時間を過ぎますとアメニティ等の交換のみとなりますので、ご了承くださいませ。

 「午後12時」は、「正午」の意味なのでしょうか、「真夜中」の意味なのでしょうか。
 上記の後続の文脈から考えると、正午の意味のようです。しかし、やはりこの表示は曖昧さが残るように思います。
 ネットを検索すると、こんな記事がありました。
https://www.nao.ac.jp/faq/a0401.html
この記事では、正午は午後0時か午前12時という表示がいいとしています。午後0時は午後1時の1時間前、午前12時は午前11時の1時間後という理解でわかりやすいということです。オーツの感覚もほぼこんな感じです。
 これを基準に考えると、「午後12時」という言い方は(午後11時の1時間後ということになりますから)真夜中を指すということになりそうです。
posted by オーツ at 03:44| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

ホテル コンソルト@南方@大阪府に宿泊(2回目)

 大阪の南方にあるホテル コンソルトは、最近のオーツの大阪での定番宿です。
http://www.consort.co.jp/
 前回、ブログ記事に書いたのは2年前でした。
2017.5.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/449957237.html
 その後、2018年8月にリニューアルされたという話です。リニューアルされたかどうかは、オーツにとってはあまり関係ありません。仕事(出張)で行く場合は、普通に泊まれて朝食が食べられれば、それ以上のことは求めるつもりもありません。
 ホテル コンソルトは駅から近いのが何といっても好都合です。地下鉄御堂筋線の西中島南方駅と阪急の南方の駅から徒歩で1分もかかりません。
 同じ宿に泊まると、その付近に関する知識が増えていきますから、駅からの道を間違えることもなくなりますし、酔っ払って歩いても(最近はそんなこともなくなりましたが)ホテルにたどり着けます。
 さて、今回、チェックインするときに、フロントでアメニティグッズの一部をもらいました。インスタントコーヒーのパックと煎茶のティーバッグです。こういうのが部屋に置いてなくて、自分でフロントから部屋に運ぶことになります。こんなことくらいは問題ではありません。オーツの勝手な推測ですが、ホテルは連日満室になるわけでもないので、各部屋にこういう飲み物のパックを置いておくと、使われないままに古くなってしまうことがあり、コスト的にも問題になるとともに客から苦情が出ることがあるのではないでしょうか。
 ホテルの案内パンフレットによると、1階、4階、9階に自動販売機があると書いてあります。それぞれのところに行ってみると、ソフトドリンク類を売っていましたが、ビールがありません。オーツとしては、寝る前にちょっとビールを飲みたいと思いました。
 しかたがないので、ホテルから外に行くことにしました。ホテルを出て道路を渡ったところにセブンイレブンがあるので、そこで缶ビールを買って持ち込みました。大した不便ではないと思います。ホテルのビールは価格が若干高い場合が多いですが、この方式ならコンビニ価格ですから、ほぼ普通のお店並みということになります。

 このホテルの朝食は、2階の会場に食べに行きます。普通のバイキングですが、オーツは十分満足しました。特に気に入ったのは、おかゆでした。おかゆのところには丼が置いてあって、アツアツのおかゆがたっぷり食べられます。(オーツは調子に乗ってちょっと食べ過ぎました。2泊目と3泊目は食べないようにしました。)多くのホテルでは、おかゆのところにはご飯茶碗が置いてあるのですが、それだとお湯とかやくが加わる分、ちょっと不足を感じるのです。まあ、おかわりすればいいのですけれど。
 けんちん汁ととん汁も気に入りました。1泊目のけんちん汁は具沢山で、ちょっと薄味でしたが、こちらはおかわりして食べました。2泊目・3泊目のとん汁もおかわりして食べました。
 こういうホテルにも、最近は外国人の姿が増えました。1泊目は、白人が多数いました。ヨーロッパのどこかの国からのパックツアーのようでしたが、何語を話しているのか、わかりませんでした。北欧の言語でしょうか。たまに英語が混じっていました。
 2泊目と3泊目は中国人が多数でした。中国人がいると一気ににぎやかになります。テーブルで座って食べながら身振り手振りをまじえて話していました。オーツは通路を歩いているときにその中国人の手にぶつかってしまいました。
posted by オーツ at 04:34| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

バゲッジラック・バゲッジスタンド・ラゲージボックス

 オーツは、ホテルに泊まるときに、室内に折りたたみ式パイプイスみたいなものがあることが気になっていました。
 イスの形をしていますが、人間が座るためのものではなさそうです。背もたれがありません。「座面」に当たる部分はスキマのある幅広の布が貼られています。スキマがあるので、荷物を置くとスキマから落ちてしまいそうです。オーツはよくバスタオルを干したりするのに使っていました。しかし、タオル類を干すなら、もう少し別の形のほうがよさそうです。
 一体、何のためにパイプイスが部屋に置いてあるのでしょうか。
 ネットを検索して、わかりました。
https://hotelista.jp/concierge/commonsense/category5/chapter3.html
バゲッジラックまたはバゲッジスタンドといって、スーツケースを広げるときの台なんですね。知りませんでした。
https://gqjapan.jp/life/travel/20140416/hotels-100-questions/page/14
こちらのサイトではラゲージボックスと呼んでいます。
 ネットは世界最高の百科事典です。何でも調べられるような気がしてきました。
posted by オーツ at 03:35| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

升田幸三(2003.8)『名人に香車を引いた男』(中公文庫)中央公論新社

 オーツが読んだ本です。「升田幸三自伝」という副題が付いています。
 オーツが読んだのは、文庫本ですが、その底本は1980年に朝日新聞社から出版されています。
 中身は、1979 年の週刊朝日での30回にわたる連載をまとめたものということになります。子供のころから 昭和33年ころに至るまで、どんな人生を歩んできたかを語っています。
 升田幸三の自伝ということで、将棋好きなオーツとしては一度読んでみたいと思いました。
 まさに波瀾万丈の人生です。オーツが升田幸三の名前を知ったのは 1960 年代の終わりころですから、本書に書かれているかなりの部分は知りませんでした。本書では、子供のころからの無鉄砲な性格がよく書かれています。
 本書は、将棋の技術面の解説よりも、それぞれの対局相手(特に、木村義雄、大山康晴の二人)のことを升田がどう見ていたか、どのようにして闘志を燃やしていたか、そのあたりがくわしく書かれており、大変興味深く読みました。
 陣屋事件がどういう経緯をたどったのかなども、オーツはよく知りませんでした。同世代を生きているのでない限り、あとの時代ではくわしく書かれることはないものでしょう。

 13局の棋譜も載っていますが、それがメインではありません。
 そもそも、棋譜がかなり読みにくいものになっています。約20手分をまとめて1譜として掲載していますが、さすがに20手くらい進むと個々の局面が頭に入り切りません。もう少し小分けにしてもらえないと、本で読んで将棋を追いかけるのはかなり大変です。まあ、棋譜がメインではないですから、指し手の意味がわからなくてもいいのかもしれませんが、せっかく棋譜が載っているなら、盤と駒なしで読んでいける程度の長さにしてもらいたいと思いました。
 いや、これは、オーツが歳を取ってきて、長い棋譜が頭に入らなくなっているせいなのかもしれません。

参考記事:
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-4083.html


posted by オーツ at 04:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

寿がきやの「台湾ラーメン 辛さの頂」を食べる

 オーツがドン.キホーテに行ったとき、袋入りのインスタント麺のコーナーに「台湾ラーメン 辛さの頂」というのがあることに気がつきました。寿がきや食品が販売しています。
 ドン.キホーテで、3個入りで 398 円でした。1個あたり 133 円といえば、オーツにとって高級麺です。まあしかしドンキで売っているということで、本当の意味の高級麺ではなさそうです(笑)。パッケージを見ただけで、かなり辛そうなので、気になりました。
 袋の表面には次のような文面が書かれています。
大変辛いラーメンです。辛いものが苦手な方はご注意ください。
※1 国産激辛唐辛子「辛富士」使用 ※1 本製品に使用している唐辛子に占める割合5%
※2 唐辛子量 当社比3倍 ※2 当社、即席台湾ラーメンと比較

 袋の裏面にも注意書きがあります。
「辛富士」は、激辛で知られるハバネロ種よりも数倍高いカプサイシン類(※)を含有しており、強烈で刺激的な辛さが特徴です。
※カプサイシン類:唐辛子の辛味の主成分

 ここまで注意書きがあると、きっと辛いものだろうと推測できます。辛いもの好きなオーツとしてはぜひ食べてみたいという気になりました。
 先日、1個食べてみました。
 作ってみると、スープが真っ赤になります。いかにも辛そうです。
 食べてみると、まさにその通り。オーツが今まで食べてきたインスタントラーメンの中で一番辛いと思いました。
 以前食べたチゲラーメンや辛ラーメン
2012.2.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/253333635.html
とは全然比べものになりません。
 食べていくうちに、口の中や唇がピリピリしてきました。こういうのはなかなか食べられません。
 最後にスープを飲み干しましたが、途中でちょっとむせました。
 このレベルの辛さには、なかなか出会うことがありません。やっと日本のインスタントラーメンで本格的な辛さのラーメンが食べられるようになったということです。拍手を送りたいと思います。
 辛いだけのラーメンではありません。辛さの中に旨さが感じられます。こういうラーメンがオーツの好みです。

 オーツの経験では、これ以上の辛さのラーメンは、このブログを書き始めるよりも前に、2回ほど食べたきりです。それぞれ専門のラーメン屋で、いずれも地獄ラーメンと称していました。
 一つは八王子にある「ラーメンショップ 上柚木店」
https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13158595/
です。地獄ラーメンの話が口コミの中に出てきます。
https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13158595/dtlrvwlst/B82711961/
今でも食べられるようです。
 もう一つは、今は店がなくなっているようですが、つくば市天久保にあった「地獄ラーメン 味丸」およびその系列店の「カレーとラーメン 大五郎」です。この店の地獄ラーメンの辛さは、1丁目から3丁目まで調整できます。オーツが食べたのはウン十年前ですから、辛さの感覚が今と違っていた可能性が大きいです。タイムマシンがあれば、ぜひまた食べてみたいものです。ああ3丁目!!がなつかしい。

参考記事:
http://gazoo.com/my/sites/0001454817/VAIO/Lists/Posts/Post.aspx?ID=3133
http://gazoo.com/my/sites/0001454817/VAIO/Lists/Posts/Post.aspx?ID=3139
https://ameblo.jp/htworks/entry-12456062627.html
https://www.opa-club.com/canalcity/shop/4073/news/48999
https://blogs.yahoo.co.jp/ramen873/70272831.html
posted by オーツ at 03:40| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

西友ネットスーパーが楽天西友ネットスーパーへ

 オーツはたまに西友ネットスーパーを利用していました。5,000 円以上買うと送料無料になります。
 その後、西友ネットスーパーは楽天と提携して楽天西友ネットスーパーになりました。
https://sm.rakuten.co.jp/
 オーツは、このサイトから、いつぞや 1,000 円のクーポンをもらいました。ただし、なぜもらったのか、忘れました。もしかして楽天との提携記念だったでしょうか。
 で、サイトでいろいろ食料品などを買ったあと、レジ画面に進んで気がつきました。楽天西友ネットスーパーでは、楽天スーパーポイントが使えるのですね。オーツは楽天カードをメインにしているため、自然と楽天のポイントがたまってしまうのです。今までは楽天市場での買物でこれを使ってきましたが、ネットスーパーでこれが使えるのはありがたい話です。
 結局、クレジットカードを使わず、クーポンと楽天のポイントだけで支払いが済んでしまいました。なかなかありがたい話です。またそのうちネットスーパーを使いたいものです。
 指定した日の指定した時間帯に配達がありました。オーツが住んでいる場所は、赤羽のほうの西友の店舗が担当しているようで、そこの店舗からの配達でした。もっと近くに西友の店舗があるのですが、まあ、どこの店舗からの配達でも、買う側にしてみれば差がありません。購入したものが確実に届けばいいのですから。
posted by オーツ at 04:13| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

一風@下高井戸でランチにステーキを食べる

 オーツは下高井戸にある一風に定期的にランチに行きます。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13035003/
 ランチでは、いつも肉チゲ 950 円を注文しています。他のメニューも試したことがあるのですが、これが一番おいしいと思っています。
2016.7.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/440325346.html
2016.3.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/434872788.html
2015.9.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/425773364.html
2013.12.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/382232417.html
2013.2.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/327713943.html
 前回、一風に行ったとき、お店の人が「暑くなってきたらステーキはいかがですか」といいました。なるほど、肉チゲは熱い料理ですから、暑い時期には(そうでない時期でも)汗をかきながら食べることになります。
 今はまだ「暑い」時期ではありませんが、オーツは、ふと、ステーキを食べてみようと思いました。
 ステーキには、100g 950 円と 200g 1,800 円があります。100g というのは、だいぶ小さいように思います。そこで、200g を注文することにしました。
 スープ、サラダ、アイスコーヒーが付くのは他のランチメニューと同じです。もちろんライスも付きます。
 さて、ステーキを食べてどうだったか。オーツの口には合わないと思いました。
 ステーキは、厨房でカットしてくれます。食べやすい大きさです。ステーキのタレが2種類付いてきます。それぞれに肉をひたして食べると、普通においしく食べられます。付け合わせは、シメジとタマネギでしたが、それにもタレを付けて食べました。
 ステーキには、特に不満はありません。その意味で「普通においしい」と思います。しかし、再度これを食べるかという観点で見ると、何回も食べたくなるおいしさではないように思います。オーツが普段食べている肉チゲだと、何回も食べてみたいと思うし、食べるたびにおいしいと思うのですが、そこまでのおいしさではないということです。付け合わせも同様でした。
 というわけで、一風では、暑い時期にはマグロホホステーキ丼
2013.2.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/327713943.html
を食べるのがよいと思います。

一風無国籍料理 / 下高井戸駅松原駅明大前駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 03:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする