2020年01月24日

最近の居酒屋の傾向

 オーツは、日経新聞でとある記事を読んで、最近の居酒屋の傾向を知りました。

「居酒屋スルー、鳥貴族とワタミの答えは?」
(2020/1/23 11:30 日本経済新聞 電子版)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54692240S0A120C2TJ2000/

記事内容をまとめると、以下のようなことです。
(1) 若い世代は、忘年会もスルー(不参加)だし、新年会もスルーである。
(2) 団体客が減少しており、8人とか10人での来店は少なくなっている。
(3) ひとりや2人での来店が増えている。
(4) かつては金曜日、土曜日、日曜日の順番に混んでいたが、いまは土曜日、金曜日、日曜日の順だ。
 会社の宴会が減っていて、プライベートな飲み会が増えているためだ。
(5) 来店客のパーソナル化でドリンク比率が低下し、食事比率がアップした。
(6) アルコールを飲まない客が増え、ソフトドリンクが多くなっている。

 オーツなどが当たり前に経験してきた昔ながらの飲み会スタイルは、今や絶滅危惧種のようです。
 時代とともにライフスタイルが変わり、その結果飲むスタイルも変わってしまったのでしょう。
 今回の記事は居酒屋という店側の視点で書かれていますが、客側から見ても同じでしょう。
 昔ながらの飲み会スタイルは、中高年のものになってきており、若い人は友人や家族と新しいスタイルに移行しているわけです。土曜日などに少人数で楽しむスタイルということです。
 アルコールを飲まない人が増えてくると、居酒屋そのものが変質せざるを得なくなるでしょう。そうでなければ、単に居酒屋が潰れてしまうというだけで、その結果、別のスタイルの店が進出してくるわけです。どっちみち同じことになります。
 その昔、オーツがアメリカに何週間か滞在していたとき、日本流の居酒屋がなくて、さみしい思いをしましたが、日本もそんなアメリカ流に近づいていくということでしょうかね。
posted by オーツ at 04:01| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

森の定食屋@江古田南口で豚とナスの味噌炒め定食を食べる

 オーツは、昨年開店したばかりの「森の定食屋」に再度行きました。
 前回行ったときの話はブログに書きました。
2019.10.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/470884282.html
 今回は、前回もらったちらしで冷奴(あるいはミニサラダ)が無料になるクーポンが付いていたので、それを使おうと思いました。
 券売機で食券を買おうとしたら、前回よりもわずかながら値上げになっていました。オーツは、豚とナスの味噌炒め定食の食券を買いました。700 円でした。前回もらったちらしには 680 円と書いてありました。20円の値上げです。
 カウンターに座って待つことしばし。その間に、お冷やを自分で取りに行きました。
 おや、前回はおしぼりがあったと思うのですが、今回はありません。ちょっとしたサービス低下です。
 やがて、注文品がお盆にのって出てきました。
 食べてみると、おいしいです。中華料理ですが、味付けがオーツの好みに合っていて、とてもいい感じです。冷奴は、かなり大きいものが出てきました。上に刻みネギとおろし生姜がのっていますが、それも量が多く、これは大サービスです。味噌汁は豚汁で、こちらもおいしくいただきました。漬物はタクアンが2切れでしたが、薄くそぐように切ってあり、オーツには分量不足でした。
 全体に価格相応という感じでした。しかし、無料サービスの冷奴がないとしたら、どうでしょうか。セルフサービス部分があるとしても、700 円は微妙な価格です。

森の定食屋定食・食堂 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:01| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

妻が自宅の鍵をなくした?

 あるとき、妻が自宅の鍵をなくしたと大騒ぎがありました。
 オーツがクルマで外出したあと、しばらくして帰宅したときの話です。妻が玄関先にいて「自宅の鍵をなくしてしまったので、家に入れない」とのことでした。オーツが持っている鍵で自宅のドアを開け、妻を中に入れました。
 妻に言わせると、自宅に入れずに寒い中を1時間も待ったという話です。この日は特に寒い日だったので、ちょっと堪えたかもしれません。
 それから大慌てでの夕食の準備となりました。この日は息子家族がオーツの自宅に来て、みんなで食事会という予定だったのです。
 妻は、食事の準備をする一方で、地下鉄の駅に電話したり、忘れ物センターに問い合わせたりしていました。鍵には鎖が付いているとのことですが、なかなか特徴がないので、落とし物をしてしまうと、見つけるのは困難です。
 さて、そうやって、しばらく大騒ぎしたあとですが、妻が「鍵があった」とみんなに見せに来ました。自宅内のしかるべき場所に置いてあったのだそうです。
 ということは、今回、妻が自宅のドアの鍵をかけずに(鍵を持たずに)外出してしまったことが原因ということになります。妻は、普通、鍵をかけたあと、ドアを引っ張って、鍵がかかっていることを確認するようにしているのですが、今回に限ってその動作を忘れたのです。施錠の確認をすれば、鍵がかかっていないことに気がつき、その時点で自宅内の鍵を持参することを忘れたことがわかったはずです。
ラベル:
posted by オーツ at 04:35| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

ステーキ番長@下高井戸で番長ステーキを食べる(2回目)

 下高井戸にあるステーキ番長は、オーツが何回か食べに行った店です。
 前回、番長ステーキを食べた記事を書いたのは半年以上も前でした。
2019.6.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/467138069.html
 先日、再度同じものを食べてみました。
 今回は、紙のエプロンが出てきませんでした。まあ、なくてもいいでしょう。
 ステーキは普通に食べられました。しかし、何となく味付けに不満を感じました。今回は、テーブルの上にある調味料を使ってみました。ウスターソース、わさび、ハバネロです。
 そのたびに味が変わり、これはこれでおいしいと思います。ハバネロとわさびがよかったですね。ただし、ハバネロは瓶の口が詰まってしまったような感じで、出が悪かったのがイマイチでした。
 コーンなどの付け合わせにはウスターソースがぴったりのように思いました。
 そんなわけで、全般においしくいただいたのですが、前回「おいしい!」と思ったほどの感激はなく、普通に食べられたといったところです。
 なぜこんなに味の感じ方が違うのでしょうか。不思議です。同じ店で同じものを同じように食べて違った印象を持つ。食の感じ方はむずかしいものです。

ステーキ番長ステーキ / 下高井戸駅桜上水駅松原駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

新井紀子(2018.2.15)『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』東洋経済新報社

 オーツが読んだ本です。
 AI(人工知能)と子供たちの話です。オーツは AI の話に興味があったので、その点からの関心でこの本を読むことにしたのですが、最大の驚きは子供たちの話でした。
 第1章「MARCH に合格――AI はライバル」では、東ロボくんというプロジェクト(AI が東大の入試に合格できるか)を解説します。結論からいうと、AI は、そこそこの能力を獲得し、試験に対してそれなりの解答をするようになったということです。しかし、その裏には科目ごとのさまざまな戦略が立てられ、多数の研究者が集まって、この課題にチャレンジしてきたという事実があります。そのあたりを解説している章です。
 最後に、「AI が仕事を奪う」話が出てきます。
 第2章「桜散る――シンギュラリティはSF」では、さまざまな AI の例を出し、AI が人間の能力を超える地点−シンギュラリティは来ないと断定します。AI には意味がとらえられないからとのことです。
 著者の意見にはオーツも賛成する面があるものの、しかし、これはすべて過去の話です。コンピュータの歴史はたかだか80年程度しかありません。未来は大変に長い(十分に長い)のです。これからさらなる進歩・発展が継続することを考えると、「シンギュラリティは来ない」と断言していいのか、ここには一抹の不安が残ります。ないことの証明ができないことと類似した話です。
 第3章「教科書が読めない――全国読解力調査」では、全国の2万5千人もの人の基礎的読解力を調査しています。AI がどの程度の能力を示しているかを人間と比べて確認しようというのが発端のようです。しかし、そこには驚愕の事実が隠されていました。本書のタイトルにもあるように、3人に1人が簡単な文章が読めないという事実です。どういう問題が出たのか、解答者がどんな人だったのか、正解率がどうだったのか、さまざまなグラフが示されるので、説得力があります。
 こういう話は、まさに驚きの事実なのですが、大学生たちに接してみると、これがさもありなんと思えてくるところが恐いところです。オーツがいろいろなレベルの大学生に接した経験では、このあたりの読解力というか理解力というかで非常に大きな差があると感じます。頭のいい学生たちの場合、次々と新しいことを咀嚼し、自分を変えていくことができるのに対し、そうでない学生たちの場合、新しいことが理解できないし、したがって、知識の獲得も何もできないわけです。長い人生では大差になってしまうと思います。
 第4章「最悪のシナリオ」では、AI が社会に導入されてくると、たくさんの仕事が AI に代替されるだろうという話です。人間側が教科書が読めないレベルであれば、そういう人は社会に役立つようなレベルの仕事ができないだろうと思われます。そういう人はやるべき仕事がなくなってしまいます。人間は AI にできない仕事をするべきですが、能力が低いと、そういう仕事ができないことになるわけです。

 この本は、第3章から第4章だけでも読む価値があると思われます。大変おもしろい本でした。

参考記事:
http://iiaoki.jugem.jp/?eid=7325


posted by オーツ at 04:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

スワディスト@新江古田でランチ(2回目)

 新江古田駅からほど近いスワディストは、オーツがたまにインドカレーを食べる店です。
 前回の記事は以下の通りです。
2016.5.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/437818674.html
 その後も何回か、カレーを食べたのですが、味がイマイチかなということで、ちょっと足が遠のきました。オーツは、マヒグローバルダイニングのほうに定期的に食べに行っていたのでした。
 最近、マヒグローバルダイニングがかなりの値上げをしたので、
2020.1.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/473026835.html
江古田でインドカレーが食べられる店ということで、思い起こしました。
 先日、久しぶりにスワディストに行ってみました。いつものようにベジタブルカレーの7辛(780 円)を注文して食べてみました。この価格で野菜サラダとドリンク付きです。カレーの辛さはけっこうです。十分辛いです。その中に旨さが感じられ、オーツとしては満足できる味だと思いました。今後は、江古田でインドカレーを食べるときはスワディストに通おうと思います。
 もしかすると辛さは6辛でもいいかもしれません。今回、7辛を食べているうちに、舌が辛さを感じるようになってきました。やや抑えた辛さということで6辛も試してみましょう。
 ちなみにメニューには5辛までしか表示がありません。6辛や7辛というのは裏メニューです。
 何はともあれ、こういう金額で食べられる十分な辛さのインドカレーというのは貴重な存在です。ずっと継続的に営業していってもらいたいと願っています。

スワディストインド料理 / 新江古田駅江古田駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 03:54| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

メインのノートパソコンのダウン

 オーツが普段使っているのは3万円のノートパソコンです。
2019.1.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/463713148.html
それでも快適に使えて満足していました。
 ところが、突然、故障しました。
 症状ですが、普通にパソコンを使っているうちにおかしくなりました。
 突然、画面が真っ黒になり、電源ボタンを押してもまったく立ち上がらなくなりました。
 こうなる前は、Google Chrome 経由でネット内の記事を読んでいたのですが、いくつかの記事をオープンしていると、ブラウザが止まってしまう現象が起きました。右上の×アイコンをクリックすることで、ブラウザが閉じますので、再度立ち上げ、直前の状態を「復活」させて、記事を読み始めました。こんなことを10分くらいで2回ほど経験しました。その後、突然画面全体が真っ黒になりました。
 電源ボタンを押しても、ウンともスンとも言いません。
 オーツは、過去、数十年パソコンを使ってきましたが、今まで経験した中で最も重大なトラブルです。
 幸い、購入してからちょうど1年以内で、保証期間内ということなので、修理ないし新品交換ができます。さっそく販売会社に連絡しました。
 しかし、会社の話では、メインメモリないし SSD のエラーだろうということで、修理は望めず、新品交換になってしまうという話です。
 パソコン内の SSD では、各種ファイルをいじっていますし、メールの読み書きとかもしていますし、そういう変更点がすべてなくなってしまいます。ただし、今回の場合、せいぜい1日分だけの損害で済みます。勤務先と自宅とで最新のファイルを USB で持ち歩いているためです。
2019.1.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/463837380.html
 新品のパソコンが到着すると、各種ソフトのインストールが必要になり、普通に使えるようにするまでに、数時間はかかってしまいそうです。いやはや、いやはや。

 オーツは、故障したパソコンを販売会社に送るとともに、さっそく予備機のパソコンを引っ張り出して、それを使うことにしました。USB から各種ファイルをコピーすればメインマシンとほぼ同じ環境で使うことができます。予備機のありがたさを痛感しました。普段使わないままにただ置いておいたものなのですが、……。
ラベル:ダウン パソコン
posted by オーツ at 05:24| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

牛串牛鍋じげん@西荻窪で4人で飲む

 とある土曜日の 17:30 くらいに西荻窪の駅前にある牛串牛鍋じげんに4人で行きました。
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13163147/
https://akr6696632508.owst.jp/
 この日は、いろいろな割引がありました。
 まず、お店のサイトに、生ビール 290 円のクーポンがありました。
https://akr6696632508.owst.jp/coupons/15956733
 それに加えて、6周年記念ということで、焼酎全10種66円、名物じげん鍋 666 円というサービスもありました。
https://www.facebook.com/gyukushijigen/photos/rpp.630263437015696/3435639686478043/
 明細を厳密に確認したわけではありませんが、おそらくこういう料金で飲み食いできたものと思います。
 オーツは、生ビール2杯と焼酎を3杯飲みました。けっこういい感じになりました。それぞれのメンバーが自分の好みのものを注文しました。
 4人で食べたものは、お通し4個の他に、とろける卵黄のシーザーサラダ 480円、じげん鍋2人前 666円×2、ゆがき茶豆 290円、お任せ串焼き5種盛り 900 円×2、赤タンネギまみれ 580円、白タンネギだれ 580円、ホルモン100%使用ホルモン餃子 450円、かにクリームコロッケ(2個)780 円だったと思います。記憶で書いていますので、抜けがあるかと思います。
 オーツがおいしいと思ったのは、じげん鍋という牛鍋でした。以下、他人の写真ですが、まさにこんな感じのものが出てきたので、URL を示しておきましょう。
https://tabelog.com/imgview/original?id=r73565108988718
4人だったので、鍋料理は3人前くらい注文すればいいかと思ったのですが、お店の人が2人前で十分だろうという話をしました。そこで2人前を注文したわけですが、山盛りの肉が見え、迫力がありました。ただし、加熱していくと、中からもやし(それにキャベツ)の山が姿を現し、肉の山でなかったことがわかる仕組みでした。ちょっと甘めのタレがおいしく、肉も野菜もおいしく食べられました。分量も4人でちょうどいい感じでした。
 こんなことで、2時間ちょっとお店にいたと思います。会計すると、11,350 円だったですかね。4人で割ると、一人3千円も行かない計算になります。
 安くておいしくて、けっこうでした。

牛串牛鍋じげん居酒屋 / 西荻窪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

崔基鎬(2014.1.1)『韓国がタブーにする日韓併合の真実』ビジネス社

 オーツが読んだ本です。
 まえがきには、「本書は2003年9月に小社より刊行された『日韓併合の真実』を新書化したものです。」と書いてあります。実際に書かれた時代はかなり前ということになります。
 ちなみに、オーツはこの本が「新書」だとは思いませんでした。実測してみると、横 117mm、縦 175mmほどのサイズです。厚さは 15mm ほどです。ほぼB6サイズ(128mm×182mm)に相当します。普通、新書というと、新書判のサイズ(106mm×173mm)ですが、それよりはずっと大きいということになります。
 第1章「鎖国から開国へ――挑む日本、逃げる朝鮮――」では、徳川300年と李朝500年を対比的に記述しています。李朝がいかにひどい国だったか、詳しく書かれています。人民の疲弊も相当なもので、これでは国として成り立っていないとさえ言えます。
 第2章「大院君VS.閔妃――朝鮮内紛に虎視眈々の欧米列強と日本――」では、19世紀末の朝鮮の内紛を描きます。朝鮮の動きは、独立国のそれではなく、何か困ったことがあると外国に助けを求める傾向にあるようで、しかも、国内で対立勢力があると、それぞれが別の外国に保護を求めたりするわけですから、国内はメチャメチャになります。そのような朝鮮半島の歴史が描かれます。
 第3章「溶解しはじめた李氏朝鮮――クーデター、民衆蜂起、そして清日戦争――」では、李氏朝鮮末期の乱れた朝鮮事情を記述していきます。クーデター、金玉均暗殺、東学党の乱など、さまざまな事件が起こりますが、なぜそうなったのかを知ることが重要です。朝鮮は、国としての判断ができていません。高宗は国王らしさが全然なく、日和見主義で、国として成り立っていないというべきでしょう。
 第4章「露日戦争と李朝終焉――ついに実現した日韓併合――」では、高宗がロシア公使館に逃げ込み執務したなどという信じがたい話が出てきます。国王がこういう行動をするなんて、いやはや、どうしようもありません。朝鮮半島をめぐってロシアと日本が覇権闘争を行い、それが日露戦争につながっていくことになります。その戦争に勝った日本が、日韓併合に踏み切ったのは、ある意味で当然のことだったのかもしれません。
 終章「日韓併合が朝鮮民族を救った――歴史を再検証する時代を迎えて――」では、今日の韓国の繁栄は日韓併合によってもたらされたという歴史観が語られます。19世紀から20世紀前半の朝鮮半島の歴史を見ると、このような考え方がかなり妥当なように思えます。
 ひるがえって、現在の日韓関係を見てみると、まさに混迷しています。なぜこうなっているのか、考えてみると、その裏には朝鮮半島ないし韓国の歴史をどう見るかという、歴史観の問題がありそうです。李氏朝鮮は豊かなきちんとした国だった、それを日本が併合して何もかも奪い去った、韓国はそういう日本を打ち破って新しく出発し、現在に至ったというのが現在の韓国(および多くの韓国人)の歴史観のようです。本書は、そういう見方の真逆の歴史観を示します。
 現在の韓国の宣伝にも似た歴史観を見ていると、正直うんざりします。日韓併合をはじめ、さまざまな事実を知ると、今の韓国の主張がいかに無謀か、よくわかります。
 韓国の中で日韓の歴史をどう見るべきか、もっとさまざまな議論があってもよさそうです。そういうのが封鎖され、反日だけが声高に叫ばれるようになっている現状はまことに残念です。
 隣国と仲良くすることはむずかしいのかもしれませんが、まずは歴史観のすりあわせあたりから行わないと、未来志向の日韓関係なんて成り立たないのかもしれません。
 この本に書かれているようなことが韓国人に広く知られるようになることを切望します。


posted by オーツ at 03:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

サイゴン 有楽町店

 サイゴン 有楽町店は、有楽町の駅のそばの「有楽町ビル」の地下1階にあるレストラン街の中にあります。
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13006468/
http://www.saigon.jp/#thirdPage
 ベトナム料理と中華料理の店です。
 出光美術館の展覧会を見たあとに、妻と二人でこちらの店に行ってみました。
2020.1.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/473097884.html
 19:15 くらいに入りました。一応予約しておいて店に行ったのですが、2、3組の客しかおらず、ガラガラ状態でした。
 妻は生搾りオレンジジュース 450 円を飲みました。オーツは、キリン生ビール(中)530 円×2を飲みました。
 食べたものは、エビの唐辛子炒め 800 円、エビすり身揚げ入り生春巻 980 円、チャーカー(鍋)(小)1,800 円でした。
 エビの唐辛子炒めは、中華風味付けで、味が濃くて、ちょっとピリ辛で、ビールによく合います。エビが何個も入っていてプリプリでおいしく食べられました。
 エビすり身揚げ入り生春巻は、いかにもベトナム料理です。春巻き2本分がそれぞれ4分割されて1皿に盛り合わされていました。けっこう食べがいがあって、オーツが5個、妻が3個食べました。
 最後に、チャーカーという鍋料理が出てきました。鍋料理なので、汁に入っていると思ったのですが、そうではなくて、野菜から若干の汁が出るものの、基本は炒め物のような感じです。旅館で使うような銘々鍋で出てきて、下の固形燃料で温めながら食べるのですが、オーツは火力(加熱時間)が心配になりました。しかし、鍋の中の具材はすでに加熱済みとのことです。鍋の他に、ビーフンが山盛り、サニーレタスやシソの葉などの生野菜も出てきて、それなりの量になりました。自分の取り皿にビーフンと生野菜を入れ、鍋の中の具材を移し、砕いた豆とペースト状の調味料を加えて、混ぜて食べるというわけです。なかなかおいしいと思いました。
 メニューには(小)というのが2〜3人前と書いてありましたが、2人で食べてちょうどよかったです。
 そんなことで、20:00 には店を出ることにしました。1時間弱の滞在でした。店を出る頃には、各テーブルに客が座っており、満席状態でした。有楽町の金曜日の夜というのは、この時間帯に混むものなんですね。
 会計すると、5,874 円と言われました。消費税込みで、5,340×1.1 という計算をしたものと思われます。
 ここまでに示した価格はメニューに書いてあったものをオーツがそのままメモしたものです。これを合計すると、5,090 円になります。お店がレジで示した 5,340 円とは 250 円の差があります。この差がなんなのか、わかりません。その場で明細を質問すればよかったのかもしれませんが、そこでは合計の計算をしたわけではないので、250 円の差があることに気がつかず、店の請求する金額をそのまま支払ったのでした。自宅に戻ってからこの差額に気がついたというわけです。ま、サービス料だと思うことにしましょう。
 ちょっと珍しいものが食べられて、いい経験でした。

サイゴン 有楽町店ベトナム料理 / 有楽町駅日比谷駅銀座駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする