2020年09月18日

李栄薫(2019.11.15)『反日種族主義』文藝春秋

 オーツが読んだ本です。「日韓危機の根源」という副題が付いています。
 一読して、大いに納得しました。慰安婦問題をはじめとする日韓関係の諸問題の裏に「反日種族主義」があるという議論です。種族主義(トライバリズム)というのは、民族よりももっと狭い範囲の人々がある考え方に固執して、(それがウソであったとしても)それを強く主張する態度です。事実に基づけば、そういう考え方は問題だとすぐにわかりそうなのに、それには目を閉じて、一方的に自分の主張を繰り返すのみです。それではそれ以外の人々と友好関係を築くことはできません。今の韓国はそのような種族主義にとらわれてしまっています。
 本書は論文集です。さまざまな人がそれぞれの問題について論じています。日韓併合期の文献などを広くあさり、それらの大量の資料に基づいた冷静な議論を展開しています。だから説得力があります。
 本書は韓国語版が先にあり、それを編集して日本語版が作られたとのことです。韓国でこのような本が出版されたということはとてもよいことだと思います。韓国では、編著者たちを単純に「親日派だ」と批判するのでなく、そこに書かれた「事実」が事実なのかどうかを検証し、それから導かれる議論が妥当かどうかを考えるべきです。そのような冷静な議論が何よりも優先されるべきですが、現在の韓国ではそういうことができなくなっているのではないかという危惧があります。
 以下、目次を示し、簡単な内容要約を示します。

プロローグ 嘘の国
 韓国が嘘のはびこる国であることを述べます。国民も、政治も、学問も、裁判も、何もかもです。
第1部 種族主義の記憶
1 荒唐無稽『アリラン』
 『アリラン』は、韓国でよく知られる小説ですが、日韓併合期に警察が即決銃殺するストーリーはあり得ない話です。
2 片手にピストルを、もう片方に測量器を
 「朝鮮土地調査事業」は、腰にピストルを下げた職員が行って、土地の40%を収奪したと教科書に書かれていますがそれは嘘です。ピストルは山の獣に対応するためのものでした。
3 食糧を収奪したって?
 日本が朝鮮半島の米を収奪したというのも嘘で、実は輸出した(つまり金を得た)のでした。
4 日本の植民地支配の方式
 日本は、貨幣統合、法制度の適用などで朝鮮半島を内地と統合しようとしていました。したがって併合の時期に朝鮮人の会社が多数興され、経済が発展したのでした。
5 「強制動員」の神話
 「強制徴用」も虚構です。そんなことはなかったのですが、韓国の教科書にはそう書かれています。
6 果たして「強制労働」「奴隷労働」だったのか?
 内地に働きに行った朝鮮人と日本人では賃金差別はなかったのです。
7 朝鮮人の賃金差別の虚構性
 炭鉱の賃金台帳などの調査結果から朝鮮人と日本人の賃金を比較しています。実に実証的です。
8 陸軍特別志願兵、彼らは誰なのか!
 多数の朝鮮人の若者が志願して皇軍兵士になりました。
9 もともと請求するものなどなかった――請求権協定の真実
 日韓請求権協定がどんなものであったのか、どういう調整が行われたのか、交渉の結果どんなものになったのかを説明しています。
10 厚顔無恥で愚かな韓日会談決死反対
 韓国には請求権交渉に反対する勢力がありました。
第2部 種族主義の象徴と幻想
11 白頭山神話の内幕
 白頭山が朝鮮人の象徴になる過程を描写します。
12 独島、反日種族主義の最高象徴
 独島(竹島)の歴史的経緯を説明します。
13 鉄杭神話の真実
 韓国では、風水の考え方で山に打ち込まれた多数の鉄杭(韓国人の気脈を断絶するもの)を引き抜きました。しかし、それは測量の基準点でしかありませんでした。
14 旧総督府庁舎の解体――大韓民国の歴史を消す
 旧総督府庁舎が金泳三大統領によって解体されましたが、それは、同時に、韓国の歴史を消すものでもありました。
15 親日清算という詐欺劇
 親日清算は反民族主義者の処罰と重ねられて、おかしな話になってしまいました。
16 ネバー・エンディング・ストーリー 「賠償!賠償!賠償!」
 日本に対する請求権は、請求権協定で決着しているのに、その後も盧武鉉政権などが強制動員被害者を支援するということで賠償を求めるようになりました。
17 反日種族主義の神学
 反日種族主義の考え方を歴史学・神学の立場から位置づけます。
第3部 種族主義の牙城、慰安婦
18 我々の中の慰安婦
 慰安婦には、韓国軍慰安婦、民間慰安婦、米軍慰安婦などがいるのに、日本軍慰安婦だけが注目されます。いかにも不均衡です。
19 公娼制の成立と文化
 朝鮮王朝のころからの公娼制を記述しています。
20 日本軍慰安婦問題の真実
 日本軍慰安婦の実態を資料に基づき、記述します。人数や、個人ごとの経緯など、くわしい記述です。
21 解放後の四十余年間、慰安婦問題は存在しなかった
 解放後、ずっと慰安婦問題は存在しなかったのに、吉田清治の嘘の本が出てから問題が発生しました。
22 韓日関係が破綻するまで――挺対協の活動史
 挺対協の態度は日韓関係を壊すことが目的のようです。そういう趣旨で活動してきています。
エピローグ 反日種族主義の報い
 このままでは韓国は亡国の道を歩むだろうとしています。


posted by オーツ at 03:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

ドライブインかなや@長万部町でかにめしを食べる

 オーツは長万部町でランチを食べようと思いました。
 クルマで走りながら、どこで食べようかと思いました。町には食事ができるところがありますが、町と町の間は何もない道路がずっと続くのです。そこで、長万部町に着いたときに、町の中心部を迂回する国道のバイパスを使わずに、あえて旧道の街中の道(道道)を選んで走ってみました。中心部は見事なシャッター商店街でした。食べるところは見つかりません。
 で、またバイパスと合流して、少し走ったら、「ドライブインかなや」という看板を見つけました。そうだ。こういうところでランチを食べればいいのだと思いました。
http://www.e-kanaya.com/
https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010503/1005978/
 ドライブインですから、大きな駐車場がついています。そこに大型バスも止まっています。
 オーツは店に入って、食券売り場の列に並びました。おじさんが手作業で食券を販売していました。テーブルが空くとそれに対応した数だけ食券を売るという方式です。待ち行列はかなり長くなっていました。しかし、テイクアウトの客もいるので、思ったよりは早くオーツの順番が来ました。ぶら下がっていた短冊を見ると、ここは「かにめし」が名物のようです。そこで、これを注文することにしました。
 指定されたテーブルにつくと、ウエイトレスがやってきて、紙コップに入った冷たい水と、ポットに入った氷入りの水を持ってきました。テーブルで食べるような食堂で、紙コップを使うというのは珍しいと思います。普通はガラスのコップを使うものでしょう。
 少し待っているとかにめしが運ばれてきました。

kanaya.JPG

 これはおいしいです。カニがたっぷりです。確かに名物料理といっていいと思います。
 下に敷いてあるご飯との相性がよく、箸が進みます。
 意外なことに(といっては失礼ですが)味噌汁もおいしく、オーツとしては大いに満足しました。
 これで 1,200 円というのは妥当な値付けだと思います。
 オーツの場合、予備知識も何もなく、単にふらりと立ち寄っただけですが、偶然いいお店に出会いました。

かなやかに / 中ノ沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:38| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

日本橋@苫小牧市で日替わりランチを食べる

 とある土曜日、オーツは苫小牧市でランチを食べることになりました。行ってみたのが「日本橋」という名前の和食の店でした。
http://www.yamabe.info/
https://tabelog.com/hokkaido/A0108/A010802/1006964/
店内が満席だったので、オーツはいけすのそばのイスでちょっと待たされることになりました。
 この店は、寿司屋というべきでしょうか、割烹でしょうか、あるいは居酒屋というべきでしょうか。ランチの時間帯にも営業しています。テレビがかかっている大衆的な雰囲気の店で、あちこちにビールなどを飲んでおしゃべりをしているグループがいました。
 この店のメニューには日替わりランチがあり、平日が 1,200 円、土曜日はちょっと高くて 1,400 円(税別)です。オーツはこれを注文しました。ちなみに、日曜日はすし重ということで 1,700 円になります。

nihonbasi.JPG

 土曜の日替わりランチは、寿司と蕎麦と茶碗蒸しのセットでした。
 オーツが食べたところでは、普通においしく食べられましたが、特色がないと思いました。蕎麦も平凡だし、寿司も平凡だと思います。わざわざこれを食べに来る「魅力」はないと思います。
 日替わりランチでは店の特色が出ないのかもしれませんが、オーツにとっては食事処との出会いは「一期一会」だと思います。
 オーツは 1,540 円を払って店を出ました。

日本橋割烹・小料理 / 糸井駅青葉駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

玉川庵@釧路市でかきそばを食べる

 釧路市でランチの時間になりました。
 オーツは玉川庵という蕎麦屋に入りました。
https://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011201/1004957/
注文したのが「かきそば」です。牡蠣の入った蕎麦だから「かきそば」というわけで、安易な命名です。釧路あたりの名物料理のようです。
 注文して待つこと少し。かきそばが出てきました。

tamagawaan.JPG

 牡蠣がゴロゴロ入っています。食べながら数えてみると、7個でした。この牡蠣がおいしいと思いました。それに加えて、蕎麦がおいしいと思いました。オーツは普段温かいつゆに入った蕎麦はあまり食べません。しかし、この店の温かいつゆはおいしいと思います。
 蕎麦を食べているといかにも蕎麦らしい香りがします。なかなか本格的です。こういう蕎麦なら、ざるそばなどでもおいしく食べられるでしょう。
 こうしてたっぷりの牡蠣と蕎麦を楽しんで、1,500 円というのは妥当な金額のように思います。

玉川庵そば(蕎麦) / 新富士駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:26| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

監獄食堂@網走市で監獄食Aを食べる

 オーツは網走市にある博物館 網走監獄に行きました。
https://www.kangoku.jp/
 一通り見て回ったあと、お昼時になったので、ランチを食べようと思いました。
 博物館を出たところに「監獄食堂」という食堂があります。
https://tabelog.com/hokkaido/A0110/A011001/1028871/
せっかくなので、ここで食べようと思いました。
 店に入って、監獄食A(さんま)800 円の食券を券売機で買いました。席でちょっと待っていると、オーツの番号が呼ばれました。セルフサービスでお盆を運び、テーブルで食べることになります。

kangoku.JPG

 食器はすべてプラスチックでした。オーツは学校給食を思い出しました。
 しかし、ある意味では普通の定食でした。さんまがやや小ぶりというか細身でした。切り干し大根の煮物がたくさんあっておいしかったと思います。ご飯は麦飯です。春雨サラダは普通です。味噌汁(ワカメとネギ入り)が温かくて普通においしいので、いいと思います。今の刑務所では実際にこんな食事が出るのでしょうか。これなら受刑者としても特に不満はないように思います。
 一般の人にとっても、そのまま普通の定食として見ていいと思います。違いは、やっぱりプラスチックの食器ですね。

監獄食堂定食・食堂 / 網走駅呼人駅桂台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

道の駅マリーンアイランド岡島でホタテカレーを食べる

 マリーンアイランド岡島という道の駅は、北海道枝幸町岡島にあります。
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/768/
オホーツク海に面していて、建物全体が船の形をしています。
 オーツは、ランチの時間になったので、この道の駅の食堂で何か食べることにしました。
https://tabelog.com/hokkaido/A0109/A010903/1008593/
 こういうところの食堂にはあまり期待はしませんが、こういう食堂で食べておかないと、食べる場所がなくなったりするのです。北海道は、町と町の間には飲食店などが何もなくて、道路がまっすぐに延々と続くだけということがあります。食べられるときには食べておくべきです。
 オーツはホタテカレー 1,000 円を食べることにしました。
 このあたりはホタテが名物です。だからホタテカレーなどというものがあるのでしょう。

okasima.JPG

 出てきたものはなかなか立派です。大きめのホタテのフライが三つライスの周りにおいてあり、他にホタテの身が直接2個入っていました。食べてみると、どちらもおいしかったです。カレーはピリ辛ですが、万人受けするためにはそんなに辛くはできないでしょうね。でもこのカレーがホタテと相性がよく、おいしく食べられました。
 ミニサラダ付きで 1,000 円というのは納得の価格です。
 ちょっとした名物料理を食べた気分になりました。別にホタテカレーを名物料理として売り出しているわけではありませんが。

道の駅 マリーンアイランド岡島その他 / 枝幸町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 03:57| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

味処 たけだ@小樽市で三色丼を食べる

 オーツは小樽市でランチを食べようと思いました。小樽の無料のガイドブックなどを見てみると、小樽駅のそばにある三角市場の中にある「味処 たけだ」の写真がおいしそうに思えました。そこで、この店に行ってみようと思いました。
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1006902/
 三角市場というのは、狭い通路の両側に鮮魚店がひしめくところです。観光客もたくさん来ます。武田鮮魚店の向かいに「味処 たけだ」という店がありました。
 オーツは、店の中に入って、テーブルに座り、メニューを見ました。いろいろな海鮮丼が並んでおり、目移りがします。店の人の案内では、メニューの価格よりも 300 円引きで提供するとのことです。
 好きな(食べたい)ネタを考え、あまり気が進まないネタを外して考えると、三色丼(ウニ、カニ、ホタテ)がいいと思いました。

takeda1.JPG

この海鮮丼が 300 円引きで 2,200 円です。
 オーツの普段のランチの金額は 1,000 円以下にしていますが、せっかく遠方の小樽まで来たのだし、旅行ということでちょっと気分も大きくなって、普段の2倍近くの価格のものでも、注文にためらいはありませんでした。
 待つことしばし。
 三色丼が出てきました。

takeda2.JPG

 一見してがっかりしました。小さい容器なのです。隣の味噌汁のお椀(これは普通のお椀です)と比べてみてください。丼というよりはご飯茶碗と呼ぶ方が適切ではないかと思いました。メニューの写真と比べて、決して嘘ではありません。しかしオーツはもう少し大きい丼を考えていました。
 味噌汁もおいしいし、海鮮丼のネタはそれぞれおいしかったし、サービスの小鉢(味付けイカ)もおいしくいただきました。その意味では問題ではないのですが、オーツの期待と違っていたということです。
 2,200 円という価格は観光地価格のように思いました。

市場食堂 味処たけだ 魚介・海鮮料理 / 小樽駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 05:25| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

レストランまこまないであんかけ焼そばを食べる

 オーツは北海道せたな町にある「温泉ホテルきたひやま」に行きました。
http://www.hotel-kitahiyama.com/
日帰り温泉に入ることが主目的でした。オーツがホテルに到着したとき、このホテルに入浴セットを持参して入っていく町民の姿を何人も見ていたので、普段から地域の人たちに親しまれている温泉ホテルであることがわかります。
http://www.hotel-kitahiyama.com/hotspring.php
大浴場は、大きくてゆったりした風呂で、ジェットバスなどもあり、満足しました。
 風呂からあがって出てきたときに、ふと考えました。そろそろランチタイムだけれど、こういう小さな町で食べるところを探すのも面倒です。だったら、ホテル内のレストランで食べるのがいいのではないか。入浴料も大したことないレベルですから、レストランと言ってもそんなに高い価格ではなかろうと思いました。
 足を運んだのが、ホテル内にあるレストラン「まこまない」でした。
https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010503/1033106/
 メニューを見ると、想像通り、リーズナブルな価格でいろいろな料理が並んでいました。その中で、オーツは「あんかけ焼そば」930 円を注文しました。特に北海道らしくはないものですが、この日はこんなものを食べたいなと思ったのでした。
 まもなくウェイトレスが持ってきました。

makomanai.JPG

 あんかけ焼そばは、平べったい大きな皿にのって出てきました。写真の右の方に見えるのは、カラシ、紅ショウガ、それに酢です。オーツは焼きそばに酢をかけるのが好みでないので、カラシと紅ショウガだけを使いました。
 まずはこの量というか、皿の大きさに満足です。手前に置いてある箸のサイズと比べるとわかりますが、皿はとても大きいです。食べていくと、かなりの量があることが実感できました。ただし、皿が浅型の平べったい形なので、食べきれないほどではありません。
 焼きそばの上にのっている具もさまざまで、各種野菜の他にイカやエビなどがたっぷり提供されました。これがかなりおいしくて、「たくさん食べたなあ」という感覚になります。
 たっぷり味わえて、大いに満足しました。
 これで 930 円というのはけっこうな話です。この価格で十分な一食になりました。
 オーツが再度このレストランに行くことはないでしょうが、いろいろな人におすすめできる店だと思います。とはいえ、北海道の中のかなりへんぴな場所にありますから、わざわざ行くほどの店とまではいえないでしょう。
 他の客が食べているものや、ウェイトレスが運んでいるものを見ても、なかなかよさそうでした。オーツが行ったのは平日でしたが、昼からビールを飲んでいるグループもあったりして、いかにも「コミュニティの中心」的な雰囲気です。温泉とともに食事が楽しめるのはありがたいものです。
 後で見たら、ホームページ内にメニューが掲載されています。
http://www.hotel-kitahiyama.com/hall.php
気取らない店です。

レストラン まこまない定食・食堂 / せたな町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:50| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

魚っ喰いの田 新青森駅店でおまかせ海鮮丼(並)を食べる

 オーツは、青森でランチを食べることになりました。
 どこで何を食べるか、事前に十分検討しておかなかったので、適当に食べることにしました。
 新幹線の新青森駅であれば、乗降客も多いし、飲食店が(ひしめくほどでないとしても)何かはあるだろうと思いました。
 入った店が「魚っ喰いの田」という店でした。
https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2006098/
読み方は「さかなっくいのでん」のようです。
 店頭にポスターが掲示してあり、この店はいろいろな海鮮系のネタをのせた丼物が主体のようです。オーツはカウンターに座り、「おまかせ海鮮丼(並)」を注文することにしました。

den.JPG

 さすがに海鮮丼ですからさっと出てきます。わさびがたっぷりと添えてあって、これはありがたいと思いました。いくつかのネタにわさびをつけて食べていくと、下の方にはガリ(生姜)が敷いてあって、最後にはガリ丼のような感じになってしまいました。結果的に、わさびはかなり残す形になりました。それくらいわさびがたっぷりあったということです。
 一緒に出てきた汁が具沢山でおいしかったです。大きな丼につみれや鶏肉が入っており、さらに大きなジャガイモがごろりと入っていました。食べがいがあって満足しました。
 これで 1,200 円ということですが、さて、この金額をどう評価するか。まあ妥当な金額だと思いますが、それは東京人的発想でしょう。地元の人は、もっと安くておいしいものを知っていると思います。こういうのを食べる人は青森まで(新幹線で)旅行に来た人くらいでしょうかね。

魚っ喰いの田 新青森駅店魚介・海鮮料理 / 新青森駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

ソレイユの丘と猿島@横須賀市

 オーツは長男家族と一緒に横須賀市に遊びに行きました。
 まず行ったのが「ソレイユの丘」です。
https://www.seibu-la.co.jp/soleil/
 ここは入園無料で、乗り物類に乗るときに利用券が必要になります。小学生が二人いるので、長男が 3,200 円で12枚の利用券を買いました。
 まずはゴーカートに乗りました。エンジン付きの本格的なものですが、小学生では自分で運転できず、大人が運転して、子供はそばに同乗するだけです。かなり長いコースを一周する形になります。
 おもしろ自転車は、いろいろな形の自転車がありました。15分の利用時間の中で何回でも乗り換えが可能というのがおもしろい仕組みでした。二人の孫は、それぞれ数種類ずつ乗りました。
 スワンボートは長男家族4人が乗りました。足こぎペダルで4人がこぐ形になります。計算上、3人乗りということになりました。子供2人で大人1人分という計算です。これで乗船券が少し安くなります。
 ボートに乗った池では、鯉の餌やりができました。100 円でガチャガチャの形のボール1個分の餌が買えます。二人で半分ずつに分けて餌やりをしましたが、大量の鯉が集まってきて、口をパクパクさせる姿はちょっと不気味でした。
 じゃぶじゃぶ池では、靴下を脱いで、ズボンをたくし上げて池の中を歩きました。オーツは入りませんでしたが、水着を持ってきて前身で水遊びをしている子供もいました。
 芝そりゲレンデは、人工芝の斜面をそりで滑り降りるものです。ここも10分か15分単位で遊ぶようになっていました。実際はオーツの孫2人だけでゲレンデを占有していました。コースの脇の階段を歩いて登っていき、上から滑り降りるわけですが、2人とも疲れ知らずで、何回も滑り降りていました。
 他にもいろいろあるのですが、時間の関係で全部は試せませんでした。
 というわけで、ソレイユの丘はそれだけで1日遊べます。
 また来てもいいかなと思いました。子供が楽しそうにしているだけで十分です。

 ソレイユの丘で遊んだ後は、猿島に行きました。
https://www.tryangle-web.com/sarushima/
 まあ島内を散歩するような場所です。
 暑かったです。トンネルの中が濡れていて、滑りやすいと思いました。
 あまり子供向けではありませんでした。
posted by オーツ at 05:33| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする